OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたします。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/228915/

男は自分の心の支えにはなるけれど、自分の中心ではない

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

男がいると、依存して、甘え癖がついちゃう人って、結構いるのよね。そういう人は男に守ってもらえれば、人生安パイだって思っているから、自分がいかに弱くて、かわいいかっていうことをアピールすることにすべてのスキルを費やしていて、自立心がどんどん薄れていくんです。

 

確かに男がいれば、自分が弱ったときに癒してくれたり、支えにはなってくれたりもします。でも、男は幸せの材料をくれるだけで、幸せにはしてくれません。

 

幸せは、自分で料理して自分で作るもの。男はそれを助けてくれるアイテムのひとつであって、自分の中心にあるものではないんです。

 

そもそも男に一生依存して生きられると思ってるなんて甘い!もしかしたら夫の勤めてる会社が倒産して、あなたが面倒を見なくちゃいけなくなるかもしれないし、彼の年老いた両親をあなたが介護することになるかもしれない。そういうたいへんなことをひっくるめて、全部受け入れる覚悟がなければ、幸せになんてなれません。

 

それに私自身の統計によると、男がいたときより男がいなかったときのほうが、人生は、はるかに平穏(笑)。だから静かに穏やかに暮らしたいと思うなら、男がいないほうが幸せになれる確率は高いのよ。

 

そういえば、最初に「だんしゃり」という言葉を聞いたとき、私はてっきり「男捨離」だと思ったのよね。男を捨てて離れると。うまいこと言うなって(笑)。

 

だから女たちが「思い切ってだんしゃりしちゃった~!!」と言うのを聞いて、「男がいると面倒臭いと気づいた女たちが男を手放した」っていうことなんだと思ってました。

 

それがモノだと気づいたのは、だいぶ後だったのでした((笑)。

デザイナー

 

取材・文/佐藤裕美

<前の記事

<前の記事
第65回/顔の凝りをほぐして、マスク老けに対処しよう!…

次の記事>

次の記事>
第67回/欲望や不満を口に出して叫ぼう!!ストレス解消になって気分も爽快!?…

この連載の最新記事

ケンカのときは、ひと呼吸。キレそうになったら、ゆっくり敬語を使ってみよう

第77回/ケンカのときは、ひと呼吸。キレそうになったら、ゆっくり敬語を使ってみよう

自分の正しさが相手の正しさとは限りません

第76回/自分の正しさが相手の正しさとは限りません

世間さまは見てるだけ。批判はするけど、何もしてくれない

第75回/世間さまは見てるだけ。批判はするけど、何もしてくれない

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル