HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/doctor/320391/

手足の爪はジェルネイルを愛用。菌が繁殖して爪が緑色になったときの対策は(小村十樹子医師)/素敵女医の爪問題

ジェルネイルを続けていて、菌が繁殖して爪が緑になる「グリーンネイル」になってしまったことはありませんか。美容皮膚科医の小村十樹子さんに、実体験と対処方法を聞きました。

ジェルネイル愛用で、数年に一度グリーンネイルになるのが悩み

小村十樹子先生は、身だしなみとして20年前からネイルサロンで手足のネイルケアをしています。

 

「現在はジェルネイルで、色は薄いピンクベージュ。ごく短く切ってもらっています。ただ、ジェルネイルを続けていると、数年に一度はグリーンネイル(菌が繁殖し、爪が緑色に変色する症状)になります。手も足もなりました。治療法としては、ジェルを剝がしてゲンタシン軟膏を塗り、爪が伸びるのを待つしかありません。再発防止のため、ジェルが浮いてくることがあったらすぐにサロンでつけ直しています」

 

また40歳のときに甲状腺機能低下症になり、甲状腺ホルモンを服用しているといいます。

 

「甲状腺のホルモン値が低いと爪が弱くなります。ほかにタンパク質不足にならないよう、プロテインと亜鉛のサプリも飲んでいます」

 

1. ゲンタシン軟膏 2.Bicle(ビクル)

  • 1. グリーンネイル治療に使うゲンタシン軟膏。
  • 2. 「タンパク質不足にならないよう食事に気をつけているほか、プロテインも飲んでいます。今、愛飲しているのは、Bicle(ビクル)。1回当たり約15gのタンパク質が配合されていて、ほかにビタミン、ミネラルなど40種以上の美容成分が含まれています」

 

小村十樹子さん

小村十樹子さん
Tokiko Komura

56歳 美容皮膚科
トキコクリニック

 

 

撮影/新谷真衣 イラスト(アイキャッチ)/ミック・イタヤ 取材・原文/上田恵子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第10回/爪に縦線の入る色素線条にはレーザー療法が有効です/坪内利江子皮膚科医師

この連載の最新記事

手足の爪はジェルネイルを愛用。菌が繁殖して爪が緑色になったときの対策は(小村十樹子医師)/素敵女医の爪問題

第11回/手足の爪はジェルネイルを愛用。菌が繁殖して爪が緑色になったときの対策は(小村十樹子医師)/素敵女医の爪問題

爪に縦線の入る色素線条にはレーザー療法が有効です/坪内利江子皮膚科医師

第10回/爪に縦線の入る色素線条にはレーザー療法が有効です/坪内利江子皮膚科医師

甘皮の処理に要注意!処理していいのはルースキューティクルだけ(日比野佐和子医師)/素敵女医の爪問題

第9回/甘皮の処理に要注意!処理していいのはルースキューティクルだけ(日比野佐和子医師)/素敵女医の爪問題

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル