松坂桃李さんが「濡れ場」で表現したかったこと(インタビュー/前編)


ここ1、2年の作品だけでも、29歳で童貞の小学校教師から、朝ドラヒロインの夫、パディントンベア(日本語吹替版の声)に殺人鬼……と、演じる役柄の振り幅が広すぎる俳優・松坂桃李さん。

4月6日に公開されるR-18指定の映画『娼年』(しょうねん)では、全身をさらして、さらに新しい世界の扉を開けた。

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/AZUMA(M-rep by MONDO-artist) スタイリスト/伊藤省吾(sitor) 取材・文/岡本麻佑

 

松坂桃李さん

Profile

まつざか・とおり●1988年10月17日生まれ、神奈川県出身。2009年に『侍戦隊シンケンジャー』でデビュー。以来、映画、ドラマ、舞台、CMなど多方面で活躍中。2016年の舞台に続き、4月6日公開の映画『娼年』ではセンセーショナルな“娼夫”役を体当たりで演じている。役所広司とタッグを組んだ映画『孤狼の血』は5月12日公開、6月29日~7月29日には愛知・兵庫・東京にて主演舞台『マクガワン・トリロジー』が控えている。

 

この作品と出逢えて、ラッキーでした!

松坂桃李が、話題作に主演している。映画のタイトルは『娼年』。原作は2001年に石田衣良氏が発表した小説で、発表直後から映画化が待望されていたものの、内容が過激なことから、なかなか実現しなかったという。

 

「この作品に出逢えたこと、すごくラッキーだと思っています」

インタビューでまず彼は、そう話し始めた。

 

「今まで何度も映像化の企画が持ち上がったのに、結局、実現しなかった。だから今回、このタイミングで僕にまわってきたのは、ラッキーだと思います。もちろんラブシーンが多いのは知っていましたけど、お話をいただいたとき、僕に躊躇はまったくありませんでした。2年前にまず舞台をやり、その舞台が終わった時点で、今度は映画にしようと、動き出したんです」

 

松坂が演じるリョウという青年は女性専用コールクラブに所属し、依頼に応じて女性の相手を務めるのが仕事だ。”女なんてつまらない””SEXなんてくだらない”と口にしていた冷めた青年が、SEXを生業とすることで女性の抱える悩みを知り、女性が秘める闇に迷い込み、女性の欲望に奉仕することで、自らもまた、解放されていく。ひとりの青年の、成長を描く物語でもある。官能的な映像が続くが、生々しさはない。

 

「そこは監督も気を付けたみたいです。女性に見て欲しいので、過剰になりすぎないように。どこかフランス映画のような、そんな仕上がりになっていると思います」

 

撮影は昨年の夏、約1ヶ月かけて行われた。本作は全部で119分、ほとんどのシーンに彼は登場する。その撮影現場は、かなり過酷なものだったらしい。

 

「かなり、追い詰められました。僕が今までやってきた作品とはまったく毛色も違いますし、女性とのシーンでは、言葉ではなく身体や仕草でコミュニケーションを取り、それを表現しなければならない。しかも僕、自分のテンションを下げたくなかったので、自宅に戻らず、連日渋谷にあるビジネスホテルに泊まっていたんです。自宅に戻ると、そこにはマンガがありDVDがありゲームがあって、素の自分に戻ってしまうから。スイッチオフにしてしまうのが怖かったんです。微妙なオンのまま部屋に戻り、オンのまま風呂に入り、明日の撮影のことを考えながらベッドに入る、という毎日でした。お酒は一滴も飲んでいません。正直、思いましたよ、なにか事件が起こって、撮影が中止になればいい。インフルエンザにかからないかなって (笑)」

シェア ツイート LINEで送る

OurAgeをもっと楽しみませんか?

OurAgeはウェブサイトだけでなく、メールマガジンやfacebook、Twitterでも「とっておき」情報をお届けしています。
ぜひチェックしてください!

OurAge メルマガ会員

会員だけのお得な情報もお届けします!

登録はこちら(無料)
twitter
MyAge / OurAge
  • コメント

    コメントを投稿する

    コメントを投稿する

    post date*

    ニックネーム
    コメント
    To Top