HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/about-menopause-period/352675/

【更年期、有森裕子さんの場合。】イライラやホットフラッシュに一人で苦しんでいた(インタビュー前編)

その年齢も、期間の長さも、症状の有無も。驚くほど個人差のある更年期。閉経する年齢も大きく異なります。大活躍しているあの人は、どんな更年期を体験しているのでしょう? それぞれの貴重なエピソードを、自身の言葉でお届けします。

40歳で現役ランナーを引退して17年。スポーツを通じて社会貢献活動に積極的に取り組む有森裕子さんは、ホットフラッシュに人知れず苦しんだ自身の経験から、更年期について積極的に発信しています。悩んでいた最中は更年期の知識に乏しく、そのことが不安を呼び、症状を悪化させていたと振り返ります。偶然、有森さんを救ってくれたものとははたして…?

 

有森裕子さん(57歳・元プロマラソンランナー)

更年期、私の場合。有森裕子 前編

■47歳:月経が不順に。メンタルも不安定に

■49歳:閉経。数年間、ホットフラッシュに苦しむ

■50歳:婦人科で低用量ピルを処方してもらい、ホットフラッシュが緩和

■53歳:ピラティスとパーソナルトレーニング開始

■57歳(現在):時々起こる不調ともうまくつき合えるように

 

イライラやホットフラッシュに悩む日々。知識不足で何が起きているのかわからなかった

 

「東日本大震災があった2011年、プライベートでも離婚やいろいろなことが起き、引退して数年がたっていたのでキャリアの転換期も重なって。そのあたりからメンタル的に自分を追い詰めていってました。

その後47、48歳頃でしょうか。生理も不順になってきて、気分の落ち込みもさらに激しくなって。誰にも見せない日記をつけていたんですが、目だけの絵を描くとか、けっこう恐ろしい心理状態の絵を描いたりしてましたね。

もともと性格的に感情の起伏が激しいタイプではあったけれど、その頃はもう気持ちよく清々しく過ごす日がなかった。怒らずに過ごせる日というのがなかったんです」

 

そう語る有森さん。五輪メダリスト、心身を鍛え上げ、トップアスリートだった人をも悩ませていた更年期不調。有森さんの場合、特に困ったのは更年期の代表的な症状として知られるホットフラッシュでした。

 

「その頃、更年期というものをよく知らなかったですから。女性の体に何が起こるかを気にしていなかったんです。

めまいとか頭痛とか、他の症状は全然ないんです。疲れやすいっていうのもなければ、息切れや動悸もない。手足はもともと冷えやすかったし。だから、ホットフラッシュが起きるようになって本当に困惑しました。汗のかき方が、とにかくひどい。もう顔がほてるどころか全身がほてる感じ。本当に強烈だったんですよ。急にうわーっと暑くなって汗が出る。そしてバーッと引いていく。1日に3、4回来るわけです、その波が。もうわけがわからない。

講演に行くと、せっかく衣装に着替えたのにバーッとホットフラッシュがきて汗びっしょりに。かと思ったらバーッと引いて、またバーッと来る…。着替えを持って歩くだけでも大変でした」

 

少しでも症状を緩和するために運動をしたり、ということもなかったといいます。現役を引退してからはほとんど体を動かしていなかったのだそう。

「動いたほうがいいって、そう思うこともイヤでした。痛みがあるから走るのをやめたのに、どうすればいいんだ?って。そうやってネガティブになるとまた波が来るんです」

 

沈むときもあるしイライラもする。ホットフラッシュも来る。なのに講演ではテンションを上げて話をしなければいけない。人を元気にしたはいいけれど、自分は部屋に戻ると逆にげんなり。堂々巡りの日々だったようです。

 

「言葉に勢いを持たせるのがしんどくて。人を励ますのが仕事だから元気でいなきゃいけないと思っているのに無理。こんな自分が発信をしていいんだろうか?  こういう状態でいつまで今の仕事ができるのか?  このままメンタルがだめになっていくかもしれないとか、うつになるんじゃないかとか…。

数年はそんな感じでしたね。情報も知識もなくて、つらかったです」

更年期、私の場合。有森裕子 前編

自分の症状は更年期が原因。そうわかってからはすべてがクリアに!

 

そんな有森さんの状況が一気に好転したのは、50歳のときでした。

 

ある講演会で有森さんの前に登壇したのが、産婦人科医師の対馬ルリ子先生。偶然にも、講演の内容が女性の更年期についてのお話だったのです。更年期は誰にでもある当たり前のこと、そのときに起こる症状、対処法…。控え室で聞いていて「これ、私だ〜」と。何もおかしいわけじゃないんだ。そういうことだったんだ! と目からウロコが落ちたようになり、半泣き状態だったといいます。すぐに自分の状況を相談すると「それは更年期障害、私のクリニックに来ればいいわよ」と。

 

「それからわりとすぐに受診の予約が取れ、女性ホルモンに関する数値を見てもらいました。閉経はしていると思っていたのですが、『まだ少しホルモンがあるから、低用量ピルにしましょう』と。処方された薬を飲んだら、もうてきめんでした。びっくりですよ、ホットフラッシュなんか1週間もかからずになくなっちゃって。えー、何だこれ、早く教えてよー! と。

むしろ自分に腹が立ちましたね、そんな情報さえ知らなかったことに。更年期は人として当たり前のことなのに、その情報が身近にまったくなかったということ自体がショックでした」

 

それから3カ月ほど低用量ピルの恩恵を受けたあと、再びクリニックで調べてもらいました。

次にホルモンを安定させるステップということで、別の薬を処方されましたが、そもそも薬というものが好きではなかった有森さん。途中で飲まなくなったのだそう。

 

そして、更年期とのつき合い方を改めて考えるようになっていったのです。再び体を定期的に動かすようになったと語る有森さんの最近のライフスタイルについては、インタビュー後編で。

●HAPPYに過ごす秘訣●

 

有森裕子さん パーソナルジムでトレーニング

今は定期的にジムに通っているのだそう。体調もどんどん上向きに。週1回90分、パーソナルトレーニングを受けているのは、東京・荻窪にある「ナルシスコ パーソナルジム」。健康の情報交換の場でもあります。

 

有森裕子

Yuko Arimori

1966年生まれ。岡山・就実高校、日本体育大学を経てリクルート入社。’92年、バルセロナ五輪の女子マラソンで銀メダル、’96年のアトランタ五輪では銅メダルを獲得。’98年NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」を設立し、スポーツを通した社会貢献活動に取り組む。2007年の現役引退後は幅広い分野で活躍し、国際オリンピック委員会(IOC)Olympism365委員会委員、日本陸上競技連盟副会長などを務め、’23年にはワールドアスレティックス(世界陸連)理事にも就任。

Instagram:@yuko_arimori_official

 

撮影/富田一也 取材・文/蓮見則子

 

更年期のお悩み、閉経前後の不安はこの1冊で解決!! 

大人のからだバイブルvol.1 更年期と閉経、私の場合。
大人のからだバイブル vol.1 更年期と閉経、私の場合。 
980 B5

大人のからだバイブル vol.1

 更年期と閉経、私の場合。
6月25日発売!

Amazon

Rakuten

セブンネット

一緒に更年期を乗り切っていきましょう!

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第4回/【更年期、羽田美智子さんの場合。】50代をご機嫌に過ごすために、食事、運動、睡眠…

次の記事>

次の記事>
第6回/【更年期、有森裕子さんの場合。】不調を乗り越えられたのは、「知識」という特効薬の…

この連載の最新記事

【更年期、槇村さとるさんの場合】 アフター更年期はHRT(ホルモン補充療法)とダンスに救われ絶好調(インタビュー後編)

第8回/【更年期、槇村さとるさんの場合】 アフター更年期はHRT(ホルモン補充療法)とダンスに救われ絶好調(インタビュー後編)

【更年期、槇村さとるさんの場合】不調が押し寄せる「更年期の本編」は、閉経後にやってきた(インタビュー前編)

第7回/【更年期、槇村さとるさんの場合】不調が押し寄せる「更年期の本編」は、閉経後にやってきた(インタビュー前編)

【更年期、有森裕子さんの場合。】不調を乗り越えられたのは、「知識」という特効薬のおかげ(インタビュー後編)

第6回/【更年期、有森裕子さんの場合。】不調を乗り越えられたのは、「知識」という特効薬のおかげ(インタビュー後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル