OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

HAPPY PLUS

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/268609/

12月はパールやスカーフなど小物使いでアクセントを

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

前回のブログで、次回は青木湖の景色を・・・と書いたのですが、
その前に、小物シリーズを書かせて頂きます。
急に寒くなって、重ね着が多くなったり、12月に入ってジュエリーなどの小物使いも増えるので、
ご参考になったら嬉しいです。アウター以外のお洋服はすべてLe pivotです。

ポップアップや展示会の時の写真です。

小林さん 赤

赤いワンピースにベルトとペチコートは黒で、キリっと。

小林さん サックス

こちらは綺麗目な色のニットにレースのスカーフの上にパールのネックレスを重ねています。
ソフトな色目なので、可愛くなり過ぎないようにスカートは黒を合わせています。
私は大人なレースの合わせ方が好きで、可愛くなりすぎずというのは、気を付けているポイントです。
この日は販売に徹していました。

小林さん キャメル

キャメルのニットにパールはよく合います。それだけだと普通なので、エルメスのツイリーを合わせました。
めずらしくアウターもLe pivot、バッグはKO、靴はステラマッカートニー、短いバルサパールのネックレスは
モンシロで、長いパールネックレスはメゾンルーバスです。
個人的にエルメスのスカーフは大好きなのですが、エルメスのディスプレーで、
バッグの持ち手にポイントでよく使われているこのツイリーや
ツイリーより少し太いマキシツイリーは、ネックレスのように合わせられて重宝しています。

小林さん ピンク

こちらはマキシツイリーで、シンプルな組み合わせの時に配色だけ気を付けるとポイントになります。
ポンチョはエストネーション、バッグはJ&Mデヴィッドソン、靴はステラマッカートニーです。

小林さん マンション&タワー

この時は、新居の内見を色々まわっていた時期で、こんな外観がいいなぁとか、
インテリアや撮影の参考に、東京タワー近くの照明屋さんをはしごしていました。

小林さん 黒

お仕事、特に経理関係に集中する時は黒が多くなります。
なぜだかピンクを着ないのは、気分がふわふわしてしまうからでしょうか?

小林さん 夜景

東京の空は明るいですね。夜9時を過ぎても雲が見える日がありました。
秋の夜長によく働きました!お疲れ様でした!と、言われたような夜景でした。

 

 

Le pivot公式サイト
http://lepivot.jp/
blog
http://blog.lepivot.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/lepivot.jp/

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #東京23区内

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
<前の記事

<前の記事
第51回/日本橋蛎殻町のロイヤルパークホテルで1泊ワーケーション。重ね着スタイルで、ひとり鉄板焼きを楽しみました…

次の記事>

次の記事>
第53回/友人夫婦が移住した水鏡のような青木湖へ、明るい色の重ね着スタイルで…

この連載の最新記事

友人夫婦が移住した水鏡のような青木湖へ、明るい色の重ね着スタイルで

第53回/友人夫婦が移住した水鏡のような青木湖へ、明るい色の重ね着スタイルで

12月はパールやスカーフなど小物使いでアクセントを

第52回/12月はパールやスカーフなど小物使いでアクセントを

日本橋蛎殻町のロイヤルパークホテルで1泊ワーケーション。重ね着スタイルで、ひとり鉄板焼きを楽しみました

第51回/日本橋蛎殻町のロイヤルパークホテルで1泊ワーケーション。重ね着スタイルで、ひとり鉄板焼きを楽しみました

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル