HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/145263/

今までの「筋肉の常識」 ウソ?ホント?

なんとなく思い込んでいた筋肉に関する常識…実は都市伝説かも!?

効率のいい筋力アップは正しい知識から!

前回に続き、歌って踊れる体づくりを実践する、荻野目洋子さんのダンスポーズとともにお伝えします。

 

トップス¥8,000/コードナイン(アウラ) パンツ¥35,000/サポートサーフェス 靴¥16,000/カルネ(ビノシュ) ピアス¥72,000¥46,500・バングル¥52,000・指輪¥100,000/CASUCA

 

 

筋肉は何歳になってもつけることができる

筋肉貯金 ホント1

筋肉は体の中で、最も運動効果が現れやすい組織です。筋肉を増やすことは何歳から始めても、正しいフォームで負荷をかけて行えば、若い頃より多少ペースが落ちるものの、必ず結果はついてきます。例えば、80代のボディビルダーなどは若い頃からやっているわけではなく、60~70代で始めた人が多いのです。特に筋肉量を維持するだけなら、週に1回の筋トレでOK。将来のロコモ予防のためにも、ぜひ今から始めてください。

筋肉貯金 荻野目さん2

 

筋トレは毎日しないと意味がない

筋肉貯金 ウソ1

毎日行う必要はありません。運動で筋肉を刺激すると、筋組織の疲労によって、一時的に筋力が低下します。ここで栄養と休息を与えると、筋肉の合成が促されて回復。このタイミングで次のトレーニングを行うと、少しずつ筋力が高まっていきます。回復までに約48~72時間かかるので、2~3日おき、だいたい週2~3回のペースがベスト。筋肉には休息が必要なのです。歩行などの全身運動は筋疲労が少ないので、毎日行ってもOKです。

 

 

筋肉痛にならないと、効いていない

筋肉貯金 ウソ2

筋トレに限らずどんな運動でも、最初のうちは筋肉痛が起こりますが、やがて痛みが出なくなります。筋肉はその動きに慣れていないと、適切なタイミングで働くことができず、負荷に負けてダメージを受けやすいのです。筋肉痛がおさまったのは、正しい動きができてきた証拠。筋肉痛はなくても筋肉はちゃんと発達します。筋肉痛が残っているうちに、次のトレーニングの日を迎えたら、休むか回数を減らして行いましょう。

筋肉貯金 荻野目さん3

筋肉についてのウソorホント、続きは次のページで!

筋肉貯金 荻野目さん4

 

効率よく筋肉をつけるには朝の時間がベスト

筋肉貯金 ウソ3

人は体内時計により、一日の体のリズムを刻んでいます。それによると、朝はまだ体温と筋肉の温度が上がっていない状態。運動は体が温まったときに行うと効率がよくなるので、できれば体内環境が整う午後4~6時の夕方がベスト。その時間以外でも買い物のあと、帰宅後など、少し体を動かしたあとがおすすめです。お風呂上がりは力が入りにくいのでNG。寝る直前は興奮してしまい、睡眠に影響を与える可能性があるので避けましょう。

 

 

運動オンチの人ほど筋肉をつけやすい

筋肉貯金 ホント2

筋力アップには運動神経は関係ありません。むしろ運動が苦手な人のほうが向いています。というのも、運動が得意な人は無意識のうちに、負荷を分散させて合理的に動こうとしてしまいます。一方、今まで運動の経験がない人は、腕や脚を上げる、下げるといった動きを、正しいフォームで忠実に覚えようとするので、筋トレ効果は上がりやすい傾向があります。運動経験者は、正しいフォームで行うことを意識して取り組みましょう!

筋肉貯金 荻野目さん5

 

運動しても寝不足だと効果が出ない

筋肉貯金 ホント3

運動をすると、その場で筋肉が作られるわけではありません。筋肉の大半は寝ている間に作られます。睡眠には、おもに脳を休息させる深いノンレム睡眠と、脳が覚醒し、体を休息させる浅いレム睡眠があります。寝ついて1~3時間でノンレム睡眠が訪れ、このときに大量の成長ホルモンなどが分泌されます。これにより筋肉をはじめ全身の細胞の修復や分裂が行われます。筋肉作りには、十分な睡眠時間と質のよい眠りが不可欠なのです。

筋肉貯金 荻野目さん6

 

次回は「つらくない&時間をかけない」筋トレをご紹介します。

 

 

 

 

撮影/浅井佳代子 ヘア&メイク/福沢京子 スタイリスト/安野ともこ 回答/坂詰真二 取材・原文/山村浩子

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第1回/荻野目洋子さん/歌って踊れる体づくりに、“ながら筋トレ”が不可欠

次の記事>

次の記事>
第3回/教えて、坂詰先生!「つらくない&時間をかけない」筋トレ①2つの簡単で効果絶大なト…

この連載の最新記事

最新の体組成計と活動計で「筋肉貯金」のやる気アップ!

第23回/最新の体組成計と活動計で「筋肉貯金」のやる気アップ!

楽しみながら筋力アップ!進化型トレーニング③EMS+トレーニング

第22回/楽しみながら筋力アップ!進化型トレーニング③EMS+トレーニング

楽しみながら筋力アップ!進化型トレーニング②シェイクボールコア

第21回/楽しみながら筋力アップ!進化型トレーニング②シェイクボールコア

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル