HAPPY PLUS
https://ourage.jp/healthy_gohan/56063/

ダシがわりに使える、うまみたっぷりの豆乳の話

庄司いずみ

庄司いずみ

野菜料理家
100%植物性のみのレシピを紹介するブログ

『izumimirunの「vege dining 野菜のごはん」』で人気をあつめ、ブログを本にした初のレシピ本は7万部をこえるヒットに。

その後、『デトックス・ベジ』シリーズ(主婦の友社)が累計21万部を突破。

主宰する東京・代々木上原の「庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ」では野菜料理やベジタリアン料理のクラスを開催。

『野菜食べ順ダイエット』、『料理がとびきりの味に プレミアム豆乳マジック!』(共に集英社)、好評発売中!

記事一覧を見る

ダシがわりに使える、うまみたっぷりの豆乳の話

 

こんにちは! 野菜料理家の庄司いずみです。

前回は、特別な製法で作られたプレミアム豆乳のうち、生クリームのように濃厚な豆乳のことをご紹介しましたが、今回はもう一つのプレミアム豆乳をご紹介しましょう。

USS製法という新しい技術で作るプレミアム豆乳は、豆乳を二つに分離。一方は前回ご紹介した濃久里夢。こちらは生クリームのように濃厚な豆乳。

そしてもう一方は、低脂肪でさらさらの美味投入という豆乳です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は後者、美味豆乳が主役。

こちらの豆乳は低脂肪、低カロリーでありながらうまみがギューッと詰まっています。

もちろん普通の豆乳同様そのまま飲んだり、スムージーなどに使うのもいいのですが、私のおすすめはそのうまみを生かし、ダシがわりに使うこと!

昆布だしや鰹だしと同じような扱いで、煮炊きに使うのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一番簡単なのは、汁もののだし汁として使うこと。

塩でシンプルに味をつけた洋風の豆乳スープもおいしいのですが、まずは毎日食卓にのぼるみそ汁のベースに使ってみてください。

使い方は簡単。だし汁がわりに好みの具材を入れて火を通し、いつも通りに好みのみそを溶き入れるだけ。

おなじみの豆腐とわかめの味噌汁でもいいし、写真のブロッコリーのみそ汁のように、グリーンの野菜をサッと煮て作った美味投入の味噌汁は、緑と白で目にも鮮やかです。

 

 

味噌ではなく、しょうゆ味の汁ものにも合いますよ。

根菜色々と豆腐を美味投入で煮込み、しょうゆで味をつけた豆乳けんちんなんて最高のおいしさです。

「美味投入以外で作るには?」とよく尋ねられ、「昆布だしと普通の豆乳を半々に割って使うと割と近いかも」とお答えしますが、正直言うと……。

美味投入だけで煮た汁もののおいしさを知ってしまうと、このやり方ではうまみが足りないように感じます。それくらいおいしい。

うまみがとっても多いから、みそにしてもしょうゆにしても、味つけが最小限でいいのも素敵。

結果的に減塩にもつながります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中華料理のクリーム煮風の料理も、この豆乳があれば簡単。

一品足りないときに、私がよく作るのがきのこの豆乳煮。

好みのきのこをしょうがなどと一緒に炒めて美味投入でサッと煮、しょうゆなどで味をつけます。これを水溶き片栗粉でとろみをつければ出来上がり。

青梗菜やほうれん草のクリーム煮風も、同じように作れます。

鶏ガラやスープのもとなど使わなくてもうまみは十分。ごく簡単なお助けおかずです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、一番のおすすめ料理は実はこれ!

豆乳の浅漬けです。

美味投入1/2カップに対して小さじ1/2ほどの塩を入れてかき混ぜ、溶かします。これが、いわば浅漬けのもと。

ここにきゅうりやかぶ、にんじんなど、好みの野菜を適当に切ってつけ込みます。

やることは以上! このまま冷蔵庫に入れ、一晩漬ければ出来上がり。

これだけなのですが……。これがビックリするほどおいしいのです。

美味投入のうまみのおかげでしょうか。野菜の風味やうまみが閉じ込められ、いつもの塩漬けよりグンと複雑でいい味に。

うまみたっぷりだから、減塩中の方はこれより塩を控えてもいいですよ。

塩を控えた変わりに鷹の爪や薄切りにんにくを入れて風味を補っても。こうするとオイキムチのような味になり、それもおいしい。

 

 

 

1/2カップの美味投入、小さじ1/2の塩のつけ汁なら、200gくらいの野菜がちょうどいい量。きゅうりなら2本、かぶなら2個、にんじんなら小一本くらい。

これくらの量はすぐにパリポリ食べきってしまうくらいおいしいから、せっかく作るならたっぷりめに作ることをおすすめします。

ただそうなると、残ったつけ汁がもったいない。

もちろん捨ててはいけません! つけ汁の材料は、美味投入と塩だけ。そこに野菜のうまみまで溶け出しているのだから、それこそはスープベースに最適です。

このままではしょっぱいので、美味投入や昆布だしで好みの塩加減まで伸ばしたもので、あり合わせのきのこや野菜をサッと煮れば、とびきりおいしい豆乳スープになりますよ。

おいしい豆乳は最後の一滴まで残さずに! 丸ごと味わってくださいね。

 

 

10月5日に発売となった新刊 「料理がとびきりの味に プレミアム豆乳マジック!」 にもたくさんの豆乳レシピを紹介しているので、そちらもぜひぜひチェックなさってくださいね。

※紹介記事は、こちらにあります。

 最終 カハ_ー帯つきPTYcover

庄司いずみ ベジタブル・クッキング・スタジオ

http://shoji-izumi.tokyo/

公式アメブロ

http://ameblo.jp/izumimirun/

Facebook

http://facebook.com/izumimirun

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

「集英社 能登半島地震災害支援募金」のお知らせ

<前の記事

<前の記事
第38回/”ちょい足し”で料理が変わる、これぞ豆乳マジック!

次の記事>

次の記事>
第40回/1、2品塩抜きおかずを添える、プチ塩抜き生活のすすめ

この連載の最新記事

パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

第52回/パーティーや年末年始に! 野菜のおすしはいかがでしょうか

ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

第51回/ベジタリアンのチーズやバター、生クリームたっぷりのお菓子などの話

京都ヴィーガン事情

第50回/京都ヴィーガン事情

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル