HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/about-menopause-period/346661/

【更年期】女性ホルモンが減るとリスクが高まる病気4つ/婦人科医が解説

更年期になって、これまで体を守っていた女性ホルモンが減ると、更年期症状が出るだけでなく、さまざまな病気のリスクが高まります。定期的に検査を受け、生活習慣を見直すことが予防につながります。

Q. 更年期から気をつけたい生活習慣病って?

A. 気をつけたい病気は4つあります

 

「女性ホルモンが減ると、生活習慣病にかかりやすくなります。なかでも悪化しやすい代表的なものは、『動脈硬化症』『高血圧症』『脂質異常症』『糖尿病』の4つ。食生活の乱れや運動不足、喫煙、過労やストレスがおもな原因になるため、更年期の人は特に、検査と予防を心がけ、生活習慣の見直しが重要です」(吉形玲美先生)

 

動脈硬化症

女性ホルモンには動脈をしなやかにする作用があるため、女性ホルモンが減少する閉経前後から女性の血管は硬くなり始めます。動脈の壁にコレステロールや中性脂肪がたまると、動脈硬化症を引き起こす原因に。ただ、動脈硬化は進行がゆっくり。更年期では「血圧脈波検査」「頸動脈超音波検査」などで定期的な検査を行い、早めの対策をとることで、予防は十分可能になります。

 

高血圧症

動脈硬化の原因として、最もリスクが高いのが高血圧です。若いときは低血圧だった人も、閉経を境にいつのまにか高血圧になっていることもあるのです。血圧には、収縮期血圧(上の血圧)と拡張期血圧(下の血圧)のふたつがありますが、上の血圧が140以上(家庭計測では135以上)、下の血圧が90以上(家庭計測では85以上)、どちらか一方でもこの数値になると高血圧です。

 

脂質異常症

女性ホルモンが減る更年期は、悪玉コレステロールの数値が高くなります。血液検査で、悪玉コレステロール、非善玉コレステロール、中性脂肪の数値がどれかひとつでも基準値を超えていたら、脂質異常症と診断されます。動脈硬化の原因にもなるので、あてはまる場合は早急に内科の受診を。検査では善玉コレステロール値も見ると、動脈硬化リスクの度合いがわかります。

 

糖尿病

閉経後は体内での糖代謝力が弱まり、糖尿病のリスクが高まります。動脈硬化、糖尿病3大合併症(神経障害、網膜症、腎臓障害)を引き起こすほか、骨密度は高くても、折れやすくもろい骨を生む要因にも。基本的には食事と運動で予防が可能になりますが、自覚症状なく進行するおそれもあり、検査では、直近1〜2カ月の平均血糖値を指標としたHbA1c値を調べることも大切です。

 

Q. 子宮筋腫は閉経後治る?

A. 閉経後、筋腫は縮みます。けれど、要注意の人も

 

「子宮筋腫は閉経すると縮んでいきます。ただ、大きい子宮筋腫がある人は、稀なケースとして肉腫に変わる可能性が。筋腫が巨大化するのは、細胞増殖度が高かったということが考えられるからです。閉経後でも、筋腫が少しずつ大きくなっているという人は、手術という選択肢も。筋腫を持ったまま閉経した人は、必ず婦人科検診を継続してください。肉腫になっているかどうかはMRI画像、血液検査、腫瘍マーカー検査で判断します。また、HRTを行うと筋腫が大きくなるので、行っている人も必ず検査を。エクオールは子宮への作用が少ないので、筋腫が大きくなることはありません」

 

Q. 突然コレステロール値が爆上がり。閉経と関係ある?

A. 関係あります。閉経して女性ホルモンが減少すると、悪玉コレステロールが増えます

 

「40代以降は女性ホルモンが減少する影響で悪玉コレステロール(LDL)値が上昇するため、コレステロール値の爆上がりは閉経と関係あるといえます。ただし『運動習慣がない』『食べすぎている』などで体重が増えて上昇する可能性も。閉経だけを原因と思わず、ライフスタイルの見直しは必要です。また悪玉コレステロール値は低くても善玉コレステロール(HDL)値が高く、総コレステロール値が高い場合もあるので、血液検査で必要数値をしっかり測定して」

 

 

吉形玲美
吉形玲美さん
産婦人科医、医学博士
公式サイトを見る

浜松町ハマサイトクリニック特別顧問。大学病院で医療の最前線に立ち、女性医療・更年期医療のさまざまな臨床研究にも数多く携わる。女性予防医療を広めたいという思いから、現クリニックへ。更年期、妊活、月経不順など女性の体のホルモンマネジメントが得意。著書に『40代から始めよう! 閉経マネジメント』(講談社)

 

 

イラスト/平松昭子<アイキャッチ> 構成・原文/井尾淳子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

PR
<前の記事

<前の記事
第31回/高尾美穂先生の魔法のメンタル改善方法/更年期、気分が落ち込んだ時にしたいこと

次の記事>

次の記事>
第33回/【更年期】HRT (ホルモン補充療法)をすると若返るって本当?見た目だけでなく体…

この連載の最新記事

更年期の女性が受けたほうがいい検診、気を付けたほうがいい疾患とは

第42回/更年期の女性が受けたほうがいい検診、気を付けたほうがいい疾患とは

骨密度が低いと血管や内臓にまで悪影響が? 生活習慣病、特に気をつけたいのは糖尿病!

第41回/骨密度が低いと血管や内臓にまで悪影響が? 生活習慣病、特に気をつけたいのは糖尿病!

【更年期の不眠悩み】更年期には女性ホルモンだけでなく睡眠ホルモン(メラトニン)も減少することを知っていますか?

第40回/【更年期の不眠悩み】更年期には女性ホルモンだけでなく睡眠ホルモン(メラトニン)も減少することを知っていますか?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル