HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/more/275033/

セックスレスって不健康?(43歳)/夫とはしたくないけど、セックスせず歳をとるのは悲しい(47歳)「読者のセックスの頻度や悩み」(『データでPON!』 第7回)

〈毎回テーマを決めてOurAge読者にアンケートを実施!集計結果から見えてくる、読者の本音とは?〉

今回の『データでPON!』、テーマは「セックスの頻度や悩み」です。

 

 

 

Q1 セックスをしていますか?〈回答者数837名〉

★していない方が約6割。「夫やカレはいるが、セックスレス」という回答が、「セックスをする相手がいない」を上回り最多でした。ちなみに「10年以上セックスしていない」という方が18.5%も。これはおおまかにいえば、していない人5人のうち1人にあたります。また「セックスの経験がありません。経験してみたいような、したくないような……」(47歳・公務員)という回答もありました

 

 

Q2セックスの頻度はどれくらいですか〈回答者数354名〉

1位 月に2、3回くらい 9.1%

2位 月に1回くらい 7.4%

3位 2、3ヶ月に1回くらい 5.5%

4位 毎週1回はしている 5.3%

5位 半年に1回くらい 3.5%

6位 年に1回くらい 2.2%

★「自然ななりゆきに任せているとセックスレスになりそうなので、意識してセックスするようにしているが、頑張ることに疲れるときもある」(46歳・会社員)、「自分はその気がないときでも、ダンナが希望するときは付き合っている」(不明)、「私はもっとしたいが、夫が乗り気じゃない」(46歳・パート・アルバイト)

 

Q3 セックスについて悩みや気になることはありますか〈回答者数837名〉

 

★「ない」という方からは「セックスについて悩んでいることはありません。他に楽しいことがあるので」(不明)、「セックスに興味がない」(52歳・会社員)、「セックスに全く関心がないです。求められれば〝こんな自分でも必要とされている〟との思いから応じてきましたが、それってなんだかなと思うようにも」(49歳・会社員)、「残念だけど、もう面倒。興味なし」(58歳・会社員)などのコメントが。一方「ある」と答えた方に、悩んでいることを聞いてみたところ……

 

「閉経してから筋肉が痩せてきて骨盤底筋が薄くなり、柔軟性もなくなってきたように感じられる。それにともない、膣の収縮も弱くなり感じにくくなってきた」(51歳・パート・アルバイト)、「セックスが面倒に感じます。一緒にいるだけで充分なのに、夫はそうではないのがつらいです」(52歳・会社員)、「セックスっていくつまでできるものなのでしょう。いくつまで楽しめるものなのでしょう。いくつまで気持ちよく感じることができるのでしょう。高齢になったときのセックスが気になります」(54歳・自営業)、「更年期のせいなのか、経血が少量の生理が2週間ほど続きます。セックスをしたくても、1ヶ月のうちセックスを出来る日数が限られてくるのが悩みです」(不明)、「2年以上セックスレスだが、どうやって打破したらよいかわからない。このまま女として終わってしまうのかと思うと悲しい。けれどもし誘っても断られたら、立ち直れないと思い、誘うこともできない」(43歳・会社員)、「セックスをしなくても私自身は精神的に満たされているが、パートナーがどう思っているか聞けないでいる。以前はしていたが、性交痛があるようになりしなくなったので」(44歳・会社員)、「更年期に入って性交痛があるため、私はあまりしたくない。けれど、夫はしたがるので困っています」(53歳・公務員)、「パートナーが疲れすぎていて応じてくれず、ほぼセックスレス(涙)。私の魅力がなくなってしまったのかと悩んでます」(46歳・その他)、「私はコンスタントにセックスをしたいのだが、夫はストレスや疲れでもうダメ。たまにできたとしても満ち足りるものではなく、夫のことがかわいそうになり、なぐさめ役です。やはり性的な満足は欲しいです」(54歳・自由業)、「セックスレスだが夫婦関係はすごく円満。でもこれでいいのかと悩んでいる。そういう夫婦のあり方もあるのかとは思うが、何か問題が起こらないか心配なときがある」(46歳・専業主婦)と、さまざまな悩みが寄せられました。そんな中、OurAge世代より上の方から、次のようなコメントも。

 

 

「セックスは重要ですか? お互いが納得して生活をしていればいいのではないかと思います。もちろん若い頃は、少なくとも週1回から2回は、夫が求めてきましたが、仕事がきつかったという理由もあるけど、子育て・仕事・家事・妻の4つは無理でした。それを理解してくれない旦那だったら離婚です。でも、どこかを改善しようと努力をしてくれる男ならOKです。何やら現代はセックスの重要性だの、身体にいいだのって言ってる人が増えましたが、価値観の違いや個人の生活サイクルの兼ね合いもあるので、一概にセックスがすべての意味において大切とは言い切れないのでは?」(64歳・その他)、「もういい歳だし、セックスを卒業したい。主人にはセックスをあきらめてもらい、精神的なつながりを求めます。セックスを卒業したら、本当の夫婦になれそうな気がします」(68歳・会社員)

 

第7回目「セックスの頻度や悩み」、いかがでしたか?

「データでPON!」、次回もよろしくお願いいたします!

今すぐチェック!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

10日間のトライアルセットがうれしい! 敏感肌ケアもエイジングケアもできるスキンケアアイテム登場!

PR
<前の記事

<前の記事
第6回/「税金をごっそり引かれるくらいなら今の収入で満足」(51歳)、「世間でいうところの平均年収分はもらっていますが、生活費に消えてしまいます」(59歳)「読者の月給、時給、生活費を大調査」(『データでPON!』 第6回)…

次の記事>

次の記事>
第8回/友人の毛の量やツヤが気になります(52歳)、友だちが高い物を持っているのを見て「裕福なんだなぁ」と内心うらやんでます(47歳)「友人に会ったとき外見や持ち物をチェックしていますか?」(『データでPON!』 第8回)…

この連載の最新記事

「恋したい。でもキスしたり、手をつないだりできれば十分」(54歳)「新しいパートナーを見つけ、女としての自信を復活させたい」(48歳)、「60代ですがカレがいて、セックスしています」(60歳)『データでPON!』 第14回「人生の後半戦、もう一度恋愛したい?」

第14回/「恋したい。でもキスしたり、手をつないだりできれば十分」(54歳)「新しいパートナーを見つけ、女としての自信を復活させたい」(48歳)、「60代ですがカレがいて、セックスしています」(60歳)『データでPON!』 第14回「人生の後半戦、もう一度恋愛したい?」

「棺、供花、霊柩車……一番安いものでいいです、とは言えなかった」(54歳)「病院で紹介された葬儀会社を断りきれず……」(51歳)、「親戚から事前に聞いていた額の3倍をお寺から要求された」(50歳)『データでPON!』 第13回「親の葬儀代やお布施にいくら払いましたか?」

第13回/「棺、供花、霊柩車……一番安いものでいいです、とは言えなかった」(54歳)「病院で紹介された葬儀会社を断りきれず……」(51歳)、「親戚から事前に聞いていた額の3倍をお寺から要求された」(50歳)『データでPON!』 第13回「親の葬儀代やお布施にいくら払いましたか?」

「疲労の原因は思いやりも気遣いもない夫の言動」(51歳)、「仕事をしながら家族4人の家事をこなすのはもう限界」(48歳)、「ズボラでわがままな姑との同居生活に疲れています」(47歳)『データでPON!』 第12回「アラフィフ読者761人の疲労度合とその原因」

第12回/「疲労の原因は思いやりも気遣いもない夫の言動」(51歳)、「仕事をしながら家族4人の家事をこなすのはもう限界」(48歳)、「ズボラでわがままな姑との同居生活に疲れています」(47歳)『データでPON!』 第12回「アラフィフ読者761人の疲労度合とその原因」

この連載をもっと見る

Highlights今、気になる!

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル