HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/more/306136/

子宮筋腫を縮小するホルモン療法「偽閉経療法」のメカニズム

数年前、子宮筋腫の縮小効果が高い錠剤が登場したことで、子宮筋腫のホルモン療法が飛躍的に進化。そのメカニズムとは?

 

筋腫を縮小するホルモン療法「偽閉経療法」とは?

「GnRHアナログ製剤」で月経を止める方法です。

GnRHとは脳から分泌される「性腺刺激ホルモン放出ホルモン」のこと。数年前、筋腫の縮小効果が高い錠剤「GnRHアンタゴニスト」が登場し、飛躍的に使いやすくなりました。多用しすぎないよう注意が必要ですが、閉経が近い人はそのまま自然閉経に持ち込むことも。

 

「GnRHアナログ製剤」で月経を止める方法

【吹き出しA】

薬は下垂体前葉のGnRH受容体に結合し、GnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)をシャットアウト。

【吹き出しB】

すると卵巣への「ホルモンを出して!」という信号が抑えられることに。

【吹き出しC】

結果として、卵巣のホルモンの分泌を低下させ、閉経と同じ状態に。

 

 

教えていただいたのは

明樂重夫(あきらしげお)
明樂重夫(あきらしげお)さん
明理会東京大和病院院長
公式サイトを見る

日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖医療指導医。日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医。女性医療や女性ヘルスケア領域の確立に尽力

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/蓮見則子

 

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

人生後半戦は歯が命。「歯とハグキのケアがしやすくなるハブラシ」でセルフケアにぬかりなし!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第11回/子宮筋腫の治療法はおもに4つ。今の状況と将来を見据えた選択を

次の記事>

次の記事>
第13回/妊娠の希望や閉経までの期間等、状況によって違う「子宮筋腫の悩みと治療法」をわかり…

この連載の最新記事

【子宮筋腫の手術法】お腹を切る?切らない? 全摘する? 妊娠を望む? 自分にとっての最良なもの見つけてください

第27回/【子宮筋腫の手術法】お腹を切る?切らない? 全摘する? 妊娠を望む? 自分にとっての最良なもの見つけてください

子宮筋腫の治療選択は「卵巣の機能を長持ちさせる」ことを優先して/明樂重夫・産婦人科医

第26回/子宮筋腫の治療選択は「卵巣の機能を長持ちさせる」ことを優先して/明樂重夫・産婦人科医

子宮筋腫で理想の治療を受けるために知っておきたい「医師の選び方」と「セカンドオピニオンの受け方」ルール

第25回/子宮筋腫で理想の治療を受けるために知っておきたい「医師の選び方」と「セカンドオピニオンの受け方」ルール

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル