HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/about-menopause-period/352677/

【更年期、有森裕子さんの場合。】不調を乗り越えられたのは、「知識」という特効薬のおかげ(インタビュー後編)

その年齢も、期間の長さも、症状の有無も。驚くほど個人差のある更年期。閉経する年齢も大きく異なります。大活躍しているあの人は、どんな更年期を体験しているのでしょう? それぞれの貴重なエピソードを、自身の言葉でお届けします。

今では「更年期は男女とも当たり前に通る道」「更年期こそ人間の証明」と訴え続ける有森裕子さん。そこには情報や知識がなく、一人で苦しんでいた頃の体験が生かされていました。現在も完全に症状がないわけではありませんが、毎日を笑顔で送るtipsをたくさん持っています。

 

有森裕子さんのインタビュー前編「イライラやホットフラッシュに一人で苦しんでいた」はこちら。

 

有森裕子さん(57歳・元プロマラソンランナー)

更年期、私の場合。有森裕子 後編

ホットフラッシュも軽減できた! 「知る」ことの大切さ

婦人科で処方された低用量ピルにより、有森さんがあれだけ悩んでいたホットフラッシュはすぐに改善。ホルモンの波がコントロールされた結果ではありますが、本人の分析はもっと深いものでした。

 

「この時期の私の体は更年期。

そんなふうに不調の原因がわかったことで、それを受け入れて、自分に起きていることへの順応性もできた気がします。そのせいかホットフラッシュはもちろんメンタルもずいぶん落ち着きました。

『何が何だかわからない』ということが一番の不安要素で、私の更年期においてはまず知ること、理解することが大事なんだということを、自分の中に落とし込んだんです。結局、それが私のホットフラッシュの解消法でした。だからこそ低用量ピルも3カ月でやめたんです。飲まなくてもなんとかなる自信があって」

 

現在でもまだホットフラッシュが多少はあるという有森さん。不安に襲われることもありますが、今は「あ、更年期だもんね」と受け入れるだけでとても楽になるのだそう。

 

「将来に対する不安とか、できていたことができなくなることへイライラを感じたりすることもあります。以前ならなんとかしようとしてさらに慌てていました。

でも、もうそこと闘わない。闘っても仕方ない。闘いようがないじゃん、更年期だもん、と受け入れるようにしています」

さらには、コロナ禍で自分の時間ができたことがきっかけで、ピラティスやパーソナルトレーニングに週に1回ずつ通うようになりました。意外ですが、それまでは日常的に運動という運動はまったくしていなかったのだそうです。

 

「痩せるためとか筋力アップが目的ではなく、体のバランスを整えるために通っています。たとえ行きたくない日があっても、頑張って行けば自分の体と向き合うことができる。しかもトレーナーさんが私の体調を察して、それに合わせたトレーニングを組んでくれるので、行けば『整いました』という時間に変わります」

更年期、私の場合。有森裕子 後編

運動に食事に、自分の体の声に耳を傾ける日々

ほかにも、元気のため健康のために工夫することが増えてきました。

 

「コラーゲン系とビタミンのサプリをとっています。サプリもそんなに好きじゃないので、それ以外は飲んでいないですね。

トレーナーさんからは食事のアドバイスもよく受けています。糖質は極力控え、タンパク質をしっかり食べるようになりました。お米はほとんど食べなくなりましたね。うちには小麦粉と砂糖がないんです」

 

食事で意識するのはバランスなのだとか。

 

「基本的に夜は会食が多く、そこではなんでもしっかり食べます。その分、家では過剰にカロリーをとらないようにしたり、糖質やよくない油は避けていますね。

体調をくずしたくなければ代謝が苦手なもの、例えばよくない油などはなるべく避ける。それは鉄板です。自分の体の声に耳を傾けて、体が心地よいと思うものを入れたいんです」

そして、有森さんの日常に明らかにエネルギーをくれるもの、元気をもたらしているもの、もとい、人がいました。それが布袋寅泰さんです。

フォークで育ったため、ロックにはあまり興味がなかった有森さんですが、十数年前に人の紹介で布袋さんと知り合い、それ以来親交が深まって毎回ライブに行くようになりました。

 

「音楽よりも先に、布袋さんという人間から入ったのでね。もう人となりが最高なんです! 最初はライブでノリ方もわからずに、一人だけテンポが遅れてましたけど、今ではライブの間中、立ちっぱなし。『騒ぎたいから一般席で』と希望して、ファンの皆さんと一緒になって盛り上がっています」

 

更年期のネガティブなイメージを払拭したい!

 

閉経が49〜50歳だったことからすると、そろそろ更年期は終わりに近づいていそうですが、まだ更年期にいる気がするという有森さん。

 

「私の場合は性格的なものもあると思いますね。でも、もうあまり気にしないようにしています。何度も言っちゃいますが、人として更年期は自然のこと。

最初に更年期のことを公に話した頃、『悲報、有森裕子 更年期をカミングアウト』とか書かれちゃって。悲報って何? 朗報でしょうよって。

どうしても更年期は、まだまだネガティブなイメージですよね。更年期=更年期障害。そしてそれはおもに女性で、すごく大変な時期のことで、カミングアウトもできないもの…、そんな扱いはそろそろやめてほしいなと思います。

 

それに更年期は女性だけでなく、男性にもある。男性の更年期障害のほうがひどいことも多いはずです。女性は閉経というわかりやすいものがあるから言いやすいけど、男性は気づきにくいしわかりにくい。

女性の更年期を理解してほしいと言われ、サポートする側の男性のほうが実は病んでしまっていることもある。女性の更年期をオープンに話せるようになったからこそ、男性の更年期についても同時に考えたいなと思っています」

 

●HAPPYに過ごす秘訣●

有森裕子さん 布袋寅泰さん

自他ともに認める熱狂的な布袋ファン! 布袋さんはステージでのハードなイメージとは裏腹に、普段はあったかい人。予定を合わせて、地方のライブにも行くそうです。

 

 

有森裕子

Yuko Arimori

1966年生まれ。岡山・就実高校、日本体育大学を経てリクルート入社。’92年、バルセロナ五輪の女子マラソンで銀メダル、’96年のアトランタ五輪では銅メダルを獲得。’98NPO法人「ハート・オブ・ゴールド」を設立し、スポーツを通した社会貢献活動に取り組む。2007年の現役引退後は幅広い分野で活躍し、国際オリンピック委員会(IOCOlympism365委員会委員、日本陸上競技連盟副会長などを務め、’23年にはワールドアスレティックス(世界陸連)理事にも就任。

Instagram:@yuko_arimori_official

 

撮影/富田一也 取材・文/蓮見則子

 

更年期のお悩み、閉経前後の不安はこの1冊で解決!! 

大人のからだバイブルvol.1 更年期と閉経、私の場合。
大人のからだバイブル vol.1 更年期と閉経、私の場合。 
980 B5

大人のからだバイブル vol.1

 更年期と閉経、私の場合。
6月25日発売!

Amazon

Rakuten

セブンネット

一緒に更年期を乗り切っていきましょう!

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第5回/【更年期、有森裕子さんの場合。】イライラやホットフラッシュに一人で苦しんでいた(…

次の記事>

次の記事>
第7回/【更年期、槇村さとるさんの場合】不調が押し寄せる「更年期の本編」は、閉経後にやっ…

この連載の最新記事

【更年期、進藤やす子さんの場合】 本物のホットフラッシュがついにやってきた!(インタビュー後編)

第10回/【更年期、進藤やす子さんの場合】 本物のホットフラッシュがついにやってきた!(インタビュー後編)

【更年期、進藤やす子さんの場合】 バセドウ病、子宮筋腫の症状に悩まされた40代(インタビュー前編)

第9回/【更年期、進藤やす子さんの場合】 バセドウ病、子宮筋腫の症状に悩まされた40代(インタビュー前編)

【更年期、槇村さとるさんの場合】 アフター更年期はHRT(ホルモン補充療法)とダンスに救われ絶好調(インタビュー後編)

第8回/【更年期、槇村さとるさんの場合】 アフター更年期はHRT(ホルモン補充療法)とダンスに救われ絶好調(インタビュー後編)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル