OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/book-culture/204452/

"いつも同じ印象"でいい! 大人が迷わないおしゃれ術を新提案/一田憲子さんインタビュー

『おしゃれの制服化「今日着ていく服がない!」から脱する究極の方法』

著者インタビュー

一田憲子さん

Noriko Ichida

女性誌、書籍の執筆で活躍する編集者・ライター。器や雑貨、インテリア、食からファッションまで、生活に彩りを添える企画を独自の切り口で手がけ、多くのファンを獲得。主宰するサイト「外の音、内の香」も人気。HP

 

 

"いつも同じ印象"でいい!

大人が迷わないおしゃれ術を新提案

 

「クローゼットの服は増えていくのに、何を着てもきまらない…」。

 

年齢を重ね、そんなふうに感じている女性も多いはず。フリーライターとして活躍しながら、若い頃からずっ と"おしゃれの迷子"だったという一田憲子さんに、転機が訪れたのは40歳の頃でした。

 

「編集者としてファッションの本を手がける中で、同世代や年上のおしゃれ上手な女性たちを何人も取材したんです。そこでまず学んだのが、大人の女性に"すごく張りきったおしゃれ"は必要ないということ。むしろカッコいい人は、ごく普通の服を着ているんですね。例えば、シンプルな白シャツにテーパードパンツ。そこに赤いメガネに赤いピアスなど、ディテールの足し算でさりげなく個性を演出する。ブランド名や凝ったデザインに頼るのではなく、普通の服だからこそ光るその人だけのちょっとしたセンスで、いい感じに 見えるということを教えてもらいました」

 

人と違う特別感がおしゃれの秘訣だと思っていた一田さん。自分をいい感じに見せてくれる"普通の服でいい"という大発見は、その後の洋服選びの大きな指針になったそう。

 

「さらに、素敵な人は"いつも同じ印象"だと気がついて。多くの服に囲まれているスタイリストさんでも、ご自身はいつも同じテイスト。自分の体型や行動パターンに合う服はこれ、と決めているんですね。でも、いろんな服をとっかえひっかえするよりも、つねに同じスタイルを貫くことでその人らしさが立ち上ってくる。同じ印象はつまらないと思う方もいるでしょうが、私自身は、人生後半のおしゃれはそこまで刺激的じゃなくてもいいのかなって(笑)。若い頃とは肌や体型が変わってくる世代にとって、自分らしく心地よくいられる服を見つけて"制服化"することは、新しいおしゃれの楽しみ方だと思います」

 

普通だけれど平凡じゃない。同じ印象だけれどいつも素敵。おしゃれの制服化を成功させるコツは、"分析力"とも語ります。

 

「おすすめは、手持ちの中でなぜか自分に似合う服をじっくり観察すること。このパンツは腰まわりにタックがあるからお尻がすっきり見えるんだとか、足首が出る丈だから全体もほっそり見えるとか、きちんと分析してその法則を理解するんです。着るときにも意識が必要。シャツならボタンを開ける、袖をまくるなどのひと工夫で、もっとしっくりくる着こなしができるはず」

 

今すぐ役に立つ、大人のおしゃれの制服化セオリーが詰まった著書は、自分らしいベーシック・スタイルを見つける一助に。

 

『おしゃれの制服化 「今日着ていく服がない!」 から脱する究極の方法』

一田憲子 著/SBクリエイティブ 1,450円

ファッションの達人たちに学んだセオリーを軸に、自分らしく、着心地がよく、でもちょっといい感じに見せてくれる服を見つけることを"制服化"と定義。リラックスした大人のためのおしゃれ術を紹介。

 

こちらもおすすめ

 

在宅医療の現場を通して"理想の死の迎え方"を問う

『エンド・オブ・ライフ』

佐々涼子 著/ 集英社インターナショナル 1,700円

著者は"死の迎え方"に迫り続けるノンフィクション作家。看取りのプロである看護師や自身の家族のエピソードを交えながら、7年間にもわたる在宅での終末医療の現場を活写。ページをめくるたびに涙があふれる感動作。

 

 

季節に合わせたゆるっと養生。身近な食材で健康になる!

『ミドリ薬品漢方堂の まいにち漢方食材帖』

櫻井大典 著/ナツメ社 1,200円

年間5,000件以上の相談をこなす漢方専門家が、日常で手軽にできる"食養生"の実践法をまとめた一冊。春は菜の花、夏はトマトなど、四季による体調の変化を乗りきるための食材と、その効果的な食べ方を紹介。

 

 

"豊かな老後"のノウハウ満載

『定年後も働きたい。人生100年時代の仕事の考え方と見つけ方』

松本すみ子 著/ディスカヴァー・ トゥエンティワン 1,500円

シニアライフの第一人者が、リタイア後の生き方や仕事探しの方法をわかりやすく解説。シルバー人材センターや就労支援の活用法から、起業、コミュニティビジネスにいたるまで、定年後の自己実現に役に立つ情報満載。

 

 

低スペックでも幸せになれる本音の女のサバイバル術

『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』

藤森かよこ 著/KKベストセラーズ 1,600円

権力も地位もカネもない、自称低スペック女子の大学教授の著者が、各ライフステージにおける女性たちの現状や心構え、幸せへの打開策を丁寧にナビゲート。タイトルは過激だけれど、読後はしっかりと勇気がわく!

 

 

撮影/矢部ひとみ 取材・原文/小田芳枝

 

 

MyAge2019秋冬号 購入アイコン

<前の記事

<前の記事
第37回/黒川伊保子さんインタビュー/大切なのは、意味より語感!感性を生かして”言葉上手”に…

次の記事>

次の記事>
第39回/顔は情報の宝庫! 言葉を超えたコミュニケーション術のすすめ/佐藤ブゾン貴子さんインタビュー…

この連載の最新記事

依存症に陥った母と愛を求めた娘の葛藤を描いた本/おすすめBOOKS

第41回/依存症に陥った母と愛を求めた娘の葛藤を描いた本/おすすめBOOKS

“前向き”よりも“機嫌よく”。人生の荷物を下ろすヒントに/上野千鶴子さんインタビュー

第40回/“前向き”よりも“機嫌よく”。人生の荷物を下ろすヒントに/上野千鶴子さんインタビュー

顔は情報の宝庫! 言葉を超えたコミュニケーション術のすすめ/佐藤ブゾン貴子さんインタビュー

第39回/顔は情報の宝庫! 言葉を超えたコミュニケーション術のすすめ/佐藤ブゾン貴子さんインタビュー

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル