OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

OurAge

全力応援! 40〜50代の美とからだ

”若き三大テノール”、 イル・ヴォーロが日本に降臨!

10周年記念のコンサートツアーは日本からスタート! イル・ヴォーロの生歌声に震えた!

 

 

取材当日は、ラジオ出演のほかはオフだったので、リラックスした表情で話も弾んだ

 

世界中の女性たちを夢中にさせる彼らのチャームには定評がある。南米ではアイドルスターとしても大人気で、彼らに恋する女性たちがステージに向かって色とりどりのプレゼント(時にはブラまで!)を投げるシーンもお約束なのだとか!

 

5月13日に始まった日本ツアーの観客は、女性に限らず彩りゆたか。10代、20代の若者たちからイル・ヴォーロのおじいちゃんおばあちゃん世代まで、幅広い層の観客と3人が一体になり、会場が温かい空気に包まれる。会場は東京文化会館大ホールをはじめとするクラシックの名ホールばかりだけど、オペラの名アリアから、軽快なイタリア民謡には手拍子も響き、ドラマティックなポップスも堪能、曲の合間ごとに拍手と『ブラボー!』の喝采が湧き起こる。イル・ヴォーロも客席に向って手を振り、時には投げキッスをサービス、そしてMCには笑いが絶えない。マイエイジ世代には、ちょうど息子くらいの年頃の彼らだけど、ダイナミックな歌声や見せ場を心得た佇まいには、大人の色気もたっぷり! ハートがドキドキして、血中のロマンチック濃度が高まっちゃいそう。

 

ジャンルカ 日本に来て印象的だったのが、お客様のマナーがすばらしく良いこと。僕たちの音楽を静かにとても注意深く、熱心に聴いてくださる姿に感動します! 南米やヨーロッパの観客も、日本のみなさんと一緒だとよいのですが(笑)。客席のみなさんともっと言葉を交わせるように、次回の来日までに日本語をマスターしてくるので、楽しみに待っていてくださいね。

 

イニャツィオ 日本でコンサートできることを、うれしく思います。アリガトウゴザイマス! 今回は大阪でも公演をやるので、楽しみです。コンサートに来てくださるみなさん、「オオキニ!」会場でお会いしましょう!(大阪に行ったら”おおきに”と言いたいと、イニャツィオは繰り返し練習をしていた)

 

ピエロ 僕は、ステージに立つ時、「自分自身の感動を伝える」ことを大事にしています。だって、僕自身が感動していなかったら、曲のメッセージをお客様に届けることなんて、できないでしょう?! そしてぜひ、歌を聴きながら、僕ら3人と恋をしているような気分に浸っていただきたい……だって、僕たちはイタリア人ですから(笑)。いつも、「愛よ届け!」と願いながら、歌っています。

 

3人 「♪ アモ~~~~レ!!!!」

ラジオの収録中も、興が乗ると声を合わせて歌いだす3人。歌うこと、声を出すことが楽しくてたまらない様子

 

2016年にはフィレンツェで盛大に、『イル・ヴォーロ with プラシド・ドミンゴ 魅惑のライブ~3大テノールに捧ぐ』という屋外コンサートが行われた。その模様が、映画になり、日本でも7月19日から公開される。今回のツアーに足を運べなかった人も、映画館で彼らの美しい歌声を堪能できる。どんな映画なのかしら?

 

ジャンルカ コンサートが行われたのはフィレンツェのサンタ・クローチェ広場。ライトアップされた幻想的な広場で、僕たちと夏の夜のひと時を過ごす……。そんなロマンチックな時間を楽しんでもらえると思います。劇場で観ていただけたらうれしいな!

今日の人気記事ランキング

OurAgeスペシャル