UV乳液を味方につけて、初夏もお出かけを楽しみましょう!

プロフィール写真

浅利葉子

おでかけ女史組花王チームメンバー。ビューティケアのPRを担当。ビューティアドバイザー時代に、多くのお客様の肌状態を見てきた経験から、悩み解決のスキンケア、メイクの的確なアドバイスが得意。OurAge世代で、自身のスキンケア&メイク習慣が、そのまま同世代のお手本になると評判。

みなさん、こんにちは。
花王PRの浅利です。

 

 

皆さん、果物はお好きですか?
私は果物が大好きで、毎日朝食に季節の果物をいただきます。
春の果物の中では特にイチゴが大好きで、シーズンぎりぎりのGWに湘南イチゴ狩りセンターまでイチゴ狩りにいってきました。数種類のイチゴを食べ比べすることができ、自分の好みのイチゴが発見できるのでおすすめですよ。

イチゴ狩り①

 

また、近所には花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデンがあり、広い芝生でのんびりくつろぐことができます。イチゴでおなかが一杯なのに、季節限定のローズソフトをいただいきました。鮮やかなピンク色とローズの良い香りで気分があがりました。

ローズソフト②

さて、イチゴのシーズンも終わり、初夏の気配を感じられる日が多くなってきました。
実は、この季節、想像以上の紫外線の量が降り注いでいます。
みなさん、紫外線対策は万全ですか?

 

◆紫外線対策はいつするのが正解?

紫外線対策は、おでかけしないときも必要なのをご存知ですか?
日常で私たちが浴びる紫外線は、UVA・UVBの2種類です。
UVBは短時間で炎症を起こし、シミの原因となる紫外線。
UVAは長時間かけて蓄積し、しわなどの原因になる紫外線です。
この2種類の紫外線のうち、室内でも注意しないといけないのがUVAで、窓ガラスを通過して、肌の奥深く真皮まで届き、肌の老化を促す原因となります。

図1

花王調べ

 

このグラフを見ると、室内でもUVAがたっぷり届いているのがわかりますね。

そこで重要なのが紫外線対策をするタイミングです。
おすすめなのは、『 朝一番に、スキンケアで』すること。

室内でのうっかり日焼けを防ぐためには、朝のスキンケアで、UV乳液を使用しましょう。

 

◆塗り残し、薄塗りに要注意

さて、紫外線対策でタイミングと同じくらい重要なのが、つけ方です。

「UVケア乳液をちゃんと使ってるのに、やっぱり日焼けしてる気がする」という方。
もしかしたら、塗りムラや塗り忘れがあるかもしれません。

下のイラストのように、紫外線を浴びやすい部分は、特にしっかりと塗ることが大事です。
耳の上やこめかみ付近なども、意外と紫外線を浴びているんですね。

図2図3

 

では、塗り忘れがちな場所は?

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top