HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/consultation/342200/

黒しか似合わない…【40代読者、ファッションのお悩み】

地曳いく子

地曳いく子

non-no、MORE、Oggi、eclatなど雑誌を始めとし、タレントの衣装も担当。イタくない大人のスタイリングを得意とし、テレビ、トークショーなどで活躍、キャリア30年のスタイリスト。大人のおしゃれを考え直す「50歳、おしゃれ元年。」(集英社)をはじめ、「服を買うなら、捨てなさい」(宝島社)、「ババア上等! 余計なルールの捨て方 大人のおしゃれDo!&Don’t 」(集英社)など著書多数

記事一覧を見る

 

お悩み:その63

何を着ても野暮ったくなってしまい、気が付けば全身黒で、身の回りのものも黒ばかりです。ほかの色の服を着るには、どうすればいいでしょうか?(41歳・その他・東京都)

 

地曳さんのお答え

逆に、黒オンリーで毎日のコーディネイトができるのは、天才です!

意外かもしれませんが、黒は一番難しい色なんです。全身黒にするには素材を変えてメリハリをつけたり、同じような素材でもデザイン性があるものにしたりしないと似合いません。
だから、全身黒で毎日過ごせるのは、本当にすごいこと!
風水的には黒はよくないとか、暗い・地味とか言われるけど、黒を着れば痩せて見えるし、フォーマルな場所にも相応しいし、黒が似合うって最高じゃないですか。

 

それでも、ほかの色に挑戦したいと思うのはあなたの気持ちが変わりかけているのもかもしれませんね。
しかし、いきなり全身真っ白にするような、まるでオセロをひっくり返したようなフルモデルチェンジはあまりおすすめしません。
急激な変化に気持ちがついていかず、似合う・似合わないの正常な判断ができなくなるんです。例外として、電撃的な恋に落ちた! とか、映画やドラマの俳優さんの衣装を真似したくなった! など、気持ちが大きく動いたときは別ですが。

 

イラスト/松元まり子

イラスト/松元まり子

 

そういう意味でも小物から徐々に他の色をプラスするのは、おすすめです。
スマホケースとかエコバッグとか小さいものから色を使っていって、徐々に靴やバッグ、ストールなど大きなものにしていく。ちょっとした分量で、ちょっと色を変えるだけでも効果がありますよ。

 

ほかの方法としてですが、黒に近いグレーや紺をコーディネイトに取り入れるのも手です。
冬はコートにジャケット、マフラーも必要ですよね。それら全て黒になると、さすがに重さが気になるのでどれかひとつを濃い目のグレーや紺にする。
なぜ濃い目のグレーや紺なのかというと、いきなり黒から離れた系統の色にすると、今持っている黒い服と合わなくなっちゃうから。だから最初に色をプラスするときは、黒に近い濃い色からにするんです。

 

上下の場合はトップスだけ変えてみる。ただし、ボトムは黒で着痩せ効果を狙いましょう。
今はベージュと黒の組み合わせが素敵ですよね。

 

あとは、髪色を少し明るくすること。それだけで、ベージュなどの薄い色が似合うようになります。ただし、明るい髪色にすると黒々とした眉毛が悪目立ちしちゃうので、自己責任で眉毛ブリーチをしたり、アイブロウペンシルを茶色にしたりするとより完璧です。

 

私も昔は黒ばかりを着ていましたが、今は明るい色のものも着るようになっています。それは、真っ黒ヘアーをやめたから。
私くらいの年齢になれば、白髪染めを使います。私は真っ黒にするとキツいので少し明るくしています。それに、昔と比べて瞳の色も薄くなっています。
若い頃は、黒い髪に黒い目だったから黒い服が似合っていたのですが、今の私には黒い服はキツいんです。

 

繰り返しになりますが、全身黒が似合うのは素敵なことです。
あなたも、いつか全身黒が似合わなくなるときがくるので、今のうち全身黒を楽しむ! という考え方も持っておいてくださいね。

 

ちなみに、脱・全身黒コーデになると気になるのは、食べこぼしのシミです。黒でもシミはつくのですが、色物だとより目立ちます。
食べこぼしに一番効くのは、台所用の食器用洗剤です! ぜひ、試してみてください。

 

ほかにも洋服のお手入れに関しては、『ババア上等! 大人のおしゃれDO! & DON’T』『ババア最高! +60歳からのHAPPYおしゃれ』(ともに集英社文庫)に書きましたので、よかったら読んでみてください。

 

あなたのお悩みを募集中!

お悩み投稿のルール

①メールの宛先:toko@shueisha.co.jp

②メールタイトル:【いく子さんの悩み相談】
※違うタイトルでお送りいただくと、受付できないことがありますのでご注意ください。

③必要事項:年齢・ペンネームのみ(本名は書かないでください)

④文字数の目安:200字程度

お悩み投稿の注意事項

以下の内容をお読みの上、ご了承いただいた上で投稿をお願いいたします。

・投稿いただいた内容は、OurAgeの企画および、集英社の雑誌・書籍等(web・SNSを含む)にて掲載、キュレーションメディア等に転載する場合があります。

・掲載する際には、ペンネームおよび内容を一部改編する場合があります。

・投稿の採用結果につきましては、お知らせいたしません。

・投稿内容等の確認のため、編集部よりご連絡する場合があります。

・投稿いただいた方のメールアドレス・ペンネームは本企画遂行の目的以外には使用いたしません。

 

メールをお待ちしています!

 

・・・・information・・・・

●2023年9月20日(水)発売!

『ババア最高! +60歳からのHAPPYおしゃれ』((集英社)

家の中で赤いリップを塗って何が悪い! 派手色ネイル上等! 命短し着飾れBBA! “第2ステージを楽しまなくちゃ損”と人生謳歌中のスタイリスト・地曳いく子さんと漫画家・槇村さとるさんが、還暦からのHAPPYおしゃれ術を教えます! ファストファッションを取り入れた着こなしや、+60から着たいブランド、秘密の着痩せテクなどを幅広く徹底指南。超効率重視&完璧主義・いく子の家事テク紹介も収録で、お得感満載の一冊。

 

●2023年5月10日(水)発売!

『60歳は人生の衣替え』(集英社)

『60歳は人生の衣替え』(集英社)

「歳なんて単なる数字」と粋がっていた著者さえ、還暦を過ぎれば、朝起きれば節々は痛み、女性ホルモンの枯渇からか気分まで鬱々。さらにはコロナ禍の自粛生活で完全なる運動不足に! では、頑張って年齢に抗う? いえいえ、これから必要なのは、季節の移り替わりを受け入れてその季節を楽しむということ。おしゃれも生き方も“衣替え”して、Over60からの「季節」を楽しみませんか?

 

●本連載が“いきなり文庫!”として書籍化! 絶賛発売中です!!

『ババア上等! 番外編 地曳いく子のお悩み相談室』(集英社文庫)

50代、何を着てもヘン。わけもなく夫にイライラ。ワクワクがない。将来が不安でたまらない――。
中高年女子に押し寄せる“お悩み”の数々。ネットで検索しても、友達に相談しても答えが見つからない。
でも大丈夫! おしゃれ、仕事、人生など、全国から寄せられたあらゆる問題をスタイリストが解決&爆笑に変える。
「悩めるBBAの駆け込み寺!? テンション爆上がりスポット」も紹介。コスパ最強の1冊!

 


この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

やや無骨な名前とは裏腹に、上品で優しい芋焼酎! 原日出子さんの簡単おつまみもご紹介中です

PR
<前の記事

<前の記事
第50回/更年期のイライラを、人にぶつけてしまいそう【40代読者のお悩み】

次の記事>

次の記事>
第52回/仕事中のおしゃべりがやめらない!【50代読者のお悩み】

この連載の最新記事

自分だけ嫌な仕事ばかり押し付けられる【40代読者のお悩み】

第54回/自分だけ嫌な仕事ばかり押し付けられる【40代読者のお悩み】

洋なし体型の私。何を着ても腰回りが…【40代読者のお悩み】

第53回/洋なし体型の私。何を着ても腰回りが…【40代読者のお悩み】

仕事中のおしゃべりがやめらない!【50代読者のお悩み】

第52回/仕事中のおしゃべりがやめらない!【50代読者のお悩み】

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル