【リライズ体験モニター②】白髪まじりのパサついた茶髪がきれいな黒髪色に! 職場のみんなが使い始めました


おでかけ女史組のMocaさん(40代・神奈川県在住)も、白髪に悩むOurAge世代のひとり。これまで、白髪染めは2カ月に1回美容院へ。その合間に、目立ってきた白髪を自宅でヘアマニキュア、ヘアファンデーションでリタッチしていたそうです。

「介護施設勤務なので、髪はいつもひとつにまとめる必要があり、そうすると顔まわりの白髪がすぐに目立ってしまうんです。白髪染めをしてもどんどん伸びてくる顔まわりの白髪をヘアマニキュアで塗り、前髪もおろしてなんとか目立たないようにごまかしていました…そうはいっても完全に隠せるわけでもなく、本当にストレスでした」

 

白髪が目立たないように前髪をおろして、茶色くヘアカラーしていたMocaさん。

職場は同世代の人が多いそうで、みんな白髪に悩んでいるのだとか。リライズを使ったMocaさんがツヤツヤの黒髪で出社したところ、話題騒然に!

 

「リライズを使って2日目まではそんなに気づかれなかったのですが、3回使った翌日に変化に気づいたようで、それはもう、みんなの食いつきがすごい!『何使ってるの!?』と質問攻めに。羨望の的でした(笑)」。

 

いきなりみんながスマホでリライズをチェックして、中にはその場で、通販で購入した人もいたとか。

パサつきがちな茶髪がきれいな黒髪に。写真を見ても、以前の雰囲気と変わったMocaさん。リライズを使った感想を聞いてみました。

 

◆使ってみての感想
顔にクリームがついてしまっても洗い流せば落ちるので、もみあげの細かい白髪も、クリームがついてしまうのを気にせずしっかり塗布でき、とても便利です。

また、クリームタイプで飛び散ることもなく、また垂れてくることもなく、狙ったところに塗布しやすい! お風呂場が汚れないのも気に入りました。

 

◆今までとの違い
染めたいときに5分で染められる。これがいちばんうれしいです。また、地肌につかないようにそーっと塗る必要もなく、トリートメントと同じように使うだけなのでとにかく簡単!手触りもいい感じです。

 

◆うれしいこと、まだまだあります
私はくせ毛なので時々縮毛矯正のパーマをかけます。同時にパーマ&カラーをすると本当に髪が痛むので困っていましたが、リライズは髪に負担をかけないので、これからは心おきなくパーマがかけられます。ただし、パーマ後は1週間程度経ってからリライズを使うのがおすすめのようです。そして、時々茶色い髪を楽しみたいとき「真っ黒の髪は染められない?」と思うかもしれませんが、リライズの着色原料「黒髪メラニンのもと(*1)」で染めた髪は、いつでも好きな色に染め直しできるのだそうです。これもかなりうれしい!

 

Mocaさん大絶賛のリライズは次のページへ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top