HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/about-menopause-period/340315/

「私って今、更年期なの?」更年期かどうかは基礎体温や卵胞刺激ホルモン(FSH)値で判断を

40代からアラフィフの女性にありがちなのが「老眼」と「更年期」を認めたくない気持ち。「老眼」は確実に見えにくくなるので隠せないけれど、「更年期」は重い症状が出なかったり、ほかの不調と思い込んでしまったら気づきにくいことも。自分が更年期に入ったかどうかを判断する2つの目安を、産婦人科医の吉形玲美さんに教えてもらいました

私って今、更年期なの?

Q. 45歳です。私って今、更年期なの?

A. 基礎体温を記録して高温期がなくなったらほぼ更年期。確実に知るには卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値を測り、2桁を超えたら更年期です

 

「更年期に入っているかどうかは、基礎体温を記録しているとわかりやすいです。若い頃は低温期と高温期がはっきり分かれ、高温期になる直前に排卵が起きます。更年期には低温期と高温期の周期が短くなり、徐々に高温期がなくなっていきます。閉経までは基礎体温をつける意義が大いにあります。

 

 

◆更年期の目安1:基礎体温の高温期がなくなる

更年期の目安1 基礎体温の高温期がなくなる

また、私たち医師は卵胞刺激ホルモン(FSH)の数値を更年期に入っている目安にします。FSHは、脳が卵巣に対して『ホルモンを出して!』と指令するホルモン。女性ホルモンの分泌が少なくなると、まず先にこのFSHの値が高くなります。2桁を超えたら、ほぼ更年期レベルにあると判断します。確実に知りたい人は、婦人科を受診すると血液検査で調べてもらえます」(吉形玲美先生)

 

 

◆更年期の目安2:FSHが増える

更年期の目安2

 

FSHは「もっとホルモンを出して」という脳からの指令の量。更年期にホルモンが減ると、値が2桁以上に上がっていきます

 

 

女性ホルモンの“揺らぎ”が始まった頃が「プレ更年期」。揺らぎながら急激に減っていくのが「更年期」

 

「もちろん女性ホルモン『エストロゲン(E2)』の数値も更年期の基準に。そもそも女性ホルモンが揺らぎながら急激に減っていく時期を更年期と呼び、婦人科などの医療機関で診断にも使われます。更年期よりも前、ホルモンの揺らぎが始まった頃をプレ更年期と言ったりしますが、こちらは医療用語ではないので、はっきりした診断の基準はないことも覚えておきましょう」

 

エストロゲン(E2)の数値

 

女性ホルモンは、プレ更年期には揺らぎが始まり、更年期には揺らぎながら急激に減っていきます。更年期の真ん中で起こるのが閉経

 

更年期には「正しい知識」が一番の味方になってくれます。その後の人生を楽しく健康にしてくれるのも知識です。(吉形玲美先生)

 

 

 

 

イラスト/内藤しなこ グラフ/小柳東子 構成・原文/蓮見則子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

PR
次の記事>

次の記事>
第2回/「『更年期がなかった』という先輩がいるけれど本当?」あるある勘違いとは

この連載の最新記事

【更年期の気分の落ち込み】婦人科で受けられるメンタル不調の治療法とは

第43回/【更年期の気分の落ち込み】婦人科で受けられるメンタル不調の治療法とは

更年期の女性が受けたほうがいい検診、気を付けたほうがいい疾患とは

第42回/更年期の女性が受けたほうがいい検診、気を付けたほうがいい疾患とは

骨密度が低いと血管や内臓にまで悪影響が? 生活習慣病、特に気をつけたいのは糖尿病!

第41回/骨密度が低いと血管や内臓にまで悪影響が? 生活習慣病、特に気をつけたいのは糖尿病!

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル