OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/218286/

続・50代、骨を折りました。

スージー

スージー

音楽を聴くのも演奏するのも大好きな50代。高校・大学と続けてきた吹奏楽を最近復活。フルートを担当しています。今年参加予定だった演奏会は、すべて中止に。音楽アプリを使って、おうちひとりカラオケが小さな楽しみ。やぎ座のB型。

 

記事一覧を見る

我が家の浴室には、導線を考えて手すりがたくさん付いている。脱衣所と風呂場の間の段差をなくしてあるので、つまづくこともない。風呂場の床も、すべりにくい素材にしてある。家を二世帯に改装するときに、年老いた父母が、いつかうちで安心してお風呂に入れるようにと考えたからだ。

 

ところが、母はとっととあっちに逝ってしまい、父はプールという名のお風呂に足しげく通っている。浴室をバリアフリーにしておいて良かった~と心から思った最初の住人は、なんと、左足を折った私だった。

 

ギブス生活が始まったのは、ちょうど暑くなりかけたころ。お風呂を我慢するには、つらい時期にさしかかっていた。

 

骨折をして5日後、湯舟に入ってはいけないがシャワーはOKのお許しがでた。アンパンのように腫れた足を、パカッと分かれるギブスから外し、右脚で脱衣所に立つ。「ここに付けといて、良かった~」と思う場所にある手すりを両手でつかんで、片足で少しずつスリスリしながら風呂場へ。

 

洗い場のシャワーとの距離感がちょうどいい感じのところに、あらかじめお風呂の椅子を置いておいてもらった。

 

よしよし。「こりゃまたいい場所に付けたもんだ」とほくそ笑みながら、手すりを両手でつかみ、片足でバランスをとりながら、風呂椅子を目指して腰を下ろしていく。ところが・・・・・・右脚だけで全体重がささえきれない。膝がプルプル震える。が、左足を床につけるなんて、恐ろしくてできない。

 

握りしめた手すりがミシミシと音を立てている。遠い。床から20センチくらいの高さのポリプロピレンの椅子が、遠い。ナマケモノが木から降りるように、そろりそろりと手を動かして、やっとの思いで座れた。ほっ。

 

体を洗い終わったら、今度は立ち上がらなければいけない。全力でさっきの手すりをつかみ、登り棒の要領で手を動かし、真剣にゆっくりと右脚だけで立ち上がる。少しでも気を抜いたら、無様なポールダンサーになってしまう。

 

脱衣所に生還。ダメだ。浴室全体の作りがどれだけバリアフリーでも、お風呂の椅子はぜんぜんバリアフリーじゃなかった。

 

ベッドで、左足を高くして横になり、スマホでググる。「風呂 座面の高い椅子」。

 

あった。

 

<シニアサポート、妊婦の方にもおすすめ。使う方に合わせて座部の高さ調節可能。脚部の先端は滑りにくいゴムキャップを採用。・・・・・・>まだシニアではないが、腹部に妊婦との共通点はある。いける、これだ。

 

即ポチリ。翌日、その名も「コンフォートシャワーチェア」が到着。私のお風呂ライフは、各段に安全なものになった。

 

それにしても、みなさん。片脚でしゃがんで、片脚で立てますか?

 

自分の筋肉のなさ(もしくは、体重の重さ)。骨折をしなければ自覚しなかった気づきがここにも。

(つづく)

 

 

 

 

 

今すぐチェック!

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

40~50代、”マスク枯れ”した秋の肌に、今こそ必要な栄養素って?

PR
<前の記事

<前の記事
第155回/自粛期間にガーデニング熱が再燃。植木鉢に底穴を開けました…

次の記事>

次の記事>
第157回/これだけは絶ッ対に欠かさない!!!わが家の鉄板「おいしい瓶モノ」…

この連載の最新記事

これから作る機会が増える『お鍋』の最大の悩み、具材マンネリ化を〝超簡単”に解決するには?

第171回/これから作る機会が増える『お鍋』の最大の悩み、具材マンネリ化を〝超簡単”に解決するには?

続・森高千里さんが可愛すぎる件

第170回/続・森高千里さんが可愛すぎる件

続々。50代、骨を折りました。

第169回/続々。50代、骨を折りました。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル