OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/228986/

マスク生活で歯周病リスクがアップ!?そして歯周病になるとさらにコワいことが…

ふみっちー

ふみっちー

ネコを愛するネコっ毛の50代。ツンデレ猫・リリララ姉妹に日々翻弄されてます。美と健康の情報は大好物です!

記事一覧を見る

以前、マドレーヌが「歯科クリーニングは自粛しちゃいかん!?」と悟った50代のトホホな出来事というつぶやき記事を書いていましたが、私も同じI先生の歯科クリニックに長年通っております。

 

「3カ月に1度のクリーニング」を忙しさにかまけてサボり、歯の具合が悪くなってあわてて駆け込んだ結果、新たに詰め物をしてもらい、見た目にもお財布にもうれしくない結果を何度招いたことか(涙)。優等生のマドレーヌとは大違いです。でも優しいI先生は厳しく叱ったりせず

「歯科医通いは要で急!」

 

と、キャッチーな一言で諭してくれます。そうだよね、コロナ禍だからって歯科医通いをサボってはならじ、とそれからは真面目にクリーニングに通うようにしております。

 

さて先日、クリーニングに行った際にそのI先生がポツリと気になる一言をおっしゃいました。

 

「この先の2~3年、成人病患者が増えていくんじゃないか、と思います」

 

へ、どういうことなんでしょう!?先生曰く「コロナ禍の長時間マスクや自宅勤務で、歯周病リスクが上がっている。歯周病になると、さまざまな病気のリスクが上がるんです」。

 

なになに、それは気になる!ということでクリーニング終了後に急遽、授業してもらいました。以下、先生のわかりやすい言葉をなるべくそのままお伝えします。

 

「マスクをすること、また自宅勤務でPC作業をする際に悪い姿勢をとることによって、今まで鼻で呼吸できてた人が口呼吸になってしまう。そうすると、歯の表面につくプラークが、普段は柔らかいんだけれど、口呼吸によって乾燥して、硬いプラークになってくるんです。

 

お茶碗についたお米を考えてみてください。お米は柔らかいうちは洗えばすぐ取れるけど、カピカピになってくるとすごく取りにくいでしょ。プラークも同じことなんですね。そして、歯ブラシで歯の表と裏はキレイになっていても、空気が抜けていく歯と歯の間についたハードプラークが取り切れず、炎症を起こしている。そこが炎症を起こすことによって歯周病になるんです。そういう人が非常に増えている。

 

そこで“ばい菌と闘えよ”と歯茎にたくさんのリンパ球、白血球が集まります。たくさんの血液が必要になる。だから歯茎が赤く腫れあがって風船みたいになってしまって、簡単に出血する。さらに、ばい菌の量がもっと増えてくると、腫れている部分が潰瘍になってくる。そこから歯周病菌が毛細血管を通して血管に入ってきてしまう。

 

そうすると血管も組織だから、内側に腫れてくる。そこに血栓が流れてくると、血流が詰まっちゃう。それが脳で起これば脳梗塞、心臓で起きれば心筋梗塞に」

 

先生曰く、歯周病があると

心臓病リスク 2倍

心筋梗塞リスク 2倍

に跳ね上がるんだそう。

 

さらに、歯周病菌が血管の中を流れていくと「闘え!」とインシュリンというホルモンが分泌されます。すると、インシュリンを作る膵臓の“ランゲルハンス島”(ドイツの学者ランゲルハンスが発見した、島状の細胞の塊なのでこの名前に)がオーバーワークになり、膵臓が疲れてしまって

2型糖尿病の発症リスク 2~4倍

に。

 

ひぃ~~、恐ろしい!なのに先生はさらに続けます。

 

「鼻呼吸していれば、まず鼻毛で大きなゴミが濃しとられて、副鼻腔で温度と湿度が与えられて、繊毛によってさらに細かい汚れが濃しとられて、最終的に温かくて湿った、きれいな空気が肺に入っていきます。でも口呼吸だと寝ている間、冷たくてばい菌を含んだ空気が直接肺に入っていく。それによって炎症状態が起こり、免疫力も低下します」

 

というわけで、歯のクリーニングと同様、口呼吸防止も大切な全身のヘルスケアなんですね。で、先生が勧めてくれたのがコチラ!

吉田つぶやき_photo

 

医療用のサージカルテープ(医療用紙テープでも)です。

 

こちらを適当な大きさにちぎって、寝る前に唇に貼る。超手軽な健康法ですが、新型コロナ第3波の渦中、またインフルエンザなどの感染症も気になるこの季節に、ぜひ取り入れたいもの。

 

さっそく試してみましたよ。「夜中に苦しくなって目覚めたりしないだろうか」と、ちょっとドキドキしながらトライしましたけど、ぐっすり安眠できました。朝起きた時も、心なしか喉のイガイガがいつもより抑えられているようで、いい感じです♪

 

口腔のケアって、全身の健康に影響する、大切な大切なことなんですね。健康になれて、歯が清潔になれて口元に自信が持てるなんて、本当にいいことづくめ。やはりI先生の名言のように、コロナ禍中でも

「歯科医通いは要で急!」

です!

今すぐチェック!

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

人気歯科医師・石井さとこさんと娘さんたちの贅沢時間に! 何飲む?話題のスパークリング清酒

PR
<前の記事

<前の記事
第192回/’20温活 の注目は、〝体温が1℃上がる下着″?!…

次の記事>

次の記事>
第194回/〈今年買って正解だったもの〉それは、毎日の食事の支度を超ラクチンにしてくれたこのふたつです。…

この連載の最新記事

55歳、「夕方になると文字が見えない…」の原因は“隠れ遠視”だった!?

第251回/55歳、「夕方になると文字が見えない…」の原因は“隠れ遠視”だった!?

50代のデリケートゾーン悩みにこたえる、心強い本が登場!

第250回/50代のデリケートゾーン悩みにこたえる、心強い本が登場!

睡眠カウンセリング受けてみた!! トイレに何度も起きるのは体内時計の狂い!?  毎日が開運な編集者の日常㉖

第249回/睡眠カウンセリング受けてみた!! トイレに何度も起きるのは体内時計の狂い!?  毎日が開運な編集者の日常㉖

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル