HAPPY PLUS
https://ourage.jp/doctor_blog/173839/

女性ホルモンが減ると視床下部が疲弊する!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

根来秀行 さん

根来秀行 さん

医師、医学博士。1967年、東京都生まれ。この連載から生まれた『ハーバード&ソルボンヌ大学 Dr.根来の特別授業 病まないための細胞呼吸レッスン』『ハーバード&パリ大学 根来教授の特別授業 「毛細血管」は増やすが勝ち!』(いずれも集英社)が好評発売中。ハーバード大学医学部&ソルボンヌ大学医学部客員教授のほか、奈良県立医科大学、信州大学特任教授、高野山大学など、複数の大学の客員教授・教授を兼任。専門は内科学、腎臓病学、抗加齢医学、睡眠医学など多岐にわたり、世界の最先端で臨床・研究・医学教育にあたる。

Hideyuki Negoro MD and PhD

Professor of Medicine, Director, Visiting Professor

Harvard Medical School
University of Paris
The Graduate School of Project Design
University of Tokyo
記事一覧を見る

いし こんにちは。極力頭を使いたくないぐうたらライターいしまるこです。前回、根来教授のレクチャーを受けて、締め切りが近づいてもお尻に火がつかないのは視床下部の指令系統に問題アリかと疑っている今日この頃です。

 

Dr.negoro_

 

 

いし てことで根来教授web連載の新企画「脳年齢を若返らせる!視床下部編」の2回目はアワエイジ世代の視床下部について伺っていきますよ。

 

 

根来 こんにちは、根来秀行です。女性は40代以降、女性ホルモンがじりじりと減っていきますが、視床下部もその影響をしっかり受けます。
まずは、視床下部とホルモンの関係についてご説明しましょう。

 

 

いし 視床下部はホルモンのコントロールタワーなんですよね。

 

 

根来 はい。視床下部には体のどの部分がどんなホルモンを必要としているかの情報が集まってきます。その情報をもとに、下垂体にホルモン分泌の司令を出すホルモンを出します。司令を受けた下垂体は全身の内分泌器官にホルモンを出すように促すホルモンを出します。

 

 

いし ホルモン同士の伝言ゲームみたい。情報を伝える場所を間違うことはないんですか?

 

 

根来 受け取る側の各内分泌器官には、伝達に来たホルモンだけを認識する受け皿(受容体)があるから、不要な場所で働くことは基本的にありませんし、微量でもしっかり情報を伝達できます。ホルモンの量が過剰になると、その情報が各器官から下垂体、視床下部へとフィードバックされ、分泌が抑制されます。だから、ホルモン剤をとり続けると本来の分泌が抑制されるんです。

 

 

いし 根来教授がホルモン補充療法に慎重な立場をとっていらっしゃる理由のひとつもそこにあるんですね。

 

 

根来 はい、そうです。ホルモンを運ぶのはおなじみ毛細血管の役目ですが、その道のりを交通整理しているのが、視床下部に中枢がある自律神経です。

 

いし ホルモン、自律神経、毛細血管の三点盛り!繰り返しレクチャーしてきた三大要素も、全部視床下部の支配下にあるんですね。

 

 

根来 その通り。視床下部自体の老化についてはまだよくわかっていませんが、加齢と共に機能低下が免れないのは自明の理。40代以降はホルモン分泌が低下しますし、自律神経のトータルパワーが落ちていくのも、毛細血管が減っていくのも、視床下部自体の老化が一因かもしれません。

 

 

いし オゥ、ノウ〜。

Dr.negoro_ill

 

 

根来 ただフィードバック機構を利用して、ホルモンや自律神経を整えることで、視床下部を安定させることはできるはずです。

 

 

いし でも、アワエイジ世代は女性ホルモンのエストロゲンが急減して、自律神経も乱れがちですよ。更年期女性の視床下部にかかる負荷は、けっこう大きいんじゃないですか?

 

 

根来 そうです。というのも視床下部は進化的に古くからある脳で、不安や怒りといった原始的な情動の中枢でもあり、ストレスに敏感なんですよ。

 

実際、ストレスを受けると視床下部が反応して、下垂体と副腎からのストレス系ホルモン分泌が促進され、心拍数の増加、血圧の上昇、食欲の低下などが生じます。

 

 

いし ストレスを受けて、パニクったり、テンパったりするのは、視床下部による脳の原始的な反応だったんですね。

 

 

根来 ですね。過度なストレスは、視床下部を疲弊させ、機能低下につながるのでストレスケアが肝腎です。

 

 

いし 心します!

 

 

根来 それではみなさん、今日も素敵な1日を!

 

 

Dr.negoro_photo

 

 

(次回のテーマは「脳細胞の陰の主役『グリア細胞』とは?」です。お楽しみに!)

 

取材・文/石丸久美子 撮影/森山竜男 イラスト/浅生ハルミン

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第91回/視床下部が老化速度を左右する!?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

次の記事>

次の記事>
第93回/脳細胞の陰の主役「グリア細胞」とは?/Dr.根来の体内向上プロジェクト

この連載の最新記事

瞑想を始めるなら「ひとり、風、火」が整うソロキャンプから!? 瞑想を成功させる環境・呼吸法・やり方は?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する!」

第164回/瞑想を始めるなら「ひとり、風、火」が整うソロキャンプから!? 瞑想を成功させる環境・呼吸法・やり方は?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する!」

「瞑想」によって脳の過活動を抑えられれば、免疫力が上がり慢性疲労や更年期症状も改善する!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

第163回/「瞑想」によって脳の過活動を抑えられれば、免疫力が上がり慢性疲労や更年期症状も改善する!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

「瞑想」でストレス軽減、長寿遺伝子が活性化して寿命も延ばせる!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

第162回/「瞑想」でストレス軽減、長寿遺伝子が活性化して寿命も延ばせる!?/根来秀行教授×高野山大学・松長潤慶副学長「密教の瞑想を医学する」

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル