OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

総額表示についてのお知らせ

OurAgeは、2021年3月1日配信の記事より掲載商品の価格を消費税込みの総額表示に変更いたしました。詳しくはこちらをご覧ください。

https://ourage.jp/column/otona_beauty/face-sagging/197858/

顔面の「骨やせ」対策、すべきことは?

慶田朋子さん

慶田朋子さん

銀座ケイスキンクリニック院長。医学博士。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。皮膚疾患から美容皮膚科まで幅広く診療。著書『実は老化を加速! 女医が教える、やってはいけない美容法33』(小学館)が話題

顔たるみの予防と対策のために知っておきたい新事実を、皮膚科医の慶田朋子先生に解説していただきました。

 

Q2.顔面の骨やせ対策は何をすればいい?

 

A.食事と運動で骨を育てましょう。

 

「骨やせを防ぐには、骨をつくるために必要な栄養素をとることです。欠かせないのがカルシウム。小魚のほか、牛乳やチーズなどの乳製品、豆腐などの大豆製品、小松菜や青梗菜などの野菜に多いのでしっかりとりましょう。また、カルシウムの合成を助けるビタミンDも必須。きくらげや干ししいたけ、イワシ、サンマなどに豊富です。ビタミンDの合成には日光浴も必要ですが、紫外線は皮膚によくありません。ビタミンDの合成には、夏だと手のひらに 10 分ほど紫外線を浴びればいいとされているので、ほかの部分は日焼け止めでガードを。サプリメントでビタミンDを補うのもおすすめです。骨は重力刺激によって育つので、ウォーキングなど適度な運動も取り入れて」

 

 

骨の材料になるカルシウムは体内で作られないので、毎日の食事で補いましょう

 

 

 

次回は、Q3.加齢で大顔化、四角顔化するのはなぜ? についてご紹介します。

 

 

イラスト/平松昭子 取材・原文/和田美穂

 

<前の記事

<前の記事
第16回/顔面の「骨やせ」でたるむってほんと?…

次の記事>

次の記事>
第18回/加齢で大顔化、四角顔化するのはなぜ?…

この連載の最新記事

乳突筋ほぐしでたるみを予防/「すっきり顔」に効く道具(後編)

第28回/乳突筋ほぐしでたるみを予防/「すっきり顔」に効く道具(後編)

三雲孝江アナ開発のフェイスアップクリップほか「すっきり顔」に効果的な道具(前編)

第27回/三雲孝江アナ開発のフェイスアップクリップほか「すっきり顔」に効果的な道具(前編)

ビューティ界のプロが愛用のリフトアップ美容液(後編・MTメタトロン、コスメデコルテ)CHIHARUさん・小田ユイコさん

第26回/ビューティ界のプロが愛用のリフトアップ美容液(後編・MTメタトロン、コスメデコルテ)CHIHARUさん・小田ユイコさん

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル