OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

MyAge次号 発売日変更のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため取材撮影を一時中断しました影響で、MyAge次号は以下の通り変更いたします。ご理解のほどお願い申し上げます。

MyAge 夏号(7月2日発売)→【変更後】MyAge 秋号(9月2日発売)

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/197946/

会えない時間が育てるのは、愛ではなくて妄想です

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説あまたあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載では先生の数多くの名言から、特にOurAge世代向けの言葉をピックアップ。込められた”愛とムチ”の意味を、解説いただきます!

記事一覧を見る

郷ひろみの名曲『よろしく哀愁』では、会えない時間に愛が育つことになっていますが、実際は違うと思います。会わない間に記憶はどんどん美化され、美しい思い出にすり替わってしまうんですね。そして現実との違いにがっかりして、愛が育つどころか、愛が冷めてしまう……。

 

そのいい例が同窓会です。昔、憧れていた同級生のAくん。30年間、会わない間に、その妄想は膨れ上がり、めちゃくちゃカッコいいイメージに変換されているわけです。でも、実際会ったら、年をとって、お腹は出てるわ、髪は薄いわで、「アレ!? こんなだっけ??」って拍子抜け(笑)。妄想が大きくなっているぶん、その落差も大きいのよね。

 

遠距離恋愛でも同じことが言えると思います。「今度会ったら、こんなデートしよう」「久しぶりだから、彼もすごくうれしいはず!!」と勝手に盛り上がるものの、実際会ってみると、想像していたほどドラマチックには盛り上がらないし、彼は相変わらず気の利かない彼だし(笑)。

 

というわけで、久しぶりに恋人や憧れの人と会う場合は、期待しすぎないことですね。むしろ最悪の事態を想像して、ショックの緩和に備えましょう!!

一条連載_ill

 

 

砂の城」りぼん1977年11月号付録 砂の城したじき

 

取材・文/佐藤裕美

<前の記事

<前の記事
第22回/「愛」と「お金」と「心の豊かさ」の優先順位は、状況によって、激しく変わります…

次の記事>

次の記事>
第24回/成功したおじさんは、ほどほどに生意気で、ちょっとイラッとさせる女が好き…

この連載の最新記事

50歳を過ぎたら、人生でやり残したことをチェックすべし

第45回/50歳を過ぎたら、人生でやり残したことをチェックすべし

ただ飯ほど、高いものはない

第44回/ただ飯ほど、高いものはない

年上の女性とつきあって得た知識を男はおじさんになったとき、 若い女の子に還元する。これを「愛のリサイクル」といいます

第43回/年上の女性とつきあって得た知識を男はおじさんになったとき、 若い女の子に還元する。これを「愛のリサイクル」といいます

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル