HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/more/318068/

子宮筋腫の治療選択は「卵巣の機能を長持ちさせる」ことを優先して/明樂重夫・産婦人科医

子宮筋腫の治療の選択肢は広がりましたが、「今」だけを考えて選ぶのではなく、将来を見据えて決めることが大切です。専門医の明樂重夫(あきらしげお)先生は、女性の体全体に対する影響の大きい卵巣を長持ちさせることを優先してほしい、と言います。

「子宮筋腫は長い目でとらえ、卵巣の機能を長持ちさせることを優先」

子宮筋腫は生死にかかわらない、ある意味とても難しい病気です。治療の選択肢のバリエーションが豊かになった分、患者さんのご希望や年齢、環境などを鑑みて、さまざまな治療法を説明するだけでとても長い時間がかかります。

 

それでも私は一人一人に一生懸命お話ししています。なぜなら筋腫を治せば終わりなわけではなく、その方の将来がかかっているから。治療のタイミングによっては妊娠がかなわなかったり、希望通り子宮を残したことで再手術になったり、後にほかの病気のリスクが高くなったり…。患者さんの将来に不利益なことは避けたいのです。

 

最近は、薬物療法で子宮を温存する方が増えていますが、偽閉経療法のようにホルモン分泌を乱高下させて卵巣機能を落とすと、老化が早まり、骨も弱くなります。閉経前、筋腫の手術前くらいの短期間だけならいいのですが。閉経前後の女性は、自分の人生を長いスパンでとらえ、特に卵巣を大事にしていただきたいなと思っています。(明樂重夫先生)

 

診断イラスト

 

【教えていただいた方】

明樂重夫(あきらしげお)
明樂重夫(あきらしげお)さん
明理会東京大和病院院長
公式サイトを見る

日本産科婦人科学会産婦人科専門医、日本生殖医学会生殖医療指導医。日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医。女性医療や女性ヘルスケア領域の確立に尽力

 

 

イラスト/内藤しなこ 構成・原文/蓮見則子

 

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第25回/子宮筋腫で理想の治療を受けるために知っておきたい「医師の選び方」と「セカンドオピ…

次の記事>

次の記事>
第27回/【子宮筋腫の手術法】お腹を切る?切らない? 全摘する? 妊娠を望む? 自分にとっ…

この連載の最新記事

【子宮筋腫の手術法】お腹を切る?切らない? 全摘する? 妊娠を望む? 自分にとっての最良なもの見つけてください

第27回/【子宮筋腫の手術法】お腹を切る?切らない? 全摘する? 妊娠を望む? 自分にとっての最良なもの見つけてください

子宮筋腫の治療選択は「卵巣の機能を長持ちさせる」ことを優先して/明樂重夫・産婦人科医

第26回/子宮筋腫の治療選択は「卵巣の機能を長持ちさせる」ことを優先して/明樂重夫・産婦人科医

子宮筋腫で理想の治療を受けるために知っておきたい「医師の選び方」と「セカンドオピニオンの受け方」ルール

第25回/子宮筋腫で理想の治療を受けるために知っておきたい「医師の選び方」と「セカンドオピニオンの受け方」ルール

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル