OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/186567/

そうだったのか! 「視力矯正の落とし穴」を知って驚愕!

ハイジ子

ハイジ子

オーガニック好きのくいしんぼうにつき、無添加低カロリーおやつを常にリサーチ。趣味は山登り、少女まんが、プチ断食。

記事一覧を見る

 

小学5年で眼鏡デビュー、高校1年からはコンタクトに。この道(!?)約40年、筋金入りの近視人間です。神様に何かひとつ願いをかなえてもらえるとしたら、「視力をよくしてください!」とお願いする、と決めています。そんな私がつい先日出合ったのがこちらの本『魔法のメガネ屋の秘密』(集英社刊)。

“魔法のメガネ屋さん”と呼ばれ、完全予約制&なかなか予約が取れないらしい眼鏡店『眼鏡のとよふく』(千葉県佐倉市)の方が語る、本当に自分の目に合っている眼鏡とはどういうことなのか、ひいては「見える」とはどういうことなのか、「よく見える」ためには日常の生活も含めてどうするべきなのか、について、たっぷり&じっくりと書かれています。

「視力は見る力の一部にしかすぎない」「ひとは、実際は眼で見るというより、眼を通して、大脳で物体を見ている」「ものを見る力は、視力と視覚との総合バランス」などなど。つまり、度数を上げて視力を出すだけでは目にとって&身体にとって不十分、逆に身体の不調の原因になっている可能性もある、ということなんですね! まさに目からうろこ、いや、目からコンタクトレンズ、な話が満載! 「そ、そうだったのかーー! でもなんかわかる!!」と大きくうなずきながらイッキ読みしてしまいました。「世界の見え方が変わる」(どうも、ぐぐっと立体的に見えるらしいです。飛び出す絵本!? リアル3D!? てか、今見えている光景はじつはリアルじゃないってこと!?)という“とよふく”さんの眼鏡。検査→フレーム選び→顔合わせに2時間半〜3時間かけるという話も、この本を読んで超ナットク! 著者の方の体験記も参考になります! 「眼が喜ぶメガネってことか! 予約しかない〜〜!」と、スケジュール帳をガン見しているところです(ちなみに著者の方の場合、なんとか予約できたのは半年後だったそう。むむむ〜〜)。

『魔法のメガネ屋の秘密』

 

<前の記事

<前の記事
第15回/血管の老化や認知症を避けるため、オメガ3系オイルが欠かせません!!…

次の記事>

次の記事>
第17回/100歳で“ぴんコロ”大往生した伯母の話…

この連載の最新記事

「地図が読める女」が「地図アプリ」に完敗した日

第228回/「地図が読める女」が「地図アプリ」に完敗した日

マンダム ビフェスタのクレンジングウォーターで、メイクも、外で付いた汚れもすぐ拭き取れる!

第227回/マンダム ビフェスタのクレンジングウォーターで、メイクも、外で付いた汚れもすぐ拭き取れる!

50代は家の片付け適齢期。バンバン処分してきましたが……

第226回/50代は家の片付け適齢期。バンバン処分してきましたが……

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル