OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/128787/

毎回大人気の「ポートレイト撮影付きメイクセミナー」が開催されました

ギリコ

ギリコ

セミナー担当の48歳。セミナーに何度も来て下さるリピーターの方が増えており、うれしいです!会場にいつもいます♪

こんにちは、ギリコです!

ふふふ。

今日は代官山にいるんですよ。

 

そう!

芸能人出没率が高い代官山!

おしゃれピーポーの聖地代官山!

 

その代官山のヒルサイドテラスにあるこの建物の中に、本日のセミナーの会場があるのです。

その会場とは、、、じゃじゃ~ん!

嶋田ちあきメイクアップアカデミー」。

雑誌や広告の撮影での活躍はもちろん数々の女優から指名を受けるヘアメイク界の巨匠嶋田ちあきさんのスクールです。

なんてゴージャス!

なんてエレガント!

この内装は世界的インテリアデザイナー森田恭通さんによるものだそうです。

きっと参加者のみなさんも気分がアガること間違いなし。

 

今日のセミナーテーマは「写真映えするメイク法&ポートレイト撮影」。

お一人お一人に丁寧にレクチャーできるよう少人数制にしているため、チケットが早々に完売することが多いOurAgeグッドエイジングセミナー。

とくに本日のような〝撮影つきメイクセミナー〟は「なかなか買えない~」というお声が多く、、、、本当にごめんなさい。

そこで今回はお越しになれなかった方にも、セミナーの様子がわかるようレポートしますね!

 

 

さぁ、準備が調いましたよ。

今日使用するコスメは「ブリリアージュ」。

「ブリリアージュ」は嶋田さんがプロデュースしたブランド。

本当に使いやすく、仕上がりがきれいなコスメなんです。

(編集部にも愛用者が複数います)

 

今日のセミナーは2部構成。

第1部で写真映えするメイク方法を習って美しく変身したら、第2部は写真家によるポートレイト撮影なのです。

 

12月から4月までの間って、忘年会にはじまり年末年始の家族行事、卒業式、入学式、歓迎会など何かと写真に写る機会が多い時期。

 

・顔が白塗り仮面になっていた

・肌がテカっていた(くすんでいた、しわっぽかった)

・目が小さく写っていた

・眉が消えていた

・メイクが古臭くオバさんぽく写っていた

……そんな経験はありませんか?

 

そのときの悔しさ、悲しさ、よ~くわかります!

本日のセミナーに参加すれば、そんな悲しみにグッバイできるのです!

 

 

 

第1部の講師は

右が錠者(じょうしゃ)良子さん、左が松本真由子さん。

ブリリアージュのメイクサロン「ブリリアージュ マキエ」の専属メイクアップアーティストです。

今までたくさんの女性のお顔に触れ(1000名以上!)、メイクを施しながら美容のお悩み相談にものってきた先生方です。

 

「みなさんが美しく変身なさるよう、今日は全力を尽くしますよ!

ギリコさん、まかせて!」

 

なんて心強い、、、

ご自宅で復習できるよう、テキストもばっちり用意しました。

 

いよいよメイクセミナーがスタートしましたよ!

なんとなんと関西からお越しくださった方もいらっしゃいました。

まず最初は松本先生によるデモンストレーションを見ていただき、そのあとご自身で実際にメイクしてみるというのが今日の流れ。

 

 

とくに今日の一番のポイントはベースメイク。

 

ベースメイクがちゃんとできている=美肌。

肌が美しければ「美人度」は大幅アップするのです。

くすみがなく、清潔感と気品あふれる肌づくりを学びます。

 

そのため

「ベースメイク成功の秘訣を今日いらしたみなさんには、絶対にマスターしてほしいッ!!」

会場の隅で思わずこぶしを握りしめたギリコです。

 

さぁデモンストレーションが始まりましたよ。

 

★参加者の目の前で行われたデモンストレーションの内容とは?

気になる続きは次ページに!

まずスキンケアから。

丁寧で的確なスキンケア、これも美しい肌には必要不可欠。

どんなに優秀なコスメでも、肌の状態が悪ければその力量を存分に発揮できないからです。

 

「お手入れの際、化粧水はたっぷりと!でも乳液は少なめに

繰り返し唱える先生。

 

スキンケアが終わったら、ここで今日の主役ともいうべきベースメイクコスメが登場です。

メイクアップベース フェイスレスポンサー(右 本体価格4300円 )とパウダリーファンデーション オーセンティックウーマン(左 本体価格7500円)

 

「下地は多めに使います、直径10ミリぐらいの真珠一粒分の量を手の甲に出します」

 

直径10ミリ分ってけっこうな量なので、参加者もちょっとびっくりしたようです。

 

「下地はこのくらいの力加減でのばしましょう、肌をこすったり引っ張ったりしてしまわないよう優しく優しく…」

モデルさんの肌に下地をのばしていく松本先生。

下地の「メイクアップベース フェイスレスポンサー」をた~っぷりと使い、顔の影やくすみを飛ばすのがこの「ブリリアージュ」の特徴なのだそう。

 

「ナイキのマークをイメージしながらのばします。

指を横に滑らせたあと、最後はシュッと上にはね上げるようにしましょう。

下地をちゃんと伸ばすことで肌のデコボコが補整され、くすみや影のない肌になります」

 

(ほほ~う)

深くうなづくみなさん。

 

「力加減はこのくらいですよ」

と、もうひとりの先生錠者さんが松本先生のデモンストレーションと並行し、おひとりおひとりの手の平に実際に指を置き力加減を伝えています。

 

 

10人の参加者に先生がふたり…

なんと贅沢なことでしょうか。

そのためしっかりとコツを教わることができるのです。

 

 

下地がおわったらファンデーション「パウダリーファンデーション オーセンティックウーマン」へ。

「え?パウダー?

この年齢(40代、50代)でパウダーってありなんですか?

粉っぽくなりませんか?」

と思わずつぶやく方も。

 

わかります。

ハリと潤いが失われがちなOurAge世代、パウダーだとノビが悪く、肌になじみにくい感じが強いんですよね、、、、

 

 

でもご安心を!

下地でしっかり肌を補整しているので、ファンデーションはほ~んのちょっとで十分なのです。

これもこの「ブリリアージュ」の特徴のひとつ。

 

「製品に付属のスポンジを使ってのせてももちろんOKですが、今日はブラシでつけます。

おうちでメイクするときは、ブラシがきれいにのせられていいんですよ。

ぜひ一本ご用意することをおすすめします」

 

 

そう!そうなんですよ!

ブラシって持っていると本当に便利ですよ。

メイクの失敗がなくなります。

(ちなみ上の写真は先端が斜めのブリリアージュのファンデーション用ブラシ。

職人さんが一本ずつ手作りしているそうで、使用感がすばらしい)

 

ファンデーション用

チーク用

アイシャドウ用

眉用

などなど。

ギリコも30代半ばくらいから徐々に揃え始めました。

 

 

ファンデーションをブラシにチョンチョンと2回つけて額を撫でます、

次にまたチョンチョンと2回つけて頬を。

次にまたチョンチョンと2回つけてアゴや口の周りに。

〝チョンチョンと2回〟でくっつくファンデーションの量は、本当に本当に少ないのですが「それで十分」なのだそう。

 

「仕上げにそのままブラシで肌を磨くように撫でていきます。

(スルスルとモデルの顔をブラシで撫でてみせる松本先生)

 

すると……

 

★すると何が起きるのか? 気になる続きは次ページに!

すると…

ツヤがでてくるんです

 

 

おー!

確かに!

 

モデルさんの肌がみるみる変わっていきます。

ツヤがでてきて、健康的で華やかなお肌に!

仕上げのお粉(いわゆるフェイスパウダー)がなくてもパール感がでるのです!

最後にコンシーラー。

今回は筆ペン型のコンシーラーを使用。

小鼻の際1センチにコンシーラーをのせてのばすとほうれい線が目立たなくなるテクなど、もう書ききれないくらい役立つテクが紹介されました。

 

 

デモンストレーションの一部始終を真剣に見学するみなさん。

ゴクッ

目の前で実際に起きた変化に思わず生唾をのむ音がきこえそうです。

 

肌ができあがったらチーク。

「小鼻と黒目の外側を結んだ線のところで、頬の一番高い位置の指一本上にのせます」

「低いところにのせてしまうと顔の重心が下にいき、しもぶくれに見えてしまいますので注意を」

 

 

そのあと眉とアイメイクへ。

「眉を描くときは一度に長いラインを描くのではなく、小さく小さく小刻みにブラシを動かし既存の眉に眉毛を描き足すような感じで。

スーッと一度に長いラインを描くと失敗します

 

 

「写真を撮られるときはアイライナーはちょっと強めにひいておくといいです。

アイシャドウは……」

 

ひえ~。

すでにかなり長くなっているこの原稿、もう書ききれません、ごめんなさい。

ここまで読んでいただければおわかりのとおり、本当に盛りだくさんの内容なのです。

 

デモの後はいよいよ実践タイム。

途中わからないことがあっても大丈夫!

ふたりの先生どちらかがすぐにきて教えてくれます。

 

一通り自分でやってみた後、最後は先生たちがチェックし仕上げを。

「わぁ、この眉、いいかも」

 

「アイシャドウ、記録しておこう」

など、みなさんポイントポイントで自撮り。

 

確かにスマホで写真に撮り記録しておけば、ご自宅で復習するときやりやすいですよね。

 

ちなみにモデルさん(37歳)のビフォーアフターをお見せします。

 

★いよいよビフォー、アフターの公開! 気になる続きは次ページに

↓ビフォー

↓アフター①

↓アフター②

ス・テ・キ!!

 

本日第2部では参加者のみなさんも上の写真と同じシチュエーションでポートレイトを撮影してもらえるのです。

撮影をしてくれるのは写真家本多佳子さん。

君島十和子さんの本「十和子道」の撮影も担当した方です。

最初は緊張気味だった方も徐々にリラックス。

 

 

撮ってもらった内容をその場で確認する際は

「わ~♪ なんか照れます…」

「うれしい、こんなに綺麗にちゃんと撮ってもらったのは初めてです」

と喜んでいただけました。

 

一緒に数時間を過ごすうち、仲良くなった参加者のみなさん。

連絡先を交換したり、みんなで記念撮影をしたり……。

みんなでわきあいあい、これもOurAgeセミナーのよさのひとつです。

 

参加者のみなさんからは

「下地をたくさん使う方法に最初びっくりしましたが、本当にツヤのあるつるんとした仕上がりになりました」

「メイクをちゃんと習ったことがなかったので今日は勉強になりました」

などの声が寄せられました。

 

発売開始数時間で完売してしまったこのセミナー。

参加できずがっかりなさった方もたくさんいらっしゃったことと思いますが、今回の会場「嶋田ちあきメイクアップアカデミー」と同じ建物内にあるメイクサロン「ブリリアージュ マキエ」では一般の方にメイクアップをしてくれるんです。

 

料金はフルメイクでなんと4000円(税別)。

かなりリーズナブルですよね!

今回セミナーで講師を務めてくださった錠者良子さん(右)、松本真由子さん(左)もこの「ブリリアージュ マキエ」の専属アーティストです。

メイクをしてもらいながら日ごろのメイク悩みを相談したり、コスメの使い方を教わったりもできます。

特に眉は一度プロにメイクしてもらうと本当に勉強になりますよ。

「お待ちしています!」

 

OurAgeでは、毎月さまざまなテーマでセミナーを開催しています。

会場にはギリコもいつもいます♪

ぜひご参加くださいね。

※ただいま全てのセミナー(2018年4月開催分まで)が満席となっています。ごめんなさい。

2018年5月以降開催のセミナーは2018年3月1日から一般販売開始です。

 

一度満席となったセミナーもキャンセルが出次第、募集を再開することもあります。

なのでぜひこまめにセミナー募集告知コーナーをのぞいていただけるとうれしいです。

早々に売り切れることもありますのでご興味のあるものは、ぜひお早目にお申込みくださいね。

OurAge会員になっていただくと、セミナーチケットの先行発売の特典があります。

人気のセミナーは先行発売の段階で完売してしまいます。

会員登録は無料ですので、この機会にぜひご登録を!

●会員登録は下記からできます!↓

https://ourage.jp/registration/

http://ourage.jp/about/

撮影/本多佳子

<前の記事

<前の記事
第54回/豆電球をつけて眠ると太る!など有益情報満載の「快眠術セミナー」が開催されました…

次の記事>

次の記事>
第56回/もう写真で損しない!「モデルに習う写真に美しく写るテク&ポートレイト撮影セミナー」が開催されました…

この連載の最新記事

痩せたいならまず○○骨を動かすべし!13号→9号になった講師の言葉に参加者、興奮。「痩せる姿勢と歩き方セミナー」が開催されました

第78回/痩せたいならまず○○骨を動かすべし!13号→9号になった講師の言葉に参加者、興奮。「痩せる姿勢と歩き方セミナー」が開催されました

○○○色のファンデーションは肌をくすませる。だからアラフィフの肌には○色がベター!「美人メイク基本塾」が開催されました

第77回/○○○色のファンデーションは肌をくすませる。だからアラフィフの肌には○色がベター!「美人メイク基本塾」が開催されました

片づけのポイントは〝だわへし〟と〝しあわせ〟!「毎日を笑顔にする片づけセミナー」が開催されました。

第76回/片づけのポイントは〝だわへし〟と〝しあわせ〟!「毎日を笑顔にする片づけセミナー」が開催されました。

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル