東京の板橋に大人のオーベルジュが出現。美酒を心ゆくまで楽しめる大人の”宿場”へ

プロフィール写真

都内在住。家族の赴任に伴い、オランダに四年、香港に三年半住み、現地の会社で働いていたことも。”やらない後悔よりやる後悔”がモットー、興味を持ったらまずは行動! 最近のマイブームはランニングです。普段から着物を愛好し、自称普段着物研究家。そんな着物姿でぶらぶら、走りながらきょろきょろと見つけたおでかけ情報を発信していきます。

都内在住といっても、東側エリアの住民の私にはあまり縁のなかった板橋。今まで、具体的に思い浮かべられるイメージがほとんどありませんでした。

 

けれどももう違います。
なぜなら、オリジナルビールが飲めるブリューパブにワインビストロ、ウィスキーがテイスティングできるリカーショップまである「Itabashi Cask Village」の存在を知ったから。

 

JR板橋駅を降りて、商店街を行くこと10分ほど。こんなところに!と思うような住宅地の真ん中にその建物はありました。

 

私が伺ったのはもう夕方だったのですが、どちらのお店も温かい灯りがともり、人々が楽しそうにしているのが垣間見えて、思わず私も仲間に入れてくださーい!という気持ちに。(そんなに焦らなくてもいいのに(笑))

まずはウッディなテラスのある「M’s Tasting Room」へ。購入前に無料や有料で色々試飲でき、好みのウィスキーを見つけることができます。

 

ウィスキーの世界は初心者にはハードルが高く感じることが多いですが、こちらのウイスキーアドバイザー吉村さんはウイスキーイベントでのアドバイザーやセミナーの講師も務めるウィスキー業界ではとても有名な方。穏やかな物腰で優しくあれこれ教えて頂けるのでついついあれもこれもと試したくなってしまいました。こちらが吉村さんです。

ウィスキーだけでなくクラフトビールなどもあります。

店内ではちょうどオリジナルブレンドのお披露目会をされていたそうで、さまざまな年代のお客様がそれぞれ楽しんでいる様子も大人の社交場みたい。一人で伺ってもすぐに溶け込めそうな空気感はとても魅力的でしたよ。

私もお仲間に入れて頂いてぱちり。

あれこれ楽しんだら、少しさっぱりしたものが飲みたい気分になったので、お隣のブリューパブ「IBU / Itabashi Brewers Unit」に移動します。

 

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top