HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/more/299847/

【59歳】5年でやめたHRTを再開したいけれど卵巣がんも心配/高尾美穂先生の更年期相談室

女性の悩みに冷静かつ温かいアドバイスをくれると評判の産婦人科医・高尾美穂先生に「更年期の体の変化、体調不良からくる不安」を相談します。

 

HRT(ホルモン補充療法)の悩み

Q.

閉経後、ホットフラッシュと寒気があり、HRTを開始。不調はなくなりましたが、HRTは発がん性があるからやめるように言う医師もいて。5年ほどでやめたら症状が戻ったので最近再開。エストリオールと漢方薬を服用中ですが、のぼせが止まらず、卵巣がんも心配で、自律神経が安定せず苦しい毎日。このままで大丈夫でしょうか。(59歳・パート)

 

A.
エストリオールは効果が最も弱いので医師に相談し、薬の種類を替えてみては。がんは定期検診を受けて

「HRTは、がんの発症リスクはそこまで心配しなくていいレベルであることがわかっているので、続けても問題ありません。ただし、エストリオールは、HRTの中でも効果が最も弱く、のぼせは改善しないと考えられるので、薬の種類を替えてみるのがいいと思います。それで改善しない場合は、更年期症状というより自律神経失調症である可能性もあるので、考え方や生活習慣の見直しも必要かもしれません。卵巣がんについてできることは、定期的に超音波検査を受けることです」

 

 

※この企画で取り上げた悩みは、2022年7月28日〜8月10日にWebマガジンOurAgeで募集したものです。

 

 

高尾美穂先生ってどんな人?

・高尾美穂
・高尾美穂さん
産婦人科専門医
公式サイトを見る
Instagram Instagram

イーク表参道副院長。産婦人科専門医。さらにスポーツドクター、ヨガ指導者でもあります。産婦人科医になったのは「一人の女性の体を、初潮を迎えたとき、生理痛やPMSで悩んだとき、恋愛をして性交渉のことで悩んだとき、妊娠・出産のとき、更年期、閉経後と、人生を通して長く診ることができるから」だそう。診療のかたわら、NHK「あさイチ」への出演をはじめ、多数のメディアやSNSで情報を発信。音声配信アプリstand.fmの番組「高尾美穂からのリアルボイス」ではリスナーの多様な悩みに回答しています。著書に『大丈夫だよ 女性ホルモンと人生のお話111』(講談社)など。脳外科医の夫あり

 

 

撮影/高尾美穂<アイキャッチ背景写真> 取材・原文/和田美穂

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第1回/高尾美穂先生、「なぜ更年期って心がつらくなるのですか?」

次の記事>

次の記事>
第3回/【54歳】乳がん全摘手術後に女性ホルモンを抑える薬を注射。だるさやイライラが抑え…

この連載の最新記事

【46歳】人づき合いは疲れます。みんなの輪に入らなくていいならそれもありでしょうか?/高尾美穂先生の更年期相談室

第24回/【46歳】人づき合いは疲れます。みんなの輪に入らなくていいならそれもありでしょうか?/高尾美穂先生の更年期相談室

【46歳】人に嫌われたくなくて自分の意見が言えず、本当に仲のいい人がいません/高尾美穂先生の更年期相談室

第23回/【46歳】人に嫌われたくなくて自分の意見が言えず、本当に仲のいい人がいません/高尾美穂先生の更年期相談室

【50歳】生理があと1カ月来なければ閉経。女らしさを失うのが怖いような気持ちです/高尾美穂先生の更年期相談室

第22回/【50歳】生理があと1カ月来なければ閉経。女らしさを失うのが怖いような気持ちです/高尾美穂先生の更年期相談室

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル