HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/about-menopause-period/346794/

更年期以降の子宮体がん、乳がんのリスクを上げないために必要なのは「太らない」こと

女性の部位別がん罹患数の1位は乳がん。乳がんのほか、子宮体がんなど婦人科系のがんは、太って内臓脂肪がつくとリスクが上がってしまいます。理由は、内臓脂肪から悪玉の女性ホルモンが出るから。産婦人科医の吉形玲美先生に解説してもらいます。

Q. 婦人科系のがんが心配です。予防はどうすればいい?

A. 子宮体がん、乳がんのリスクを下げるには、内臓脂肪をつけない=「太らない」こと!

 

「これまで卵巣で分泌されていたエストロゲンは、閉経以降、副腎や内臓脂肪など、別の臓器から分泌されるように変化します。でも後者の女性ホルモンは、これまで黄体ホルモンとともに血管や骨を守っていた本来のエストロゲンとは違う、悪玉の女性ホルモン。

 

内臓脂肪がつくほどに悪玉の女性ホルモンだけが独り歩きをし、女性生殖器に刺激を与えて、子宮体がんや乳がんのリスクにつながってしまいます。ただでさえ、女性ホルモンの減少によって糖代謝の調節など、内臓脂肪を減らす作用が弱くなる年代。運動や食生活が今までと同じでは、体重や内臓脂肪の増加につながるので、見直しを。

 

喫煙や飲酒習慣も、乳がんのリスクを上げる要因となります。卵巣がんについては検診がないため、子宮全体や卵巣の状態、小さな異常も発見できる経腟超音波検査を受けることでフォローすることができます」

 

部位別がん罹患数(2019)女性

部位別がん罹患数(2019)女性のグラフ

出典:厚生労働省「全国がん登録 罹患数・率 報告 2019」

 

厚生労働省の調べによると、女性の部位別がん罹患数(2019年)の1位は圧倒的に「乳がん」。次いで多いのは「大腸がん」「肺がん」。婦人科系のがんでは、次に「子宮体がん」「卵巣がん」「子宮頸がん」が多いことが判明

 

 

吉形玲美
吉形玲美さん
産婦人科医、医学博士
公式サイトを見る

浜松町ハマサイトクリニック特別顧問。大学病院で医療の最前線に立ち、女性医療・更年期医療のさまざまな臨床研究にも数多く携わる。女性予防医療を広めたいという思いから、現クリニックへ。更年期、妊活、月経不順など女性の体のホルモンマネジメントが得意。著書に『40代から始めよう! 閉経マネジメント』(講談社)

 

 

イラスト/平松昭子<アイキャッチ> 構成・原文/井尾淳子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

PR
<前の記事

<前の記事
第36回/骨粗しょう症予防に必要な「骨密度」「骨代謝」「ビタミンD」の検査はいつはじめる?…

次の記事>

次の記事>
第38回/【更年期の治療】HRT(ホルモン補充療法)で乳がんのリスクは上がらない? 副作用…

この連載の最新記事

更年期の女性が受けたほうがいい検診、気を付けたほうがいい疾患とは

第42回/更年期の女性が受けたほうがいい検診、気を付けたほうがいい疾患とは

骨密度が低いと血管や内臓にまで悪影響が? 生活習慣病、特に気をつけたいのは糖尿病!

第41回/骨密度が低いと血管や内臓にまで悪影響が? 生活習慣病、特に気をつけたいのは糖尿病!

【更年期の不眠悩み】更年期には女性ホルモンだけでなく睡眠ホルモン(メラトニン)も減少することを知っていますか?

第40回/【更年期の不眠悩み】更年期には女性ホルモンだけでなく睡眠ホルモン(メラトニン)も減少することを知っていますか?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル