HAPPY PLUS
https://ourage.jp/life/weekly-encouragement/310157/

親に元気で長生きしてほしかったら、散らばった豆を拾ってあげるんじゃなくて、むしろ豆をまいて拾わせろ

一条ゆかり

一条ゆかり

いちじょう・ゆかり 漫画家。「デザイナー」「有閑倶楽部」「プライド」など、OurAge世代なら誰もが夢中になったヒット作多数。大酒豪、愛煙家など破天荒な伝説数多くあれど、現在は家庭菜園でトマトを育てるなど、いたって健康的な日々。この連載ではOurAge世代への”愛とムチの金言”を、ビシビシといただいていきます!

記事一覧を見る

読者の中には、年老いた親の介護をしている人が結構いると思います。

 

本当に本当に大変よね。お金もかかるし、時間もかかる。しかもいくら面倒をみてもあまり良くならないばかりか、だんだん子供みたいになってきて、どんどん要求が増えていくんだよねぇ。今まで当たり前のようにできていたことができなくなって、風呂やトイレも自由にひとりでできなくなれば、悔しいやら情けないわで、そりゃあ親の方もつらいよね。

 

介護する方もされる方もつらい!この問題を解決するには、ハイパー介護ロボット登場しかないのかなあ。 ロボットなら何回も悪いなあとか気にしなくてもいいし、介護保険をちゃんと払っている人には国からレンタルしてほしい!!ほしいよね!
ってことで介護ロボットってどの程度進歩してるのかちょっと調べてみたら…。

 

アカーン!!人間並みの能力がある介護ロボットができる前に、一条は間違いなく死ぬな。介護アシストロボットはできても、完全型介護ロボットはちょっと無理!

 

万一できたとしても地獄のような値段だろうし、それよりも、元気で長生き、介護知らずの体を目指す方が、よっぽど金もかからず現実的だわ。

 

そのためにはズバリ!!親を甘やかさないことよ!

 

人間はちょっと楽ができると思ったら、どこまでも楽を追求する生物です。親とて例外ではありません。友だちの話を聞いて驚いたんだけど「それ、やりすぎなんじゃない?」って思ったことが。

 

食事中、親がお茶を飲みたそうにしていたから、土瓶から湯飲み茶碗にお茶を入れてあげてたんだって。よく気がつく娘よね。親としても居心地いいはず。

 

大した手間じゃないし、お茶ぐらいいつでも入れてあげようという気持ちは美しいけど、けどね、それが当たり前になって、親が自分でお茶を入れなくなったのよ。

 

そしたらよ、たかがそんなことで腕の筋力が弱って、土瓶が持ち上げられなくなったんだって!!冗談みたいな話だけど、老人の筋力低下スピードはそこまで早いってことよ。それで友だちは恐ろしくなって、親にお茶を入れてあげるのをやめたって言ってたわ。で、どうなったかと言うと、ギリギリセーフだったらしく再び土瓶を持ち上げられるようになったんだって。良かった良かった。

 

つまりね、こっちが良かれと思ってやっていることが、じつは親をダメにしてるってことがあるのよ。親はまだそこそこ元気なのに、ちょっと危なっかしくても自分のことは自分でできるのに、「親孝行な娘でいたい」「いい嫁だと思われたい」とかいう気持ちが強すぎて、本人ができることまで世話を焼くんだよねえ。

 

だから何でもかんでもやってあげればいいんじゃなくて、できることは、本人がやるべきだし、できたら親にも何か仕事を与えたほうがいいと思う。郵便受けから新聞を持ってくるのを任せるとか、トイレットペーパーの交換をやってもらうとか、山のようにある家事の何かを分担してもらえるといいよね。

 

あと会話はとっても大切。また同じ話かよと思っても、嫌がらないでたくさん話をした方がボケ防止にもなるはずです。

 

ということで、親にいつまでも元気でいてほしかったら、散らばった豆を拾ってあげるんじゃなくて、むしろ「豆をまいて拾わせろ」と思う一条でした(笑)。

 

 

有閑倶楽部」集英社文庫<コミック版>

 

取材・文/佐藤裕美

 

この連載が1冊の本になって発売されました!おかげさまで大好評、たちまち重版に!!

 

「不倫、それは峠の茶屋に似ている

たるんだ心に一喝‼ 一条ゆかりの金言集」(1,760円・税込)

 

 

詳しくはこちらへどうぞ!

 

 

MyAge

大人のからだバイブル vol.1 「更年期と閉経、私の場合。」

OurAgeの人気記事が1テーマムックに!
何度も読み返せる保存版OurAgeです。

MyAge
試し読み Amazon Kobo 7net

この特集も読まれています!

子宮筋腫特集~症状から治療まで
フェムゾーンの悩み解決
ツボ・指圧で不調を改善
40代からでも「絶対痩せる」
広瀬あつこさんの「若返りメイク」
閉経の不安を解消

今すぐチェック!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

汗ばむ頭皮とうねる髪。不快な夏の必需品、シートタイプのドライシャンプーで1日中快適!

supported by 花王
<前の記事

<前の記事
第157回/何をするにも時がある。「冬の時代」こそ、明日のために蓄えよ!!

次の記事>

次の記事>
第159回/大人のセクシーは、きちんと感と危うさのバランスが大事

この連載の最新記事

年月がたったら情熱は、たいてい別方向を向いているか、フェイドアウトしている。だから、やりたいことがやれるのは今!!

第203回/年月がたったら情熱は、たいてい別方向を向いているか、フェイドアウトしている。だから、やりたいことがやれるのは今!!

気力体力つけて脱コミュ障!めざせピンコロ!!

第202回/気力体力つけて脱コミュ障!めざせピンコロ!!

人間以外、派手で美しいのはたいていオス。ってことは「美容男子」は自然の摂理!?

第201回/人間以外、派手で美しいのはたいていオス。ってことは「美容男子」は自然の摂理!?

この連載をもっと見る

今日の人気記事ランキング

今すぐチェック!

OurAgeスペシャル