HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/feminine-bladder-care/316547/

閉経後、2カ月に1度のセックスでは膣が委縮するスピードのほうが早い。対策は?(冨永喜代医師)

女性はいつまでもセックスができると思い込んでいる人が多いけれど、実は閉経後2~3年ですでに約半数の人に膣萎縮がみられます。どのぐらいの頻度でセックスすれば、膣萎縮は防げるの? セックス以外の対処法はある? 性交痛外来で悩みに向き合う富永喜代医師とフェムゾーンケアの第一人者、森田敦子さんに聞きます。 

膣萎縮のスピードは? オーガズムで得られる女性の健康メリットとは?

左・森田敦子さん、右・富永喜代さん

森田 わりと定期的にセックスをしている人の場合、腟萎縮を防ぐ医学的な頻度の目安はありますか。

 

富永 「2カ月に1回」の頻度では、腟が萎縮するスピードのほうが早いですね。なのでセックスだけで萎縮を防ぐと考えると、最低でも「月2回」。できれば「1週間に1回」してほしいですね。それが難しいのであれば、ぜひセルフプレジャーグッズなど、フェムテックの力を借りることをおすすめします。

 

森田 最近、フェムテックの中でもヒットしているのが、挿入タイプではなく、外陰部を振動させるもの。なので「セックスしていないけど大丈夫かな」という人には、大丈夫!と言いたいですね。挿入しなくても、クリトリスや腟まわりを揺らすことで粘液が出たり、オーガズムを感じてホルモンが分泌されたりするので、これからはセックスの固定概念にしばられる必要もないと思います。

 

富永 それに最近はオーガズムを得ることによる、女性の健康メリットに注目が高まってきています。例えば睡眠の改善、ストレスの解消。オーガズムによって脳内のβ-エンドルフィンやドーパミン、オキシトシンなど、リラクセーション効果が高まるホルモンが分泌されるというメリットは、医学的にも認知されているんです。コロナ禍、旅行や外食などの制限によって閉塞された中、自分だけでコンプリートできるストレス解消法として、セルフプレジャーなどのフェムテックは、その価値が見直されてきているんですよ。

 

 

「パートナーがいない」「(いても)したくない」。けれど「セックスをしないと腟が劣化するとしたら不安…」という人には、「セルフプレジャー」という、フェムテック時代ならではの新たな選択肢もアリ! 初心者にも抵抗感が少ない、最新グッズ事情を紹介します。

 

「iroha」のセルフプレジャーグッズ

富永喜代先生の推奨は、女性の視点で作られたセルフケア・アイテムブランド「iroha」のセルフプレジャーグッズ。インターネットで通販可能。

プレジャー・アイテム・プチ PLUM

98%が水分でできていて、ぷるぷる感がどこに当てても気持ちいい使いきりアイテム。非電動で初心者にもおすすめ。プレジャー・アイテム・プチ PLUM ¥630/iroha

 

iroha+プレジャー・アイテム RINGOTORI

独特のふんわりしっとりとした肌触りで、くちばしでつついたり、中に入れて挿入感を楽しめる。iroha+プレジャー・アイテム RINGOTORI ¥11,000(電動)/iroha

 

プレジャー・アイテム・リン+ MOMOSANGO

快感を生み出す先端の柔らかな玉飾りと扱いやすいスティック形状タイプ。プレジャー・アイテム・リン+ MOMOSANGO ¥6,900(電動)/iroha

 

睡眠の改善、ストレスの解消など、女性がオーガズムを得ることによる健康のメリットが注目されています(富永喜代先生)

富永喜代さん、「iroha」のセルフプレジャーグッズ

 

普段からフェムゾーン周辺をマッサージして、血流をよくしておくことも膣の老化防止につながります。

●性交痛をやわらげ、下半身を温めるセルフマッサージ

膝から太ももの付け根まで、老廃物を流す/イラスト

1. 膝から太ももの付け根まで、太ももの内側をギュッと押し上げるように、4本指をそろえて老廃物を流します

 

そけい部に沿って、お尻の下から太ももの付け根をマッサージ/イラスト

2. そけい部に沿って、お尻の下から太ももの付け根、その内側から外側へ、クルッと4本指でマッサージします

 

恥骨からおへそ、脇腹に向かって優しくマッサージ/イラスト

3. 恥骨からおへそ、脇腹に向かって、それぞれ下から上に、4本指で優しくマッサージします

 

富永喜代
富永喜代さん
麻酔科医
公式サイトを見る
Facebook Twitter Instagram Instagram

富永ペインクリニック院長。医学博士。日本麻酔科学会専門医。 1993年より聖隷浜松病院などで麻酔科医として勤務、2万人を超える(通常1日2名のところ、1日12名)臨床麻酔実績を持つ。2008年愛媛県松山市に富永ペインクリニックを開業。痛みの専門家として全国でも珍しい性交痛外来を開設し、1万人超のセックスの悩みをオンライン診断している。 性に特化したYouTubeチャンネル『女医 富永喜代の人には言えない痛み相談室』は、チャンネル登録者数27万人、総再生数は6000万回超。SNS総フォロワー数42万人。真面目に性を語る日本最大級のオンラインコミュニティー『富永喜代の秘密の部屋』(会員数1.6万人)主宰。『女医が教える性のトリセツ』(KADOKAWA)など著書累計98万部。

記事一覧を見る
森田敦子
森田敦子さん
サンルイ・インターナッショナル代表
公式サイトを見る
Instagram

日本における植物療法の第一人者。植物療法に興味を持ち渡仏、フランス国立パリ第13大学で植物薬理学を学ぶ。帰国後、デリケートゾーン&パーツケアブランド「アンティーム オーガニック」の処方・開発や、「ルボア フィトテラピースクール」、フェムテック・ウェルネスメディア「WOMB LABO」を主宰

 

 

撮影/天日恵美子 ヘア&メイク/佐々木 篤 イラスト/内藤しなこ 構成・原文/井尾淳子

 

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第4回/セックスするしないに関係なく、フェムゾーンを健やかに保つことはエイジングヘルスケ…

次の記事>

次の記事>
第6回/挿入しなくてもセルフプレジャーグッズによる膣まわりの振動で幸せホルモンが分泌され…

この連載の最新記事

挿入しなくてもセルフプレジャーグッズによる膣まわりの振動で幸せホルモンが分泌されます(森田敦子さん)

第6回/挿入しなくてもセルフプレジャーグッズによる膣まわりの振動で幸せホルモンが分泌されます(森田敦子さん)

閉経後、2カ月に1度のセックスでは膣が委縮するスピードのほうが早い。対策は?(冨永喜代医師)

第5回/閉経後、2カ月に1度のセックスでは膣が委縮するスピードのほうが早い。対策は?(冨永喜代医師)

セックスするしないに関係なく、フェムゾーンを健やかに保つことはエイジングヘルスケアの要になる(富永喜代医師)

第4回/セックスするしないに関係なく、フェムゾーンを健やかに保つことはエイジングヘルスケアの要になる(富永喜代医師)

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル