HAPPY PLUS
https://ourage.jp/karada_genki/health-forefront/355115/

コロナ後遺症に多い心筋炎・心膜炎に要注意!

新型コロナウイルス感染症の後遺症として最近よく耳にする「心筋炎」や「心膜炎」とはどんな病気なのでしょうか? ほかにも「狭心症」や「心筋梗塞」といった心臓の病気について、心臓病のスペシャリストである大島一太先生に伺いました。

コロナ後遺症で心臓疾患が増えている

「多くの感染者を出した新型コロナウイルス感染症。この病気の難しい点は、肺炎だけでなく、回復後にも一部の人に後遺症が残ってしまうことです。自覚的な体調不良がなくても、心血管病のリスクが高まることもわかってきました」(大島一太先生)

 

日本で新型コロナウイルス感染による心臓の後遺症を調査した報告があります。中等症から重症の新型コロナで入院した患者さんのうち、入院中または回復後に、血液検査で潜在的な心筋障害や心不全※が判明した人たちを追跡調査したものです。

 

※心臓は負荷や傷害を受けると、血液中にBNPやトロポニンといった特定の物質を放出します。これらの検査値が高い状態は、たとえ症状がなくても潜在的に心不全や心筋障害があるととらえることができます。

 

調査の結果、退院3カ月後には26%の患者さんが心臓のMRI検査で心筋炎と診断され、42%の患者さんに何らかの心臓の障害がみられました(※)。この数字は想定以上のものなのだそう。

(※)Shingo Kato,et al.Myocardial Injury by COVID-19 Infection Assessed by Cardiovascular Magnetic Resonance Imaging – A Prospective Multicenter Study. Circulation Journal.DOI: 10.1253/circj.CJ-23-0729

 

確かに新型コロナウイルス感染症の後遺症として、「心筋炎」や「心膜炎」という病名をよく耳にするようになりました。では、これらはどんな病気なのでしょうか?

 

【心臓】

心不全 3回 心臓正常

心筋炎はその名のとおり、心臓の筋肉である心筋に炎症が起こる病気です。これにより心臓のポンプ機能が低下し、心不全を引き起こします。原因はウイルスや細菌の感染、膠原病、薬物など多岐にわたります。

 

症状は無症状のこともあれば、風邪のような症状、胸痛、動悸、呼吸困難、さらに命にかかわる危険な不整脈や血圧低下によるショック、重い心不全を引き起こし、死に至ることもあります。

 

心膜炎は、心臓の外側を覆っている心膜に炎症を生じる病気です。心膜は袋状に心臓を覆い、心臓と心膜の間のスペースを心嚢(しんのう)といいます。心嚢には心嚢液という液体が少量貯留し、潤滑液として心臓を動きやすくしたり、外からの衝撃をやわらげる役割をしています。

 

心膜炎も感染症や膠原病、心筋梗塞、悪性腫瘍、薬物、外傷など原因はさまざまですが、なかでも急性心膜炎の原因の大半を占めるのがウイルス感染です。

 

心膜炎になると、心嚢に多量の心嚢液がたまり、心臓を圧迫してポンプ機能を阻害します。症状は深呼吸で悪化する胸痛や呼吸困難で、軽症の場合は安静で治りますが、重症化して心嚢液が過剰に貯留すると、血圧低下を招き、危険な状態に至ります。心膜炎と心筋炎が同時に起こることもあり、注意が必要です」

 

心筋炎や心膜炎は、新型コロナウイルス感染症の合併症や後遺症として広く知られるようになりました。一方、コロナワクチン接種後の副反応としても話題になりました。現在では多くの調査から、ワクチン接種後に心筋炎や心膜炎を発症する危険性は極めて低く、そのほとんどが軽症であることから、ワクチン接種が否定されているわけではないようです。

 

 

命に直結する虚血性心疾患ってこんな病気

心臓の病気で最もよく耳にするのが、狭心症や心筋梗塞です。

心不全 3回 狭心症イラスト 最終

狭心症は、心臓の筋肉に血液を送り届ける冠動脈(かんどうみゃく)が狭くなり、一時的に血流が不足する病気です。一方、心筋梗塞は冠動脈が完全に詰まり、血液が流れなくなって心筋が壊死する病気です。これらは総称して虚血性心疾患と呼ばれます。なかでも心筋梗塞は突然死、時に瞬間死を引き起こすこともあり、原因となる動脈硬化を予防することが重要になります。

 

動脈硬化は血管が柔軟性を失い、硬くなった状態です。血管内に悪玉(LDL)コレステロールなどによってできたプラークがついて狭くなったり、血栓を生じて詰まりやすくなってしまいます。動脈硬化の原因として特に注意すべきは、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病です。

 

狭心症や心筋梗塞は、特徴的な症状が現れます。それは手のひらで示す広い範囲の胸の痛み。指先で示す狭い範囲ではありません。

 

一般に狭心症の胸痛は2~3分と短く、安静にしていると治まります。一方、血管が完全に詰まって発症する心筋梗塞は、安静にしても治まらず、冷汗や呼吸困難などが現れ、時間とともに悪化します。

 

心筋梗塞は、前兆なく突然発症することがあり、しばしば命にかかわります。たとえ命が助かっても、ダメージを受けた心筋は元に戻らず、心臓の働きが弱くなってしまいます。重い心不全になると、息切れやむくみがひどくなり、日常生活が難しく、適切な治療を受けなければ予後もよくありません」

「心臓肥大にも注意が必要です。心臓肥大は心筋が分厚くなる病気です。

 

健康診断や人間ドックの結果でよく見かけるのが高血圧による心臓肥大です。高血圧が続くと、全身に血液を送り出す心臓には大きな負担がかかります。この状態が続くと心臓の筋肉は徐々に厚くなり、心臓肥大してしまうのです。

 

高血圧による心臓肥大は、たとえ症状がなくても心不全のステージがAからBに進んだ状態です。これは心筋梗塞や脳梗塞、重い心不全などを発症する一歩手前の危険な状態と考えていただきたいのです。

 

健康診断で血圧が高めだったり、心電図で心臓肥大を指摘されても、そのまま放置している人は少なくありません。この状態を無視せず、まずは危機意識を高めて、心不全の進行を防ぐためにしっかりマネジメントしましょう。

 

改めて自分の健康診断や人間ドックの結果を見直してください。高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病がある場合は、たとえ症状がなくても心不全の初期段階であることを意識しましょう。健康への意識を高め、日々の生活のなかで心臓にしのび寄る危険因子を取り除くことが大切です。そうすることで、心不全の進行をしっかり防ぐことができます」

※心不全のステージについては第2回参照。

 

 

【教えていただいた方】

大島一太
大島一太さん
医師・医学博士
公式サイトを見る
Facebook

大島医院院長。東京医科大学循環器内科学分野・同大学八王子医療センター循環器内科兼任講師、日本看護協会看護研修学校非常勤講師、日本循環器学会心不全療養指導士実務部委員、日本心臓病学会特別正会員・心臓病上級臨床医など併任。生活習慣病から重症心臓病まで、地域密着型の開業医と大学病院の専門外来を兼務し、予防医学から専門性の高い心臓病治療までを広く実践しているスペシャリスト。『100歳まで元気でいたければ心臓力を鍛えなさい』(かんき出版)など著書多数。

イラスト/内藤しなこ 取材・文/山村浩子

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第2回/40代からの心臓をむしばむ、5大リスクとは?

次の記事>

次の記事>
第4回/簡単だけど続かない? 心臓の健康を保つ10の生活習慣

この連載の最新記事

体の硬さが血管の硬さ…ストレッチと筋トレで心臓力アップ!

第5回/体の硬さが血管の硬さ…ストレッチと筋トレで心臓力アップ!

簡単だけど続かない? 心臓の健康を保つ10の生活習慣

第4回/簡単だけど続かない? 心臓の健康を保つ10の生活習慣

コロナ後遺症に多い心筋炎・心膜炎に要注意!

第3回/コロナ後遺症に多い心筋炎・心膜炎に要注意!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル