絵本で見た風景~ゲントのレイエ川クルーズ〜

プロフィール写真

カラー&イメージコンサルタントとしてセミナー活動や自宅サロンで活躍中。夫と息子三人と愛犬2匹の家族。フラワーアレンジメント、アロマテラピーの資格も持つ。ファション、ミュージカル、映画、オペラ、コンサート、舞台、テニス、スキー、旅行と多趣味。

フランスのリール(前回のブログ)からベルギーのゲントへ向かいました。インターシティ(IC 都市間快速急行)に乗りました。ご主人のお仕事でパリによくいらっしゃる方に聞いて中世の魅力でいっぱいのゲントを勧められました。

 

ベルギーの公用語はフランス語、オランダ語、ドイツ語です。ベルギー王国(正式名称を訪れるのは初めてでした。ベルギーは皆様ご存知のとおり立憲君主制でEUに加盟しています。フランスのリールと国境を挟んで近いのに異なる雰囲気のゲントは想像以上に美しい街でした。
ゲントの中央駅であるセント・ピータース駅からタクシーでホテルに向かいました。


サントングランドホテル・レイロフは白亜の砂岩を用いた美しい建物は18世紀に建てられたルイ14世紀風のバロックスタイルです。館内は趣の感じられる豪華なシャンデリアや調度品などが飾られているのです。

ベルサイユ宮殿を彷彿されるような多目的室があり、様々な会議やパーティが開催されています。
色使いがとても美しく感動しました。

 

 

スパセンターもあり中庭も素敵です。
ホテル選びもとても重要ですね。
意外とリーズナブルなのがとてもうれしいです。
夜は食事にパクへイスpakhuisに行きました。

聖ニコラス教会のそば、町の中心部にあるモダンなお店です。海の幸が有名です。店内も吹き抜けで開放感があり楽しい雰囲気です。ロブスターにホワイトアスパラが添えてありとても美味しかったです。

 

帰りに聖ミヒエル橋から見た夜景が美しく幻想的でした。

橋の上からはレイエ川を挟んでグラスレイ(レイエ川東岸)とコーンレイ(レイエ川西岸)が一望できます。

翌日はレイエ川運河クルーズをすることにしました。

 

次のページに続きます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top