OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/60349/

風を感じるコーディネートで下町をサイクリング。

小林一美

小林一美

「Le pivot(ル・ピボット)」デザイナー。
20代よりデザイナーとして活躍し、12年に表参道の裏通りに、自身のブランド「ル・ピボット」のオフィス兼ショップを構える。素材への思い入れが深く、着心地のよさでファンになる大人が後を絶たない。料理や器など、暮らしまわりへの造詣も深い。若い頃から、出張を含めて旅が多い。

記事一覧を見る

谷中→上野→浅草→蔵前と、サイクリングに行きました。

何故下町かというと、知人の会社が谷中にあり、そこを拠点に色々と案内して頂いたのです。

私がもう少し若い頃からの知人の、トーキョーバイクの金井さんにお願いしました。

ちなみに Le pivot の金井さんと親戚とかではありません。

先日、10年振り位に偶然重なりで再会したのですが、

自転車に詳しい方ならきっと知っていると思われるくらいの会社になっていて、

最近では海外の方とも、色々なコラボをしてらっしゃいます。

ですが会社は大きくなっても中身はそのままの金井さんは、快く自ら案内して下さって、

自転車もレンタルして下さるという、なんていい人だ!の1日でした。

せっかくなので、トーキョーバイクさんのことを少し。

 

山を走るのが「マウンテンバイク」なら、東京を走るのが「トーキョーバイク」だそうで、

一つ一つのパーツは、信号や坂道の多い東京の道を気持ちよく走るために吟味されています。

速く走るというよりは軽くて快適で、私も実際に乗ってみて、冬の匂いを感じたり、

何気ない風景に目を留めたりする余裕があって、

” TOKYO SLOW “をテーマにしているというコンセプトになるほどー!と思ったりしました。

トーキョーバイクに乗る人々の楽しそうな笑顔を思い描いて作ったという言葉にも納得です。

小林さん トーキョーバイク

トーキョーバイクは、シンプルでスッキリとした潔いデザインの自転車です。

色も微妙なトーンのカラーがいちいち好みなのですが、残念ながら私はレングスの都合上、

選択肢は2拓です。小さいって不便・・・。

私もあっちに乗りたかったなぁ・・・という寂しい気持ちを抱えて出発しました。

小林さん 足テープ

写真だとわかりにくいですが、右足だけ裾がチェーンに巻き込まれないように、裾バンドで留めています。

こんなものまでお借りしました。これがあると流行りのワイドパンツでも自転車に乗れます。

前を行くのが金井さんです。

 

この日の東京は快晴。風が気持ちよいだろうなぁと想像しつつ、

ニットカーデでスース―させようと思い、最初はこんな感じでした。

巻物は、シルクの大判にしました。

ウールだと少し重たいけど、首まわりから風邪をひかないようにという時は、綿では寒いのでシルクがいいですね。

小林さん スタイリング・ニット

ニットとスカーフは、5、6年前にTOMORROW LANDで買いました。

カットソーとパンツは、Le pivotです。

ブーツは、イタリアのブッテロ、リュックはカナダのアウトドアブランドで ARC’TERYX / アークテリクス 。

どちらも好きなブランドです。

小林さん Tokyobike前

谷中に着いてみると、ニットはいらない位のお天気になり、置いていくことに。

大判のスカーフも邪魔にならないように短めに巻きます。

上下カットソーで動きやすい素材です。

小林さん スタイリング・カット

 

この日は、3連休明けの週の始まりの日ということで、谷中のお店はことごとくお休みでした。

唯一と言ってもいいくらいやっと開いていたギャラリー

SCAI THE BATHHOUSE

日本のアーティストを海外に向けて発信したり、逆に日本でまだ知られていない海外の作家を紹介している 現代美術のギャラリーです。

小林さん SCAI THE BATHHOUSE

元は銭湯だったというこの建物。

入ると下駄箱に男湯・女湯の名残が。

小林さん 下駄箱・男湯

小林さん 下駄箱

谷中でランチにしようとしましたが、休み休み休み。完全に日を間違えました。

それなら蔵前まで行こうということになり、上野公園→合羽橋→浅草をサイクリング。

上野公園は、美術館に行くまでの道のりがどうも苦手だったのですが、

逆側からしかも自転車で入ると、なんていい所なんだろう・・・と、印象が全く変わってしまいました。

小林さん 上野公園

久しぶりの自転車。足がつく・つかないの問題がありましたが、すこぶる快適だったのは、

こんな風に走りやすい平坦な道を選んで案内してくれたことにもありました。

小林さん 道

左に写っているのは、ご一緒した友人のことみちゃん。

自転車移動ばかりということで、なんとこの日はワンピースで颯爽と。

時折、金井さんが片手運転で後ろを振り返る姿も慣れています。(あたりまえか)

そしてランチは定食屋さん 「蔵前 結わえる」

小林さん 結わえる

食後はお隣のカフェ Nui.へ

小林さん Nui.

自転車文化なんだなぁ・・・と感じさせる自転車置き場。

こちらは宿泊施設もあるそうで、素敵な空間でした。

食後はランチ中に偶然会った金井さんの知人「オトギデザインズ」のお店に行くことに。

お店は3Fですが5Fも借りて何やら準備中。

隅田川を一望出来、スカイツリーもよく見えました。

写真は、「宇宙戦艦ヤマト」でお馴染みの松本零士さんデザインの船。

速そー!と思いましたが普通の速度でした。

小林さん 松本零士

m-piuという革物屋さんでお茶をご馳走になり、カキモリさん系列の「ink stand」というお店で、

オリジナルのインクを調合して頂いてペンを購入しました。

小林さん ink stand

KONCENTという雑貨屋に立ち寄った後、お茶タイムを「CAMERA」で。

こちらの素敵女子がお迎えしてくれました。

学校帰りの小学生が、ガラス越しにお姉さんに挨拶して手を振る姿は、下町ならではです。

小林さん CAMERA

 

少し暗くなってきて、谷中に戻りながら立ち寄ったお茶屋さん。

「TEA NAKAMURA」

いつどこでだれが作ったかわかる茶葉。オーガニックの煎茶を中心に丁寧に説明して下さいます。

小林さん NAKAMURA

最後は、もう閉まっていたけど無理やりのぞいたSHOPを兼ねたプロダクトデザインの事務所へ。

ALLOY

小林さん WAPLUS&ALLOY

パッチワークみたいな窓が素敵すぎてパチリ。

アンティークの小物や色々なアートディレクションのセンスがとても好きでした。

沢山動いた気もするので、そろそろお夕飯です。

この日は和食となりました。

小林さん まめたん

まめたん

おまかせでカウンターのみの小さなお店ですが、私の好きな作家さんの器も使われていたりして、

ほっこりとさせて頂きました。〆のすっぽんの雑炊は絶品だったのと、

一つの料理を、なるべく1~2種類の調味料で作られるとのこと。

素材の持つ力を最大限引き出す・・・洋服と一緒ですね。

心根が素敵だなぁと、後日再訪しました。

 

トーキョーバイクの事務所に立ち寄り、自転車を返却して、この日はお開きです。

更けゆく谷中の夜

小林さん 谷中の夜

改めて思うのは、東京は意外と狭いということです。

電車移動だとこんな風には周れませんね。

そして街並みが低いというだけで、空が広くなって景色を眺めたりするものなのかもしれません。

お世話になったトーキョーバイクの金井さん、ご一緒したことみちゃん、ありがとうございました。

行く先々で新鮮な発見があって、プチトリップのようでした。

次回は是非お店が営業している日に伺います。

このブログを読まれた方がサイクリングしようと思って下さると嬉しいなぁ。

あ、その前に、まず自分ですね。

 

 

Le pivot公式サイト

http://lepivot.jp/

 

blog

http://blog.lepivot.jp/

 

トーキョーバイク

https://www.tokyobike.com/

SCAI THE BATHHOUSE

http://www.scaithebathhouse.com/

結わえる

http://www.yuwaeru.co.jp/

カフェNui.

http://backpackersjapan.co.jp/nui/

オトギデザインズ

http://www.otogi-designs.com/

 

ink stand

http://www.kakimori.com/works/pg10.html

TEA NAKAMURA

http://www.tea-nakamura.com/

ALLOY

https://www.facebook.com/waplus.alloy/

まめたん

https://www.facebook.com/yanakamametan

場所別・テーマ別おでかけ情報はこちら >

同じ場所・テーマから記事を探す

#関東 #東京23区内 #上野 #食べる #アート

おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜 今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜
<前の記事

<前の記事
第7回/観光も兼ねる出張服はシンプルに、小物にこだわる。…

次の記事>

次の記事>
第9回/神田明神への初詣はちょっとだけきちんとした服で…

この連載の最新記事

夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

第43回/夏から秋へ。季節の変わり目コーディネートは小物類が活躍します

久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

第42回/久しぶりのパリでは美術館や教会、裏道、ゴッホの麦畑などを訪ねました

9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

第41回/9年ぶりのパリ出張へ。モネの美術館へは、絵に合わせたモカベージュのワンピースで

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル