OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

グリーンの飾り方と夏のおもてなし

末森陽子

末森陽子

フードコーディネーター、フードアナリスト。
雑誌「LEE」の「100人隊」初代メンバーにして、その後トップブロガーとなり、10年間、人気を集める。2008年より自宅にて食と花を愉しむ「おもてなし会」を開催(会員数約550名)。身近な食材を使い、ちょっとした工夫でおもてなし風に見せることが得意。現在、様々な企業やメーカーのアンバサダーとしての活動やセミナー、レシピ開発、コラム執筆などで活躍中。

記事一覧を見る

暑い日が続きますね。
気温が高いとなかなか生花の持ちがよくないので、そんな時私は花屋さんで購入したり庭に生えている植物の葉をカットして、部屋にグリーンを飾ることが多いです。


夏に出回るフレッシュなサンキライ。

いきいきとした明るいグリーンが、とてもキレイな植物です。
山に入った病人がこれを食べ、元気に回復して戻ってきたことから「山帰来(サンキライ)」という名前がついたそうで、秋には真っ赤に紅葉するその姿を知っている方も多いと思います。


つるの個性を生かして自然の姿のままフックにぶら下げて。きれいなドライになります。


くるりと丸めてフラワーベースに生けながら、壁飾りに。


庭に生えているアイビーを数本カットしてテーブルへ。

こんな風に水に挿しておくと、すぐに根が生えてくるので、それをまたプランターに植えれば、割と手軽に株を増やすことが出来ます。


ドウダンツツジとカシワバアジサイ。

ドウダンツツジは水に浸かる部分の皮をナイフで剥き、十字に切り込みを入れて浅めの水に生けるだけで、とても日持ちがする(約1か月)ので、この時期オススメの植物です。
枝が長いまま売っていることが多いので、深さのあるベースに生けても迫力が出て素敵ですよ。
小ぶりな葉が見た目にも涼やかで、夏を演出してくれます。


一本の枝に赤い実がたわわに実るスグリ。

可愛らしい実は観賞してもよし、酸味が強いですがジャム、ゼリー、果実酒などに使ってもよし。優秀な植物です。

<前の記事

<前の記事
第36回/セルリアのしつらいと息子の誕生日…

次の記事>

次の記事>
第38回/ユーカリと炊き込みごはんいろいろ…

この連載の最新記事

実りのしつらいと秋のおもてなし

第61回/実りのしつらいと秋のおもてなし

夏のミニブーケと冷たいデザート

第60回/夏のミニブーケと冷たいデザート

ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

第59回/ピラミッド紫陽花と夏の作りおき

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル