三谷幸喜さんと市川猿之助さんの舞台を観に金沢から三軒茶屋へ

プロフィール写真

金沢便りをお届けしています。百聞は一見にしかず!なんて都合のいい理由をみつけて、スタジアム、美術館、映画館、ライブ会場に出没してます。でも読書もヨガも大好きのインドア派です。

2016年は大河ドラマ『真田丸』にかかりきりだった三谷幸喜さんですかが、年末に久しぶりの舞台公演がありました。
市川猿之助さんが主演で昭和の喜劇王エノケン(榎本健一さん)ならぬ、エノケソさんを演じる『エノケソ一代記』です。

 

IMG_0949
大掃除やら、年賀状やら、クリスマスやらで何かと慌ただしいなか、
ツリーが飾られた金沢駅をあとにして北陸新幹線で東京へ行ってきました。

IMG_0840
乗車しているとあらためて、東京→大阪へいく時間で金沢へ行けるようになったというのは、驚くべき事実ですね。かつては、金沢支店へ転勤してきた方達から陸の孤島と呼ばれていたことがウソのようです。
金沢を出た時は、小雨が降っていて立山は見えなかったのですが、次第に晴れてきて、浅間山もかがやいていました。

IMG_0843

さて、今回の舞台の会場は、三軒茶屋にある世田谷パブリックシアターです。三谷さんのお芝居を観るために、パルコ劇場をはじめ、あちこちへいきましたが、三軒茶屋は初めてでした。お芝居をみる用事がなければ(美術館も含め)降り立つこともなかった駅が、少しずつ減っていくことも楽しみのひとつです。

 

IMG_0856

26階建てのキャロットタワーと呼ばれるビルの3階に舞台があります。
いつもながら、三谷さんの舞台のチケット争奪戦は厳しくて、今回は第一希望がはずれたので、第二希望の二階席となりました。
舞台を上から眺める感じで、多少、演者からは遠いかな、という状態でしたが、真ん中から全体を俯瞰することはできました。

 

次はいよいよ中へ。

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

Facebookおでかけ女史組facebook更新中

Facebookおでかけ女史組の正しい楽しみ方

この記事をシェア!

Facebook Twitter Pinterest LINE

  • To Top