くびれたウエストラインを手に入れるツボ「水分(スイブン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

プロフィール写真

深町 公美子(ふかまち くみこ)

鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピスト。鍼灸(東京医療専門学校)、美容(SABFA)の学校を卒業後、A-ha(アハ)治療室開業。東洋医学にエステティックやアロマセラピーを取り入れた施術を行う。

著書に『体と心にきく毎日のツボ』(集英社 電子書籍 http://ebooks.shueisha.co.jp/detail.php?book=sg005883)、『冷え冷えガールのぽかぽかレシピ』(主婦の友社)などがある。

ホームページ http://www.ahacu.com

 

自分でもできる養生として、人気の「ツボ」押し。鍼灸師、深町公美子さんによるシリーズです。

 

体と心にきく 毎日のツボ

 

 

第5章 「見た目」アップで仕事も恋愛も成功させる

第5章では、美容にきくツボをご紹介。

 

 

 

キュっと締まったウエストラインは、スタイル全体をよく見せてくれます。

 

今回は、誰もが憧れる「くびれたウエストライン」が手に入るツボをご紹介します。

 

 

 

 

ウエストのくびれをつくるには、ただツボを押せばいいというものではなく、たまってしまったウエストまわりの脂肪を燃焼させるために、ウエストを左右に軽くひねって後ろを振り返る動作をするなどといった、適度な運動が必要です。

 

ここでは全身の水分を調整して、水分代謝を高める働きをする、その名もずばり「水分(スイブン)」というツボを紹介しておきます。

 

「水分」は、体の前面中央を縦に走る正中線上の任脈という経絡上に位置し、不要な水分を取り除く働きがあるツボです。むくみも解消されて体調も良くなり、ウエストまわりがすっきりしてきて、くびれたウエストラインを手に入れる効果が期待されます。

 

ツボの位置は、お臍の上、親指幅1本分上のところです。両手をお腹に当て人差し指を重ねてツボに置き、ゆっくり息を吐きながら、5秒くらい押すのを10回、それを3セット繰り返します。

 

 

 

 

むくみも解消されて、ウエストまわりがすっきりします!

111-01M_Web用

「水分(スイブン)」

 

「水分」は、お臍から親指幅1本分上のところにあります。ここは文字通り、水分調整にかかわるツボで、お腹にたまった余分な水分を取り除く効果があります。

 

お腹に軽く手を当て、人差し指を重ねてツボに置きます。ゆっくり息を吐きながら5秒ほど押すのを10回、それを3セット繰り返します。むくみが解消されれば、ウエストラインがすっきりします。

 

 

 

 

 

次回は、「ヒップライン」の引き締めに効果のあるツボをご紹介します。

 

 

 

構成・編集/U T U . h i m u k a イラスト/丸山裕子

 

シェア ツイート LINEで送る
第93回
くびれたウエストラインを手に入れるツボ「水分(スイブン)」/深町公美子さんの「毎日のツボ」

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top