HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/37881/

アレルギー最前線 2.アトピー性皮膚炎もアレルギー反応?

こんにちは、ふみっちーです。

今年の花粉飛散量は、昨年より5割増!(参照;ウェザーニューズ社「2015年の花粉飛散傾向発表」) どうりで「昨年よりツラい……」という人も多いわけだ、と思うふみっちー。OurAgeのミーナ先輩も、ほぼ毎日マスクで防御していますよ。さて「アレルギー最前線」、賢く防御するためには、まず敵の正体を知るべし! 今回はアレルギーが起きる仕組みをちょっとお勉強です。

 

 

アレルギーの起こる仕組みとは?

 

アレルギー症状は、異物に対して皮膚や粘膜が過剰反応するために起こります。そして、ウイルスなどの異物が体に入った際、それを取り除こうとして働くのが「免疫反応」です。

 

「異物を取り除く際には、白血球が異物を攻撃する武器を作ります。すると免疫反応がその武器を駆使して、異物を攻撃してくれるのです。アレルギーの免疫反応も、基本的な仕組みはそれと同じ。ただ攻撃の対象になる異物が、食べ物や花粉といった、本来は有害ではない物質〝アレルゲン〞であることが問題なのです」と、皮膚科専門医の平田雅子先生。
アレルゲンとは、アレルギーを誘発する異物のこと。これは本来なら有害ではない物質で、動物や植物のタンパク質や、化学物質などが挙げられます。

 

 

困ったことに、何がアレルゲンになるのか、そして、いつどんなタイミングでなるのかは人それぞれ。日頃食べ慣れないものを食べたときにアレルギー反応が出ることもあれば、遺伝的に受け継いだ体質の影響で反応が出ることもあります。

 

「花粉などが皮膚や粘膜に接触・侵入すると、体内ではアレルゲンに対抗する武器の〝IgE抗体〞が作られます。
するとアレルゲンが再び皮膚や粘膜に入ってきた際、このIgE抗体がアレルゲンをキャッチ。と同時に、IgE抗体は粘膜の〝肥満細胞〞と合体し、結びつきます。その結果、肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が放出され、かゆみや痛み、腫れといったアレルギーの症状が起こるのです」

アレルぎー図2

イラストで解説。体内に入ったアレルゲンに対抗するため、IgE抗体が作られます。アレルゲンを迎え撃ち、キャッチ!

 

アレルギー図

そのあとIgE抗体は肥満細胞(からだを太らせる細胞、という意味ではなく、膨れたさまが太って見えることからこう呼ばれる)と合体し、と結びつきます。このときにヒスタミンなどが放出され、かゆみや腫れの原因に

 

また、よくアトピー性皮膚炎という言葉も聞きますが、
「アレルギーの中でも、症状が皮膚に出るものを「アトピー性皮膚炎」といいます。「アトピー」という言葉は「とらえどころのない」という意味で、アレルギー性皮膚炎に対して使われます。かぶれやじんましんのような皮膚炎との大きな違いは、起こる原因。かぶれやじんましんは、おもに外からの刺激が原因になります。例えばうるしにかぶれたり、寒い場所でじんましんが出たり。その人の体質とは関係なく、誰にでも起こりうるものです。

 

一方のアトピー性皮膚炎には、本人の体質が大きくかかわっています。もともとのバリア機能が弱いため、他の人なら何でもないアレルゲンにも強く反応してしまうのです。残念ながらアトピー体質が治ることはありませんが、クリームなどでまめに皮膚を保護する、ストレスをためない、必要に応じて薬を使うなど、日頃から気をつけることで症状を抑えることは十分に可能です」

 

 

取材・原文/上田恵子 イラスト/かくたりかこ

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第1回/アレルギー最前線 1.まずは基礎知識。症状はさまざまでも、アレルギーの根は同じ!…

次の記事>

次の記事>
第3回/アレルギー最前線 3.こんな食べ物までアレルギーの原因に!?

この連載の最新記事

アレルギー最前線 5.最近注目の遅発型アレルギーとは?

第5回/アレルギー最前線 5.最近注目の遅発型アレルギーとは?

アレルギー最前線 4.皮膚科医に聞くアレルギー対策Q&A

第4回/アレルギー最前線 4.皮膚科医に聞くアレルギー対策Q&A

アレルギー最前線 3.こんな食べ物までアレルギーの原因に!?

第3回/アレルギー最前線 3.こんな食べ物までアレルギーの原因に!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル