HAPPY PLUS
https://ourage.jp/column/life/weekly-encouragement/273742/

いい女とは、恋愛を自腹でする女/一条ゆかり

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

「自腹で」というのは、「恋人からご馳走になるな」っという意味ではありません。おごってくれる人からはどんどんおごってもらいましょう(笑)。

 

ただし!相手にたかるのは、ダメです。いつでも自分が払う気があるし、いつでも払うこともできる、というところが重要です。

 

同じことがあったとしても「たかる気満々」というのと、「なんなら自分で払いますけど」というのでは気持ち的に全然違う。そしてそれは確実に相手に伝わります。

 

どんな付き合いでも、できるだけギブ&テイクに。一方通行の付き合いは必ず上下関係が生まれるし、どちらかにそのうち不満が生じます。テイクだけを求めてギブを返さないと、真っ当な人間関係は成立しないと思います。

 

つまり恋愛を自腹でする女というのは、「自立する女」のことです。精神的にも金銭的にも相手に依存しない。いわゆる「重い女」というのと真逆ですね。重い女というのは、相手にベッタリしがみつくからうっとうしいのよ。

 

一見、ものすごく相手のことを考えているようだけど、過度に相手に干渉するし、何かっていうと寄りかかりたがる。「あなたのためを思っているのよ~、あなたのためなのよ~」と言って犠牲的精神をアピールをしつつ、そういう自分に酔ってる。

 

だから重い女っていうのは、教育ママと似てるわよね。「あなたのため」と言いながら、自分が見栄をはれる子になってほしい、少なくとも自分の恥になる子にはなってもらいたくない!まあ、つまり、自分にとって都合の良い人になってもらいたいっていう要望の押しつけだよね。ようは自己満足。

 

これは恋愛だけじゃなくて、人生にもそのまんま通じます。恋愛も仕事もけっして人に押し付けたり、相手のせいにしたりせず、自分の責任でやれよってことですね。

 

それが「いい女への道」のスタートラインではないかと思います。

 

「正しい恋愛のススメ」

 

正しい恋愛のススメ」集英社文庫<コミック版>

 

取材・文/佐藤裕美

今すぐチェック!

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

人気インスタグラマー、おさよさんが今、気になる洗剤って?

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第121回/「恋は縁。偶然が重なりあって成就するもの」と思っておくと、人生潤う/一条ゆかり…

次の記事>

次の記事>
第123回/特別枠にはいれる裏技が恋愛です/一条ゆかり…

この連載の最新記事

人生はダイエットと同じ。変化のない停滞期をどう耐えるかで、勝負が決まる

第139回/人生はダイエットと同じ。変化のない停滞期をどう耐えるかで、勝負が決まる

歳を重ねると、自然と選択肢は減るもの。自ら人生を閉じるのはダメデス!

第138回/歳を重ねると、自然と選択肢は減るもの。自ら人生を閉じるのはダメデス!

人は丸くて、柔らかくて、ふわふわしたものに弱い

第137回/人は丸くて、柔らかくて、ふわふわしたものに弱い

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル