HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/doctor/318027/

巻き爪をサロンで長めのスクエアカットに。10年以上炎症知らずです(大木美佳医師)/素敵女医の爪問題

巻き爪による炎症や痛みのトラブルを抱える人は多いもの。そんな中、たとえ巻き爪でも、サロンで正しいカットを続けることで、10年以上炎症に至らずにすんでいるという大木美佳医師の例をお伝えします。

正しいカットで、巻き爪ながら10年以上トラブルにならず

手指のネイルケアは自分で、巻いている足の爪のケアのみ行きつけのサロンでしているという大木美佳先生。

 

「足の爪は、皮膚より少し長めのスクエアカットにしてもらっています。爪の切り方にこだわっているおかげで、巻き爪ですが10年以上炎症は起こしていません。見た目には角を落とした丸い形のほうがきれいですが、そうすると角の部分が皮膚にくい込んでしまい、その部分がカチカチに硬くなるので避けています。靴にも気を配っていて、基本的にハイヒールや締めつけのきつい靴は履きません」

 

手の爪の甘皮は、爪の健康のために処理をせずに残し、ネイルカラーを塗って仕上げます。
「爪には栄養が大事なので、タンパク質、鉄、ビタミンA、亜鉛などをサプリで補充。二枚爪やささくれ、縦線などは出ていません」

 

●サロンでのケア前・ケア後
<ケア前>

ケア前

「かなり爪が伸びています。これをスクエアにカットします」

 

<ケア後>

ケア後

「きれいになりました。巻き爪ですが、適切なカットにより、トラブルにはなっていません」

 

●爪の角が皮膚にくい込み、硬化

爪の角が皮膚にくい込み、硬化

「いつものネイリストさんとは違う人のケアで、2番目の指の爪の角が皮膚にくい込み、その部分が硬化してしまいました」

 

正しく処置後、皮膚の硬化も解消

「後日、正しく処置をしてもらったので、皮膚の硬化も解消しました」

 

 

大木美佳さん

大木美佳さん
Mika Ohki

56歳 美容皮膚科・美容外科・形成外科
ノエル銀座クリニック

 

 

撮影/素敵女医 取材・原文/上田恵子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第5回/巻き爪を予防する「爪の切り方」と「靴の選び方」とは(塩野谷香医師)

次の記事>

次の記事>
第7回/爪に必要な栄養素は食事やサプリで摂取。愛用中のサプリとケア製品は?(飛田砂緒織医…

この連載の最新記事

手足の爪はジェルネイルを愛用。菌が繁殖して爪が緑色になったときの対策は(小村十樹子医師)/素敵女医の爪問題

第11回/手足の爪はジェルネイルを愛用。菌が繁殖して爪が緑色になったときの対策は(小村十樹子医師)/素敵女医の爪問題

爪に縦線の入る色素線条にはレーザー療法が有効です/坪内利江子皮膚科医師

第10回/爪に縦線の入る色素線条にはレーザー療法が有効です/坪内利江子皮膚科医師

甘皮の処理に要注意!処理していいのはルースキューティクルだけ(日比野佐和子医師)/素敵女医の爪問題

第9回/甘皮の処理に要注意!処理していいのはルースキューティクルだけ(日比野佐和子医師)/素敵女医の爪問題

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル