HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/daily-tweets/283243/

一周回って気がついた!50代のフレグランスは“爽やか”がベスト!

ふみっちー

ふみっちー

ネコを愛するネコっ毛の50代。ツンデレ猫・リリララ姉妹に日々翻弄されてます。美と健康の情報は大好物です!

記事一覧を見る

「シャワーコロン」を覚えていますか?私たちが高校生の頃、大ブームだったオーデコロン。まだメイクもできなかったけれど(真面目だったー)、シャワーコロンをつければ、一歩“大人の女性”に近づけた気持ちになれて、うれしかったことを思い出します。マイ・ファースト・コスメはこのシャワーコロンだったかも。

 

20代になると、流行の香水に、片っ端からトライしたものです。海外旅行に行く際は、帰りのデューティフリーで必ず欲しかった香水をゲット(バブル期~)。働いてお金が自由に使えるようになり、「この香水、憧れていたから」「流行っているから」と、何も考えずに手を出していたような…「自分に似合っているか」「個性を演出してくれているか」なんて考えてなかったかも。そうこうするうち、少しづつ“似合うフレグランス”を考え、探すようになったのだと思います。

 

今も、フレグランスは大好きです。ほぼ毎日、外出する際は必ず使っています。近所に買い物に行く際も、ノーメークでもフレグランスは欠かせません。身だしなみというか、外出時のルーティンというか。朝、洗顔し、歯磨きする感覚、といえば近いかも。

 

何種かをオケージョンによって使い分けもしました。たとえば、春から夏にかけては、軽くて爽やかな香りのオーデコロンやオードトワレを使用。近年はもっぱら、ゲランの「アクアアレゴリア」シリーズを愛用中です。

吉田つぶやき_アクアアレゴリア写真

 

特に左の「ベルガモット カラブリア」は、いくつリピートしたかわかりません。アールグレイの香りづけに使われる柑橘類ベルガモットが、爽やかー♪ でもラストは、ホワイトムスクがほの甘く香って、子どもっぽくなりません。暑い時季やスポーツで汗をかいているときにもピッタリ。そして何人にも「いい香り」と褒められたので、きっと私に合っている香りなのだと思います。

 

そして秋から冬にかけては、ちょっとクセのある、ウッディな香り、しかも香りが長時間持続する「パフューム」をつけたりしました…しかし!!

 

50代も半ばを過ぎ、気づいたのです、「なんかこのウッディな香り、強すぎる?似合わなくなった?」

 

そう、服やメイクと同じように、50代にはフレグランスもアップデートが必要なようです…少なくとも、私の場合は。なんとなく、個性的で強い香りが、押しつけがましく感じられるようになったのです。

 

かといって、1年中爽やかなオーデコロンではつまらない。自分にしっくりくるフレグランスはどれ? と様々なテスターを試す日々。昔、愛用した香りを再び試しても、何か違う。古い友人と話がすっかりかみあわなくなったような、寂しい気持ちでした。…けれど、やっと再会できたのです。

 

吉田つぶやき_ジッキー写真

 

ゲラン「ジッキー」

です。

 

実は20代の頃、年上の友人が使っていて、彼女に憧れて、つけていました。フレグランスメゾンとして有名なゲランの中でも、「レジェンダリー」とされるもの。発表されたのはなんと、1889年!140年前のフレグランスですから、アンティークといってもいいくらい…なのに香りは、むっちゃくちゃ爽やかで斬新なんです!

 

ゲランの名香といえば「ミツコ」「夜間飛行」といった、かなり大人っぽい、パリマダムっぽいイメージ。なのにジッキーは、ローズマリーやラベンダー、ベルガモットといったシトラス系のすがすがしい香調です。第一、ジッキーという名前からして軽い。この名前、実はジッキーを世に出した2代目のエメ・ゲランが恋した、イギリス人女性に由来するとか。発売当初は女性より、男性の間で評判になった、というのもユニークです。

 

爽やかな香り、なんですが、そこで終わらないのがフレグランスメゾンならでは。配合された合成香料(実は世界で初めて使われた!)が、甘いようなスパイシーなような、独特の余韻を残してくれます。

 

久々につけて、外出して家に戻ったら「あ、なんかいい香りがする」。残り香でそう感じたんですね。やっと“50代のフレグランス探しの旅”を終えることができそう。60代になったらまた始まるかもしれませんが。

 

ちなみに写真は、左が最近購入したもの。右は20~30年前のパフュームの瓶です。ゲランの香水瓶はバカラ製が多かったのも有名。アールデコなデザインが素敵で、今も大切に飾っています。

 

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第392回/2022年の国内旅ならお勧め! むちゃ面白い瀬戸内国際芸術祭、楽しむコツをちょっとシェア!…

次の記事>

次の記事>
第394回/【更年期でも痩せられた】ダイエットには〇〇を使え!スイーツを食べつつ7ヶ月で体重が9㎏減、腹囲は8.5cm減った50代「独断と偏見のダイエット論」③…

この連載の最新記事

ミスチルもありがとう! SAI 2022は最高のロックフェスでした

第447回/ミスチルもありがとう! SAI 2022は最高のロックフェスでした

マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

第446回/マスクストラップを購入して呼吸の大切さに気づく。冬の夜空の下、深呼吸のすすめ

「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

第445回/「今まで一度もクリスマス・プレゼントをあげられなかったから……」そんな親子の思いに応えるチャリティ「ブックサンタ2022」で、大好きな1冊を届けたい!

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

メイクアップ化粧品をアップサイクル絵具に。「KANEBO」の世界こどもの日に向けたアートイベントを体験してきました

敏感ケアもエイジングケア(※)もしたい! 大人の肌悩みに寄り添うスキンケアって?

PR

時を戻そう。ほうれい線をドラマティックにメイクアップ! 肌をひっぱるアプローチって何?

親の尿もれ事情って? 旅行を楽しんで欲しいから、娘からの提案

マスクをはずしたときの“見た目年齢ギャップ"を減らす「ほうれい線対策メイク」教えます。

冷えてくると「あっ! ちょいもれ!」。冬は尿もれの「ハイシーズン」なんです

今週の新着記事【ランキングトップ10】【50歳からの断捨離®道 】服を処分できない人の言い訳は「痩せたらまた着るかも」「(値段が)高かった」。関係の終わった服は昔のカレみたいなもの。新しい自分になりたければ潔く手放すべし。/他、今週の新着記事ランキング/他、今週の新着記事ランキング

大人髪のトリセツ~白髪からスタイリングまで! ヘアケアお役立ち情報まとめ~

PR

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル