HAPPY PLUS
http://ourage.jp/column/odekake_joshigumi/85646/

金沢の骨董屋さん 伊藤まさこさんオススメの「きりゅう」で大人買い

林檎(OG)

林檎(OG)

東京浅草から雪深い新潟県魚沼の旅館に嫁いで早25年。女将という仕事柄、壮大なおでかけには縁がありませんが、地元ならではのコアな情報をお届けします。

記事一覧を見る

金沢旅行後編です。

 

金沢のお洒落なホテル「ホテル パシフィック」の各部屋には、
スタイリストの伊藤まさこさんの、
読み物のような、ガイドブックのような本「あした、金沢へ行く」(宝島社)が置いてありました。

 

FBの友達と夕餉に初対面して、第一目標を達成した私。
さて、
翌日は、どうしようか、なにしようか、と、パラパラとめくってみました。

 

 

そして、
行きたいところを見つけましたよ!

 

 

きりゅう

dsc04348

骨董屋さんです。
帰ってから調べてみたら、金沢には骨董屋さんがとても多いらしく、
それも、いいモノを、かなりお得な値段で買えるようなのです。

 

お店の案内を読んでみたら、
あら、私、とても好きみたいな雰囲気です。
骨董というと、敷居が高そうですが、
お手頃で、お品のいいモノもあるんですよ。
現代物の中に、ポツンと一つ、古いものがあると、
食卓も豊かになった気分がします。

 

さぁ、そんな器と出会えるかしら!

 

ところが、
あれ?
お店、閉まってる!?定休日じゃないよね?

 

 

慌てた私は、思い切って電話してみました。

電話の向こうからは、明るい店主の声!

 

 

’ごめんなさいー!今日はどうしても行かなくてはならないところがあって、
開店時間が12時半なんです~~!’

 

とのことでした。

 

ということで、
お昼を先に食べて、お腹も落ち着いたところで、
念願のきりゅうさんへ!

 

開いてた~~!よかったー!
こんにちは~~と、恐る恐る入っていったら、
白髪のショートカット、黒の上下、縁の太い眼鏡、
そして、赤い口紅がとてもお似合いな、
素敵な店主、きりゅうさんが、

 

 

’もしかして、さっき、お電話くださった方ですか!?’
と、
迎えてくださいました。

 

 

店内に入ったときから感動の私です。
あれやこれやが素敵で選べない。
でも、的確な選択の助言をくださいますから
ご安心を。

 

 

見てください!壁一面のこの漆器たち。

dsc04347

圧巻です。

 

所狭しと並ぶいにしえの器たち。

dsc04350

dsc04352

この器、この形、
今はなかなか見かけないのですが、
これに少しだけお惣菜を載せてもいい感じですよ、とアドバイスもいただきます。

dsc04351

青と白の市松模様の四角い器。
実はこれは現代のもの。
店主がこれと同じ骨董に惚れて、
現代の作家さんに作ってもらったのだそうです。
素人にはこの作品をつくるのがどれだけすごいことが
わかりませんが、難しいらしい。。
でも、一目見て、手にしてしまう魅力がありました。

dsc04353

私が購入したのは、
金沢が誇る九谷焼の白い器。
これは色付け前のものらしく、なかなか出回らないのだそうです。
いつの時代のかなぁ。
早速、料理を盛ってみたら、本当に使いやすくて、映えました。

dsc04394

もう一つはこれ。
早速いんげん豆を揚げたものをツナドレッシングで合えた一品を。
あら、なかなかいい感じ!

dsc04381

欲しいものがたくさんありすぎて、
時間はなさすぎる。

 

 

話がはずめば、店主は
なんと新潟出身とのこと!
早速戻ってから我が家のパンフレットをお送りしました。

 

 

そして
器を選んでいるとき、入ってきた若い男性。
じーっとお互い見つめて、
「あれ?どこかでお会いしたことありますか?」

金沢に知り合いはいないし。。。
と思っていたら、なんと、

 

 

「今日はありがとうございます。
パシフィックホテルのものです」

 

 

きゃー!そうだったそうだった!
それにしてもなんという偶然。
彼もまた新しくオープンする食の場の
器探しにいらしたのだそうです。

 

 

旅はすべてが出会いだなぁ。

 

 

◆古道具・器・きもの 「きりゅう」
金沢市三口新町3-1-1 永久ビル1F

 

◆ホテルパシフィック金沢

http://hotel-pacific.jp/


おでかけ女史組の正しい楽しみ方
おでかけ女史組 キーメッセージ おでかけ女史組 キーメッセージ
今週のおでかけコンシェルジュ〜元気に遊ぶための知恵、伝授します〜

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル