京都の白沙村荘で、銘菓「茶の菓」の新作をいただきました

プロフィール写真

京都在住。食べる事が好き、特にパンやスイーツが大好きで、旅行へ行ってもメインは美味しいモノ巡りです。この春から下の子が大学生になり子育てもほぼ終了、セーブしていたおでかけを再開します! 住んでいる京都を中心に、関西の美味しいモノや楽しい事巡りをお届けします。

新茶の季節がやって来ました。
我が家近くの茶畑には黒い覆いが被せられ、お茶摘みさんの自転車が沢山停まります。
これから暑くなるんだなぁと感じる時期でもあります。

 

そんな折、お茶を使ったお菓子の新商品のお披露目会に招待していただきました。
京都は北山に本店を構える洋菓子店「マールブランシュ」。
カフェだけではなく沢山のお菓子も販売されています。
その中でも一番のヒット商品、「茶の菓」の夏バージョンが5月から新発売との事で、商品の紹介や開発秘話などを聞かせていただきました。

 

会場は銀閣寺の近くの白沙村荘です。


白沙村荘とは。
京都の画家「橋本関雪」が芸術拠点として大正時代に造営したものです。
銀閣寺への途中にある緑豊かな空間で、実はレストランには何度かお邪魔した事はあるのですが、白沙村荘の中に入るのは初めてです。

 

開始時間までお庭をゆっくり散策なさって下さい、と案内され中に。
前日までの雨も上がり、新緑もみずみずしく気持ちいい。
昔は日本庭園には特に興味もなかったのですが、年々こういった景色に癒されるようになりました。
会場である橋本関雪記念館までぐるりと歩きます。


途中、気になる石があったので眺めていると、記念館のスタッフの方が教えてくださいました。
京都のお酒の広告に、石原裕次郎さんと宇野重吉さんがそこで撮影されたそうで、年代物のポスターも置いてありました。


そうこうしてると記念館に到着。
少しドキドキしながら会場へ向かいます。

シェア ツイート LINEで送る

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方


  • To Top