OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

http://ourage.jp/column/life/lifestyle/255348/

フィンランド伝統チーズ「レイパユースト」をおうちで食べよう!

新谷麻佐子

新谷麻佐子

あらたに・あさこ●イラストレーター&編集者。2014年にムーミンの作者トーベ・ヤンソンが暮らした島「クルーヴハル」に、友人でライターの内山さつきと1週間滞在したのをきっかけに、kukkameri(クッカメリ=フィンランド語で「花の海」の意) を結成。以後、フィンランドの小さな町や四季、暮らしと文化をテーマに取材を続けている。著書に『とっておきのフィンランド』『フィンランドでかなえる100の夢』(ともにダイヤモンド社)がある。http://kukkameri.com

一度食べるとクセになる特有の食感と濃厚なミルクの甘み

 

すっかりうっかりご無沙汰してしまいました。

フィンランドの人たちのように、がっつりと1か月夏休みをとっていたーーならいいのですが、そうではなく今年はいろいろ挑戦をしていたこともあって、気づけば季節はめぐり、夏も後半を迎えておりました。

 

そんなバタバタしている中でも、「日本にいながらフィンランドを感じられる場所・もの・こと」をテーマにフィンランド好きな人たちと交流を続けていまして、北欧好きがわくわくする情報を入手したので皆さんにシェアしたいなと思います。まだしばらく残暑が厳しいと思いますし、全国各地で緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の適用が続いているので、おうち時間が楽しくなるフィンランドアイディアです。

 

まずはフィンランドグルメ。

友人で、フィンランド大使館商務部のラウラ・コピロウさんが「フィンランドに帰ると必ず食べる!」といって教えてくれたのが「レイパユースト」。直訳すると「パンチーズ」という意味です。フィンランド伝統のチーズで、酸味のあるクラウドベリーと一緒に食べるのが定番。キュキュッとした食感が非常にユニークで、ミルクの優しい甘さがたまりません。

 

「へー食べてみたい!」と思った方、ラウラさんが日本で買えるお店を教えてくれましたよ!東京・三軒茶屋にあるチーズ専門店「LAMMAS(ランマス)」です。

300度の高温で焼かれているので、しっかりと焦げ目がついています。ランマスで販売されているレイパユーストは、北極圏近くの街、オウルから車で1時間のところにあるお店「Niemitalo(ニエミタロ)」のもの。

 

オーブンや電子レンジで温めるとミルクの風味が増すとのことで、電子レンジで温めました。残念ながら生のクラウドベリーやクラウドベリージャムは入手できなかったので、うちにあった酸味のあるジャムと一緒に。

うん、とってもおいしい! チーズというと、なんとなくワインと合わせるのがいいかな?と思いがちですがレイパユーストはおやつ的に食べるものなので、コーヒーと食べることが多いとのこと。私もフィンランド流に、コーヒーと一緒に食べました!他にバニラアイスやシナモン、ブランデーと合わせてもいいとか。いろいろ試したくなりますね。

 

ランマスは、六本木にも支店がある他、オンラインショップでも買えるので、どこにお住まいでも大丈夫。そして不要な外出は控えたいこの時期、オンライン販売は助かります。

 

今回はフィンランドのチーズのみを紹介しましたが、こちらのお店には、フランス、イタリア、イギリスをはじめ、ヨーロッパ各国のチーズやワインがそろっています。チーズやワインに目がない方は、要チェック!

LAMMAS(ランマス)

次回も日本にいながらフィンランドを感じられるスポットを紹介します。

 

今すぐチェック!

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

印象評論家・美有姫(重田みゆき)さんが力説!「“髪の状態”は、その人の印象に直結しています」

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第15回/フィンランドを代表する建築家、アアルト夫妻に学ぶ、 家族が幸せになる家づくり…

次の記事>

次の記事>
第17回/私のお気に入り! フィンランドの情報発信基地のようなカフェ…

この連載の最新記事

北欧シナモンロール味の絶品ジェラート

第19回/北欧シナモンロール味の絶品ジェラート

10月4日は北欧のシナモンロールの日

第18回/10月4日は北欧のシナモンロールの日

私のお気に入り! フィンランドの情報発信基地のようなカフェ

第17回/私のお気に入り! フィンランドの情報発信基地のようなカフェ

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル