HAPPY PLUS
https://ourage.jp/food/more/353061/

卵の黄色パワーで、食卓を明るく春らしく♪

杉本佳子

杉本佳子

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
1988年よりニューヨーク在住。1989年よりファッションジャーナリストとしてファッション、ファッションビジネス、小売りビジネスについて執筆。2013年より美容食研究家としても活動し始め、ブログ「YOSHIKOlicious Beauty」とインスタグラムを通じて、美肌効果の高い食材をなるべく使い、美味しくて見た目がお洒落な料理紹介している。見た目がきれいだと気分が上がり、食べて美味しいので嬉しくなり、美容と健康にいいのでさらにハッピーになる「3回ハッピーになる料理」がモットー。ファーマーズマーケットなどで買う生命力のあるオーガニックの食材をなるべく使う。食材の意外な組み合わせでも定評がある。

連載「負けない、メゲない。60代「NYでパートナー探し」の道」の関連トピックに特化した発信をThreadsでやっています。興味をもっていただける方は、是非フォローしてくださいね!

OurAgeインタビュー「1年半で11kgの減量に成功したビューティメソッドを考案」はこちら

記事一覧を見る

「完全栄養食品」ともいわれる卵。楽しくおしゃれな3レシピ

 

春といえば、イースターと繋がりの深い卵が、季節の食材の1つとして浮かびます。今年のイースターは3月31日とギリギリ3月でしたが、卵の黄身のきれいな黄色は、食卓を明るく春らしくしてくれます。

 

卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養成分をすべて含むことから、「完全栄養食品」とも呼ばれるほど、栄養価が高いです。特に卵黄は、コラーゲンを生成するのに必要な栄養素のひとつである鉄と、皮膚と粘膜を健康に保つビタミンAが豊富!免疫力を高め、カルシウムの吸収を手助けするビタミンD、そしてたんぱく質も多く含みます。コレステロールに気をつけながら、うまく食生活に取り入れたいですね!

 

私は、卵はなるべくファーマーズマーケットで買っています。スーパーマーケットで買う卵と比べると黄身の色がだいぶ濃く、味もおいしくて、「やっぱり違う!」と思います。それに、家に帰ってきて卵のケースを開けると、時々鶏の羽根が入っていることがあるんですよ!スーパーマーケットの卵では、絶対にないことです!羽根が入っていると、なんだか宝くじに当たったような得した気分になって、思わずニコニコしてしまいます。

ファーマーズマーケットの卵やさん

卵

 

そこで、卵を使った簡単でおしゃれな3つのアペタイザーをご紹介します。

イエローパプリカのココット風

 

代表的な卵料理の1つに、ココットがあります。耐熱の器に入れるのが普通ですが、パプリカを縦半分に切って種とわたを取り出したものを、器の代わりに使うのも楽しいです。

イエローパプリカのココット風 

具は小さく切ったトマト、クレソン、チョリソを使いました。卵を溶いた中に加え、塩胡椒も入れて混ぜます。それをパプリカに流し込み、上にオリーブオイルをスプレーしました。摂氏180度で18分焼き、その後200度に上げて3分。少し焦げめをつけた方が美味しそうにみえると思います。熱々をどうぞ!

イエローパプリカのココット風

クレソンの代わりにほうれん草、チョリソの代わりにハムや普通のソーセージも、もちろん合います。パプリカも、ここでは黄色を使いましたが、赤やオレンジでもいいと思います。

卵とキュウリのライトタルタルソース

 

以前、ワインのお供が急遽必要!となったとき、ちょうどゆで卵1つ、キュウリとアスパラガスが少しずつ冷蔵庫にあったので、思いつきで作りました。パパっと作れて、見た目きれいでおいしかったので、その後も時々つくっています。

卵とキュウリのライトタルタルソース

ゆで卵とキュウリはそれぞれ粗みじん切りにして、ボウルに入れます。そこにマヨネーズを少し、カレー粉と塩胡椒を各少々入れて混ぜます。マヨネーズを多めに入れるとタルタルソースっぽくなりますが、ここでは少なめ、ヘルシーに仕上げています。マヨネーズ、カレー粉、塩こしょうの量はお好みで調整してくださいね。

 

さっとゆでて食べやすい長さに斜め切りにしたアスパラガスを並べ、その上に卵とキュウリのソースをのせました。黄色とグリーンのコントラストがきれいで、気分が上がります!

 

ホワイトアンチョビと卵のクロスティーニ風

 

こちらは以前、私の食事会用につくったものです。クロスティーニはスライスしたパンの上に具をのせるフィンガーフードですが、パンの代わりにポテトを使いました。もちろんパンもいいのですが、この組み合わせもなかなかおいしいので、よかったらお試しください。

杉本さん連載_ホワイトアンチョビと卵のクロスティーニ風

 

じゃがいもは、こちらでユーカンゴールドと呼ばれている品種を使いました。日本のメークインに近いようです。よく洗って芽や目立つ汚れがあればとり除き、皮はむかずにスライスして水にさらします。水気をふき、塩胡椒し、オリーブオイルをうすくひいたフライパンに並べ、中心まで柔らかくなるまで弱めの中火で焼きます。

 

焼けたら皿に並べ、スライサーでスライスした卵をのせ、さらにその上にホワイトアンチョビをのせ、最後に刻んだパセリをのせました。普通のアンチョビは塩からいですが、ホワイトアンチョビはオリーブオイルと酢に漬けられていて、全然塩からくありません。適度な酸味があって、そのままで食べやすいです。手に入る機会があったら、是非お試しください。

 

ホワイトアンチョビが手に入らない場合は、スモークサーモンや生ハムを適当な大きさに切ったものが代用可能かと思いますが、黄身の黄色が見えるようにのせていただくのがきれいに仕上げるコツだと思います。

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第82回/ビタミンCなど高い栄養価に注目。かぶの葉をパスタやサラダに!おいしく食べる簡単レ…

次の記事>

次の記事>
第84回/季節を味わうホワイトアスパラガスのおもてなしレシピ! ゆで汁は絶対捨てないで!

この連載の最新記事

季節を味わうホワイトアスパラガスのおもてなしレシピ! ゆで汁は絶対捨てないで!

第84回/季節を味わうホワイトアスパラガスのおもてなしレシピ! ゆで汁は絶対捨てないで!

卵の黄色パワーで、食卓を明るく春らしく♪

第83回/卵の黄色パワーで、食卓を明るく春らしく♪

ビタミンCなど高い栄養価に注目。かぶの葉をパスタやサラダに!おいしく食べる簡単レシピ3選

第82回/ビタミンCなど高い栄養価に注目。かぶの葉をパスタやサラダに!おいしく食べる簡単レシピ3選

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル