目の疲れをとるツボ 「太陽(タイヨウ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第4章 これで安心して仕事ができる

第4章では、仕事や職場の様々な場面に応用できるツボを紹介します。

 

 

【デスクにいたまま健康法】

 

 

パソコンの画面や書類、テレビなど長時間見ていることで、知らないうちに酷使してしまっている“目”。

 

今回は、そんな溜まった「目の疲れ」をとってくれるツボをご紹介します。

 

 

 

 

 

長時間のパソコン、テレビ、読書、運転など、「目を酷使」する機会はますます増えています。目がかすんだり、ショボショボしたり、目の奥が痛くなったりと症状はさまざまです。美容面でも目の下にくまができるなど、目の酷使にはいいことがありません。

 

東洋医学では、目は「肝」と密接にかかわるとされています。目が疲れてくると、肝臓の機能も低下してきます。だからときどき目を休ませることを習慣づけ、目の疲れはその日のうちに解消しておきましょう。

 

ぴったりのツボは「太陽(タイヨウ)」です。なんとも素敵な名前のツボだと思いませんか? 聞いただけで、みるみる目の前がパッと明るくなり、曇りが晴れていくよう。ツボの位置は、目尻から指2本分外側で、こめかみよりやや内側のくぼみにあります。

 

心地よさを感じる程度の強さで押してみてください。目の疲れがとれると目元もイキイキしてきて、目の下のくまともサヨナラできますよ。

 

 

 

 

心地よいと感じるくらいの強さで押すと、疲れ目によくききます!

075-01M_Web用

「太陽(タイヨウ)」

 

「太陽」は、目尻から指2本分外側で、こめかみよりやや内側のくぼみにあります。

 

中指で左右同時に、心地よさを感じる程度の強さで押します。疲れ目、眼精疲労によくききます。

 

 

 

 

 

次回は、最近増えている「ドライアイ」の症状を解消するツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第58回
目の疲れをとるツボ 「太陽(タイヨウ)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top