HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/interview/321340/

吉瀬美智子さん「第一子出産で20kg、第二子出産で10kg太って元に戻しました」

32歳で女優に転身、以来さまざまな作品で大人の女性を演じてきた吉瀬美智子さん。 ビューティモデル時代からつちかってきた「美の習慣」に加え、結婚・出産・離婚といった実人生での経験も、彼女を強く美しくしているようです。

出産後20㎏の減量をクリア!

 

俳優として、二人の娘の母として、ピカピカに輝いている吉瀬美智子さん。ドラマ「ケイジとケンジ、時々ハンジ。」(テレビ朝日系列・木曜21時~)では、クールな判事役を生き生きと演じている。48歳の今もなお美しくいられるのは、いろいろな経験から学んだ小さな心がけを、積み重ねてきたから。

2023夏号Coverインタビュー 吉瀬美智子さん01

ブラウス¥29,700・パンツ¥31,900/スタンブリー/ヒューエルミュージアム ギンザ シックス(スタンブリー) ピアス¥44,000・リング¥37,400/ブランイリス トーキョー

 

── 最初の試練は、第一子を妊娠・出産した38歳のときのこと。

 

「高齢出産だったので、とにかくゆったり過ごそうと、3食食べて昼寝して、みたいな生活を続けていたら、なんと20㎏も太ってしまったんです(笑)。出産後しばらくしてドラマの仕事が入って、元に戻すのが大変! 食事制限はもちろん、自宅の一室をトレーニングルームにして、朝晩体重をチェック。なんとか落としました。その3年後に二人目を産んだときも10㎏以上太ってしまって。そのときは4カ月という短い期間に必死で元に戻して、ドラマに出たと思います」

 

── その経験を忘れることなく、ベスト体重をキープしながら女優と子育てに頑張ってきた。けれど2年前、離婚することになったとき、第2の試練が。

 

「そういう時期って、気持ちが落ちるからうつむきがちになるじゃないですか。大変なことが重なって、スマホを見つめる時間も長くなっていたのか、気づいたらすっかり背中が丸く、前かがみで生活するようになっていたんです」

 

── これはマズイ、と知人の紹介で、ユミコアボディのドアをたたいた。

 

「Yumico先生に言われました。『うつ病はうつむきから始まるからね』って。背中が丸くなると内臓が下がってうまく働かなくなる。呼吸が浅くなって、自律神経がおかしくなる。するとさらに下を向くという悪循環に。トレーニング以前に、そういう話を聞いただけで自分の状態が鮮明にわかって、前に進もうという気持ちに切り替わりました」

 

── しかも、トレーニング前に撮影した自分の後ろ姿の写真に、衝撃を受けた。

 

「自分の姿とは思えないくらい、背中や腰に贅肉がついていて、ショックでした。コロナもあったし、本当に何もしていなかったんですよね」

2023夏号Coverインタビュー 吉瀬美智子さん01

シャツ¥49,500/モールド(チノ) パンツ¥55,000/テーロプラン 靴¥59,400/アマン(ペリーコ) ピアス¥39,600・リング¥37,400/ブランイリス トーキョー

 

── 何よりまず姿勢から直そうと、肩や胸まわりのストレッチを教えてもらい、1週間ほど実行してみると…。

 

「変わったんです! 脇の下に1万円札を挟んでいるつもりで、落とさないようにするのがよい姿勢だと言われて。最初は違和感があったんですけど、体ってすぐに覚えてくれるんですね(笑)。姿勢がよくなったら、それまで入らなかったパンツが入るようになっただけじゃなく、気分も前向きに変わりました。内臓が正常な位置に戻ると呼吸も楽になるし、気力も生まれるんですね」

 

── それまでも、ジムに通ってトレーニングを、しなかったわけではないけれど。

 

「なんとなーく、言われた通りにやっていただけでした。でも体の構造というか、ここのためにはこの筋肉、と教えていただくと納得してトレーニングできるので、効果も違うみたい。私は少し肩幅が広めなので、それが気になって、隠すように巻き肩になってしまっていたんですが、小胸筋や僧帽筋を意識してストレッチしていたら、かなり改善されました」

 

「ケイジとケンジ、時々ハンジ。」

ドラマ「ケイジとケンジ、時々ハンジ。」元体育教師の熱血刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、とにかく犯人を逮捕したい。が、“日本屈指の頭脳”を持つ検事チームや、判事(裁判官)・諸星美沙子(吉瀬美智子)は「証拠が薄い」と、なかなか逮捕状を出してくれず…。木曜21時テレビ朝日系列でオンエア中

元体育教師の熱血刑事・仲井戸豪太(桐谷健太)は、とにかく犯人を逮捕したい。が、“日本屈指の頭脳”を持つ検事チームや、判事(裁判官)・諸星美沙子(吉瀬美智子)は「証拠が薄い」と、なかなか逮捕状を出してくれず…。木曜21時テレビ朝日系列でオンエア中


吉瀬美智子さん
Michiko Kichise

1975年2月17日、福岡県生まれ。モデルとして活躍の後、2007年本格的に女優デビュー。おもな出演作に、ドラマ「ハガネの女」シリーズ、「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」「シグナル 長期未解決事件捜査班」などがある。出演するNetflixシリーズ「御手洗家、炎上する」は’23年7月13日配信スタート

 

 

撮影/土山大輔(TRON) ヘア&メイク/山下景子(KOHL) スタイリスト/道端亜未 取材・文/岡本麻佑

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
40代からの『筋活』
健康的に瘦せる
40代・50代のメイク
閉経との上手なつき合い方

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんの “推し洗剤”。「スティック形状の洗剤」ってどれだけスゴイの?

人気インスタグラマー、おさよさんの “推し洗剤”。「スティック形状の洗剤」ってどれだけスゴイの?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第19回/黒木瞳さんが脳と体のためにしていること(インタビュー/後編)

次の記事>

次の記事>
第21回/吉瀬美智子さん「体型キープのためにテレビを見ながら運動、デンキバリブラシ、お弁当…

この連載の最新記事

筋肉はあるけどスタミナがない。鈴木保奈美さんが今、していること(インタビュー/後編)

第28回/筋肉はあるけどスタミナがない。鈴木保奈美さんが今、していること(インタビュー/後編)

『ミステリと言う勿れ』で鈴木保奈美さんが会えてうれしかった人は?(インタビュー/前編)

第27回/『ミステリと言う勿れ』で鈴木保奈美さんが会えてうれしかった人は?(インタビュー/前編)

更年期に我慢しないで!と、61歳の黛まどかさん(インタビュー/後編)

第26回/更年期に我慢しないで!と、61歳の黛まどかさん(インタビュー/後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル