HAPPY PLUS
https://ourage.jp/kounenki_no_chie/more/320211/

【46歳】人に嫌われたくなくて自分の意見が言えず、本当に仲のいい人がいません/高尾美穂先生の更年期相談室

女性の立場に立って暖かく的確なアドバイスをくれると評判の、産婦人科医・高尾美穂先生。人に嫌われるのが嫌で自分の意見が言えないというお悩みへのアドバイスは?

嫌われたくない気持ちが強い

Q.

人からどう思われるかがつねに気になり、人に嫌われたくない気持ちから、自分の意見は言わず、相手の意見に合わせてしまいます。そのせいか、人と一緒にいると気疲れし、本当に仲良くなれる人がいません。こんな性格、どうしたら変えられるでしょうか。(46歳・会社員)

 

A.
自分の意見を伝えることは大切。まずは身近な人で練習をしてみて

「本当に仲良くなれる友だちが欲しいなら、人の懐に飛び込むことが大事なので、自分の意見を伝えることは大切。日常生活では、言うのに“思いきり”が必要なことって少ないと思いますし、もし言ったとしても、あなたが思うほど、人はあなたのことを気にしません。勇気がないなら、家族など身近な人に自分の意見を伝える練習をしてみてもいいですし、相手の話になんでも相槌を打つのをやめてみることから始めるのもいいと思います」

 

 

※この企画で取り上げた悩みは、2022年7月28日〜8月10日にWebマガジンOurAgeで募集したものです。

 

【高尾美穂先生ってどんな人?】

・高尾美穂
・高尾美穂さん
産婦人科専門医
公式サイトを見る
Instagram Instagram

イーク表参道副院長。産婦人科専門医。さらにスポーツドクター、ヨガ指導者でもあります。産婦人科医になったのは「一人の女性の体を、初潮を迎えたとき、生理痛やPMSで悩んだとき、恋愛をして性交渉のことで悩んだとき、妊娠・出産のとき、更年期、閉経後と、人生を通して長く診ることができるから」だそう。診療のかたわら、NHK「あさイチ」への出演をはじめ、多数のメディアやSNSで情報を発信。音声配信アプリstand.fmの番組「高尾美穂からのリアルボイス」ではリスナーの多様な悩みに回答しています。著書に『大丈夫だよ 女性ホルモンと人生のお話111』(講談社)など。脳外科医の夫あり

 

 

撮影/高尾美穂<アイキャッチ背景写真> 取材・原文/和田美穂

 

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

「ちょいモレ」はよくあること⁈ 更年期世代の「あるある」悩みは賢く乗り切ろう

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第22回/【50歳】生理があと1カ月来なければ閉経。女らしさを失うのが怖いような気持ちです…

次の記事>

次の記事>
第24回/【46歳】人づき合いは疲れます。みんなの輪に入らなくていいならそれもありでしょう…

この連載の最新記事

【46歳】人づき合いは疲れます。みんなの輪に入らなくていいならそれもありでしょうか?/高尾美穂先生の更年期相談室

第24回/【46歳】人づき合いは疲れます。みんなの輪に入らなくていいならそれもありでしょうか?/高尾美穂先生の更年期相談室

【46歳】人に嫌われたくなくて自分の意見が言えず、本当に仲のいい人がいません/高尾美穂先生の更年期相談室

第23回/【46歳】人に嫌われたくなくて自分の意見が言えず、本当に仲のいい人がいません/高尾美穂先生の更年期相談室

【50歳】生理があと1カ月来なければ閉経。女らしさを失うのが怖いような気持ちです/高尾美穂先生の更年期相談室

第22回/【50歳】生理があと1カ月来なければ閉経。女らしさを失うのが怖いような気持ちです/高尾美穂先生の更年期相談室

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル