OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/life/fifty-year-old-neighbor/249349/

〝他人をうらやましく思うのはどんなとき?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉞)

ギリコ

ギリコ

築地にある「乃が美」の〝高級「生」食パン®〟(一斤/税込み432円)がおいしいです。そのまま生で食べるより、わざと3日間ほど寝かせた後、軽くトーストして食べるのが好みです。外はパリッ、中はふわっとしていて味が深く、何もつけなくてもおいしいのです。

記事一覧を見る

こんにちは、ギリコです!

OurAge読者の声を集めた連載「隣の50歳」

 

今回きいてみたのは「他人をうらやましく思うのはどんなとき?」です。

 

「無理をせず楽しみながらダイエットを続けられている人を見たとき」、「在宅勤務OKな会社に勤めている友人の話をきいたとき」、「たくさん買い物をして、おしゃれに着飾って歩いている若い人を街中で見たとき」、「自分の都合を最優先させられる人と接したとき。そのメンタルの強さがうらやましい」、「モノが少ないすっきりとした部屋で暮らしている人を見たとき」、「一人で居酒屋、ラーメン屋、焼き肉店で食事ができる人を見たとき」といったように、さまざまな声が寄せられました。

 

さぁ、それでは結果発表です。

気になる結果はいかに!

 

じゃじゃ~~んッ

 

1位「経済的にゆとりがある人、自由に使えるお金がある人を見たとき」

148票

「ママ友が有名ブランドの宝飾品を身につけているのを見たとき」(46歳・経営者・役員)、「エステや旅行など、自由に使えるお金がある人を身近に見たとき」(50歳・自営業)、「テレビで有名人、芸能人の経済的に余裕がある生活ぶりを目の当たりにしたとき。うらやましくて仕方がない」(52歳・専業主婦)、「離婚経験者です。養育費をもらえず働きづめでした。子どもが独立してからは少し経済的には余裕ができたけれど、結婚していてパートナーの稼ぎで生活費をまかない、自分自身の収入は旅行や趣味に使える人をみるとうらやましい」(55歳・パート・アルバイト)、「友人と持っている物や食べている物の違いを感じるとき。年収の差を感じてしまう」(44歳・会社員)、「お金を気にすることなくエステやネイルサロンに行っている人や、高級スーパーや百貨店でいつも買い物をしている知人に会ったとき」(52歳・会社員)、「ためらうことなく高額なシャインマスカットや松茸、100g700円のお肉を一度に700gも買ったりしているマダムをデパ地下で見かけたとき」(52歳・会社員)、「実家暮らしで自分の給料は全部お小遣い、っていう友人の話をきいたとき」(45歳・パート・アルバイト)、「家を購入する際、実家から金銭的援助を受けたという人の話をきいたとき。経済的にゆとりのある家庭の出身なんだなぁとうらやましい」(40歳・パート・アルバイト)

 

 

2位「仲がいい夫婦や親子を見たとき

127票

 

「夫婦が仲良くお出かけしている姿を見たとき。我が家は夫とは出かけたい先も趣味も全く一致せず、一緒に出かけると必ずケンカしそうになるので、夫と一緒に出かけたくない。そんな自分を可哀想に思っている」(57歳・パート・アルバイト)、「楽しそうにしている夫婦を見ると、いいな~と思います。うちは夫が15年間も単身赴任していたため、お互いが一人で暮らす気楽さに慣れてしまい、現在単身赴任から戻った夫との生活が心地よく感じられません。でも夫には感謝しているし、夫と楽しく過ごしたい気持ちもあるので、そのことへの罪悪感が大きく辛いです」(61歳・専業主婦)、「毒親に育てられ、今は親と距離を置いています。そのため母親と仲良く買い物をしている人や、娘と楽しそうにランチしている人を見ると少しだけうらやましい。でも息子はよい子に育ち、夫と3人幸せに暮らしているのでそんな思いを贅沢なことだとも感じている」(50歳・専業主婦)、「離婚して一人暮らし。二人の息子とその家族も今はコロナのため帰省できず、孤独を感じています。家族がそばにいる方がうらやましいです」(58歳・会社員)、「子どもがいないので、子ども連れの家族を見ると少しうらやましいです。子育てには大変なことがたくさんあるとは思いますが、経験していない者としては憧れがあります。でも夫とは仲が良く、強い絆で結ばれているので、その幸せを大切にしていきます」(45歳・専業主婦)

 

3位「他人をうらやましいと思うことはない」

108票

「性格的に自分と他人を比べるってことをあまりしないので、他人をうらやましいと思うことはないです。自分は幸せだと思っているし、自分に満足しているのかも……」」(55歳・専業主婦)、「他の人をうらやむということはあまりない。なんだかんだいって、人それぞれ陰では悩みを抱えているんだろうと思っているので」(47歳・会社員)、「昔からあきらめ上手なので、他人をうらやましいと思ったことはないです」(62歳・会社員)、「加齢による見た目の老け感の違いとか、人をうらやんだって仕方がない。だからうらやむことより、自分磨きをするようにしている」(56歳・自営業)、「あまり他人をうらやましいとは感じません。足るを知る、です。夫に感謝して暮らしています」(47歳・専業主婦)、「子どもの頃から母に〝他人と自分を比べてはいけない〟と言われて育ってきました。〝人は人、自分は自分、今の自分のことを幸せに思うように〟とも言われてきました。今の自分を幸せに思い、満足するよう努めています」(57歳・専業主婦)、「昔は他人と自分を比べてないものねだりをしていましたが、今はいかに自分で自分を幸せにするかを考えるようにしています」(59歳・専業主婦)、「他人をうらやんだことはありません。他人をうらやむのは時間の無駄です」(57歳・その他)、「若い頃は他の人をうらやましいと思うこともあったが、歳を重ねてみたら、今おかれている自分の状況が一番幸せと思うようになった」(45歳・専業主婦)

4位「いきいきとしている人、健康な人を見たとき」

97票

「何でも意欲的に取り組んでる人、いきいきとしている人を見たとき」(52歳・会社員)、「人と自分を比べず、自分らしくいきいきとしている人を見たとき」(57歳・会社員)、「自分に自信があって、それをきちんと表現できる人を見たとき」(50歳・自由業)、「数年前に病気をして、現在も通院中です。なので高齢になっても健康で元気いっぱいの方を見ると男女問わずうらやましい」(55歳・自営業)、「病気療養中の身なので、健康でそれが当たり前と思い、健康管理に無頓着でいられる人をみるとうらやましいです」(54歳・その他)、「更年期に入り始めた頃から自律神経の乱れだけではなく、うつ病も発症してしまいました。以前の自分とは別人のようになりやる気が出ず、気持ちが落ち込んで好きだったことにも積極的に取組めなくなりました。ちょっと動いたり仕事をしただけで異常なほど疲れてしまいます。なので元気でパワフルに仕事や趣味をこなしている人を見るとうらやましく、早く病気を克服したいと思わずにはいられません」(53歳・パート・アルバイト)

 

5位 「能力に恵まれた人、順調にキャリアを築いている人を見たとき

59票

「能力が高く、私が取れなかった資格を持っている人に会ったとき」(48歳・自営業)、「仕事と家庭を両立できる人、自分自身を肯定できる人を見たとき」(50歳・パート・アルバイト)、「天職と思える仕事に就き、やりがいを感じながら頑張っている人を見たとき。私は今の仕事にやりがいや将来性を全く感じていない。また、子育てが一段落して自分の時間ができたので、子ども以外のことに関心を持ったり趣味を見つけたりしたいと思っているが、将来の生活の不安を思うとお金を使う余裕がない」(45歳・パート・アルバイト)、「学歴も入社した時期も同じくらいなのに、自分よりも出世して社会的地位を得ている人を見たときうらやましいと思う」(51歳・会社員)、「自分より若いのに役職が高い人」(46歳・会社員)

 

6位「美人やスタイルの良い人を見たとき」

48票

「美人を見たとき。自分は背が低く、スタイルも悪く、美人ではないのでとても憧れる」(59歳・専業主婦)、「同じ年代なのに肌がつやつやで髪がさらさらな人を見たとき」(51歳・パート・アルバイト)、「同じ年代なのにスタイルが良い人。自分が太ってきてしまっているので……」(45歳・専業主婦)、「髪の毛がたくさんある人、体型を気にせず着たい服を着られる人がうらやましい」(52歳・専業主婦)

 

 

最後にギリコが印象的だったコメントをふたつご紹介します。

 

「身近な友人からの優しさにあふれた心配りに接したとき、私もこういうことのできるような人になりたいとうらやましく思いました。前向きな考え方ができる人、ものごとを否定ばかりするのではなく柔軟な捉え方ができる女性もうらやましく思います。こんなご時世だから、よけい強く感じるのかもしれません」(51歳・パート・アルバイト)

 

「若い頃は他人と自分を比較したこともありますが、いろんな方の話をきいたり本を読んだりしていくうちに考え方が変わってきました。最近は他人と自分を比べること自体の意味がわかりません。自分の人生は自分の心の持ち方次第で、幸せにも不幸にも変わるのではないでしょうか」(58歳・専業主婦)

 

「隣の50歳」、今回はここまでですがいかがでしたか?

 

さぁ、夏がきました!

エアコンを上手に使い、元気に暑さを乗り切りましょう。

気のおけない友人たちと大勢集まっての食事などはまだできませんが、楽しみを見つけて気分転換をなさってくださいね。

*******************

OurAge会員にご登録いただかなくても「隣の50歳」に「コメント投稿」ができるようになりました。

(記事の下に「コメント」というところがあります)

「隣の50歳」は読者のみなさんの声でつくられています。

記事を読んでふと思ったことや、「自分の場合は○○です!」などお題に対することなど、気軽にあなたの声をお寄せください。

******************

OurAgeでは毎月アンケート付のプレゼントを実施しています。

今回ご紹介した読者のみなさんの〝本音〟もこのアンケートからご紹介しています。

あなたも素敵なプレゼントに応募しつつ本音を寄せてみませんか?

応募には会員登録(登録料無料)が必要です。

↓下から会員登録できますよ。

OurAgeについて

イラスト/すぎうらゆう

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第33回/〝お金についての失敗を教えてください〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉝)…

次の記事>

次の記事>
第35回/〝夫やパートナーを選ぶ際に一番重視したことは?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉟)…

この連載の最新記事

〝コロナ禍の生活で気づいたことは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㊲)

第37回/〝コロナ禍の生活で気づいたことは何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㊲)

〝落ち込んだときの対処法は何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㊱)

第36回/〝落ち込んだときの対処法は何ですか?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㊱)

〝夫やパートナーを選ぶ際に一番重視したことは?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉟)

第35回/〝夫やパートナーを選ぶ際に一番重視したことは?〟(読者の声を集めた「隣の50歳」㉟)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル