OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/215317/

10年以上愛用している、泡で出てくるメイク落とし!

ノンコ

ノンコ

長引くマスク生活によって、摩擦で肌が荒れ気味になったり、汗で蒸れてかゆくなったり。肌コンディションが悪い今だからこそ、肌にやさしい泡コスメの良さを再認識しています!

記事一覧を見る

新しいコスメを試すのも好きなのですが、一方で、気に入ったらとことん、何本買ったかわからないぐらい買い続けて、何年もリピートしているコスメがあります。

 

その長年愛用しているコスメのひとつが、花王の「ソフィーナ  乾燥肌のための  美容液メイク落とし  洗顔もできる泡」(下写真)です!

 

正確には、「ソフィーナ」シリーズの歴代のコスメの中で、少しずつ中身がバージョンアップしたり、ボトルのデザインが変わったりしているので、ここに挙げた商品(下写真)は、私が初めて使った〝泡メイク落とし〟から何代目かの最新バージョンです。

なぜ〝泡メイク落とし〟を使い始めたの? 今も使い続けている理由は?と問われたら、とにかく〝時短〟でメイク落とし&洗顔ができることと、〝肌に負担が少ない〟から!と答えます。

 

原点に立ち返って、その魅力ポイントをひたすら挙げてみます

めちゃめちゃシンプルで基本的なことばかりですが、私にとってはどれもすべて重要。

 

泡で出てくる泡立てが不要。

 

メイクをストレスなく落とせる泡が簡単にのび広がるので楽々。泡の感触がやさしいので、嫌な摩擦を与えなくて済む。

 

これ1本で洗顔も兼ねられる→メイクを落とした後に、別の洗顔料を使う必要なし。洗顔だけしたい時も、これ1本あればできる。

 

ドラッグストアで買えるソフィーナのコーナーがあるお店ならば、大抵買えます。消耗品で、わりとすぐなくなってしまうので、近所や通勤途中などで買えるのは助かる。

 

というのが、長年、愛用している理由。

自分の不規則な生活スタイルに合っていて、無理なく続けられるところが◎です。

さらには、

 

安定感があって使いやすい、ボトルとポンプの形状。

 

割れにくく、汚れが目立ちにくいプラスチック容器だから、扱いやすく、水場でも気軽に使える。

 

というのも、毎日のルーティンに取り込みやすい理由。

 

自宅でも洗面所で、バスルームでと、結構、場所を移動させて使うのですが、水があってすべりやすい場所でも、気を使わずストレスなく使えるのが◎です。

 

 

旅行に行ったり実家に帰省する時も、このボトル1本を丸ごと持っていっちゃいます(今は新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、旅行や帰省を自粛していますが)。

 

メイク落としにも洗顔料にもなるから、持っていく本数が少なくて済む。

 

旅行先、帰省先でもたっぷり、ケチケチせずに使える。

 

温泉施設の大浴場などで顔を洗う時も、これ1本持っていけばOK

スキンケアコスメとしても、もちろん魅力的!

 

泡がふっくらやさしい感触で、きめ細かく、ストレスなく肌全体を包み込んでくれる。

 

洗い終わった後は、しっとりしつつも、スッキリするので、メイクや汚れはきちんと落としてくれている実感がある。

 

ただし、落ちにくい、しっかりアイメイクやリップメイクをしている場合は、ポイントメイク用のリムーバーで落としてから、顔全体にこれを使う方がよいです。

 

美容液成分を30%以上も配合していて、洗い流した後も、肌がつっぱらない。しっとり潤った感触になる。

 

 

──どんなに疲れている時も、肌の調子が悪いなという時も、これでメイクを落としたり、顔を洗うとホッとできるし、嫌な刺激を感じることもなく、いつも快適。

 

空気のような存在だけど、なくなると困る、ありがたくて大事な相棒のような存在です。

 

これからも愛用し続けたいので、なくならないでほしいな〜。

 

 

 

 

<前の記事

<前の記事
第143回/マスク必須の毎日で存在感を増す眉。失敗しない眉メイクのコツはブラシと………

次の記事>

次の記事>
第145回/「歯科クリーニングは自粛しちゃいかん!?」と悟った50代のトホホな出来事…

この連載の最新記事

ストレスフリーのUVケアはKANEBO「フレッシュ デイ クリーム」一択の件

第225回/ストレスフリーのUVケアはKANEBO「フレッシュ デイ クリーム」一択の件

腸活でハマったお漬物、おしゃれツール「ピクルストーン」で新たな漬物ラビリンスへ!

第224回/腸活でハマったお漬物、おしゃれツール「ピクルストーン」で新たな漬物ラビリンスへ!

『ぼけますから、よろしくお願いします。』の父・良則さん、100歳になりました!

第223回/『ぼけますから、よろしくお願いします。』の父・良則さん、100歳になりました!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル