OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

https://ourage.jp/column/topics/134821/

松坂桃李さんは女性をよ~く知っている?(インタビュー/後編)

4月6日に公開される映画『娼年』(しょうねん)では、SEXで女性の心に触れ、自らも成長していく”娼夫”を演じきった松坂さん。自身の女性観は変わったのでしょうか?

(「濡れ場」の表現と苦労を語った、インタビュー前編はコチラ

 

撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/AZUMA(M-rep by MONDO-artist) スタイリスト/伊藤省吾(sitor) 取材・文/岡本麻佑

 

松坂桃李さん

Profile

まつざか・とおり●1988年10月17日生まれ、神奈川県出身。2009年に『侍戦隊シンケンジャー』でデビュー。以来、映画、ドラマ、舞台、CMなど多方面で活躍中。2016年の舞台に続き、4月6日公開の映画『娼年』ではセンセーショナルな“娼夫”役を体当たりで演じている。役所広司とタッグを組んだ映画『孤狼の血』は5月12日公開、6月29日~7月29日には愛知・兵庫・東京にて主演舞台『マクガワン・トリロジー』が控えている。

 

29歳の男の色気

今年10月に誕生日を迎えると、松坂桃李は30代に突入する。20歳でモデルデビュー、翌年俳優として活動を開始して以来10年、次から次へと作品に恵まれ、走り抜けてきた。デビュー当時はひたすらイケメン、清潔感のある青年の顔だったが、近頃は大人の男の苦みや甘さが、加わってきた。

 

「20代は俳優という仕事、芸能界という世界、そのイロハを教えてもらった10年間でした。この仕事はずっと続けて行きたいので、30代はそれをベースに、次にできることを探して行こうと思っています」

 

プライベートでは同年代の俳優、岡田将生や柳楽優弥と仲が良い。友だちは少ないと公言しているけれど、このふたりとは一緒に旅行したりもするようで。

 

「彼らとは、体温が同じ、という気がします。ほどよく冷たいというか、ほどよくいい加減なんですよ(笑)。だから互いに気を遣わずにすむし、万事、さじ加減が一緒というか」

結婚適齢期でもあるけれど。

 

「結婚したいな、とは思いますけど。全然、です。いくつくらいがいいんでしょうね? たぶん、30代とかじゃないでしょうか。岡田将生よりは、先にするんじゃないかな(笑)」

 

松坂自身は、女性をどう見ているのだろう? 『娼年』で松坂が演じたリョウは、さまざまな女性と向き合い、それぞれの抱える闇を覗き込み、その欲望を目の当たりにする。撮影後、女性を見る目は、変わらなかった?

 

「いえ、強いていえば再確認、でしょうか(笑)。僕には姉と妹がいて、女性のふだんの顔、リラックスしているときの状態を、20年くらい目の当たりにしながら育ってきたんです。ですから女性にはいろいろな顔があり、多面性を持っていると、実体験から知っている(笑)。嘘がうまくなったり我慢強くなったり、経験を重ねればいろいろ変化もあるでしょうけれど、女性の芯には純な少女が存在することも知っています。と、それが僕の観察結果なんですけど(笑)」

 

女性の表も裏も、実はよーく、わかっているみたいだ。

 

だから、だろうか。彼にはどこか、女性を安心させる何かがある。何を言ってもウンウンとうなづいてくれそうな、ついつい秘密を打ち明けても、ふわっと受け止めてくれそうな。本当の男らしさとは、こういうものかもしれない。

それにしても。ついこの間までNHKの朝ドラで、ヒロインの夫を演じていたはず。その前は人気ドラマ『ゆとりですがなにか』で、童貞が捨てられない小学校教師を演じていた。その他にも映画やドラマで殺人鬼やら知能犯やら熱血青年将校やら、そして今回は娼夫だ。20代の俳優で、こんなに極端な役に次々と挑戦し、演じきってしまう人は、他にいない。

 

「それは、僕自身が20代半ばで決めたことなんです。いろんな作品で、いろんな色の役に挑戦していきたい。自分にとって貴重な経験になると思いますし、次々と違う扉を開けることで、また違う道につながっていくのかもしれない。もちろん僕にも得意不得意があるし、それはやってみないとわからない、ですよね。でもだからこそ、やってみる価値がある。仮に万が一、失敗したとしても、次に活かせる何かが残るはずだし。やることに損はないって、僕は思っているんです。でも・・・・、濡れ場はもう、当分いいかな(笑)」

 

いつもそれまでのイメージを裏切って、新しい役に挑戦していく。そしてどんな役を演じても、期待を裏切ることがない。松坂桃李は、そういう俳優だ。

 

最後に聞いてみた。男の色気って、なんだと思います?

 

「うーん。なんでしょうね。優しさからくる強さ、じゃないでしょうか。強い人はみんな、優しいから。そこからくる色気、じゃないかな。いつか身につけたいと思います(笑)」

 

 

『娼年』

虚ろな日々を送る大学生・森中領(もりなかりょう/松坂桃李)は、女性専用コールクラブのオーナー・御堂静香(みどうしずか/真飛聖)の導きで、”娼夫”の仕事にのめり込んでいく……。

4月6日(金)より、TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー

配給:ファントム・フィルム

(c)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

監督・脚本:三浦大輔

公式サイト:http://shonen-movie.com/

 

原作の『娼年』は、人気シリーズに!

『娼年』(しょうねん) 2001年の発表以来、版を重ねるベストセラー。石田衣良さん初の直木賞候補作。(集英社文庫 400円+税)

『逝年』(せいねん) リョウが娼夫になって1年。御堂静香はエイズを発症し……。2008年発行。(集英社文庫 430円+税)

『爽年』(そうねん) シリーズ最終章。7年の時を経て、リョウが下した決断とは?(集英社 1400円+税 /2018年4月5日発売)

 

【著者略歴】
いしだ・いら●1960年生まれ、東京都出身。成蹊大学卒業後、コピーライターなどを経て1997年『池袋ウエストゲートパーク』でオール読物推理小説新人賞を受賞し、作家デビュー。2001年『娼年』、2002年『骨音』が連続して直木賞候補作となり、2003年『4TEEN フォーティーン』で第129回直木賞を受賞。『眠れぬ真珠』『北斗 ある殺人者の回心』『愛がいない部屋』など著書多数。公式HP http://ishidaira.com/

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル